お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「先負」とはどんな日? 読み方や言葉の意味、避けるべきこと

三上ナナエ(マナー講師)

先負の日の午前中に行うのは避けるべきこと

先負の日でも、「午前中は良くないが午後(12時以降)なら良し」とされることがあります。

ここでは「午前中に行うのは避けるべき」という行事などを紹介します。

入籍・結婚式

入籍の場合、先負の日であっても午後に婚姻届を出せば縁起が悪いということはありません。「大安」よりも役所の窓口が込み合わないというメリットもあります。

また結婚式の場合、お祝い事で縁起が良いとされているのは「大安」「友引」、そして「先勝」の午前中です。

そのため、それらの日は式場が混み合っていることが多く予約が取れないこともあるでしょう。

「先負」でも身内のみの式で親族がこだわらないということであれば気にしなくて良いでしょうが、さまざまな方がいらっしゃる披露宴などは考えもそれぞれなので、「先負」に行う場合は午後からの時間を選ぶとより無難かもしれません。

「先負」は、「仏滅」や「赤口」と比べると、それほどお祝いに向いていない日というわけではありません。

神社へのお参り

六曜は神道の教えと関係はないものですので、「先負」に神社へのお参りは行っても問題
ありません。

ただ、合格祈願などは縁起を担ぎたいと考える場合は午後、そして神社のお参りは早い時間が良いとされているため、日が暮れない早めの時間にしましょう。

納車

先負の日に特別な買い物をすることなどは問題ありませんが、納車など安全に関わるものであれば、少しでも縁起を担ぐ意味で午後の時間帯に行うのも良いでしょう。

ちなみに「赤口」は、「赤」が血を連想させることから納車日としては避けられています。

契約

契約については、今後の仕事やプライベートに大きな影響を与える可能性があるものであれば、できるだけ良い日取りで行いたいものです。

先負の午後であれば問題ないといわれています。

宝くじの購入・お財布に関すること

縁起物、勝負事に当たり、運気=金運につなげて考える方も多いことから、お金に関するものを買う日としてはあまり好ましくはないでしょう。

宝くじや新しい財布を買うのであれば、午後にしておくのが良いでしょう。

次ページ:先負の日に行っても問題ないこと

SHARE