お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好奇心旺盛な人の性格や特徴。好奇心があると得する5つの理由

桑野量(心理カウンセラー)

好奇心を持つための4つの方法

好奇心が無い人でも、何かに興味を持てるようになるのでしょうか? そのためには、何をすればいいのでしょうか?

心理カウンセラーの視点から、好奇心を持つために試してほしいことをお伝えします。

(1)とりあえず何かやってみる

興味が無くても新しいことに触れる機会を増やしてみてください。長く続ける必要はありません。新しいことに興味を持ってやってみる経験そのものが、好奇心を育ててくれます。

(2)疑問を持つ癖を付ける

自分なりの疑問を持つ癖を付けていきましょう。答えは手軽にスマホなどで調べるだけでもいいのです。自分の知的欲求が満たされる経験を体験することで、あなたの好奇心の幅を広げていくことができるのです。

(3)会話のネタにする

新しいことに少しでも興味を持ったら、そのことを会話のネタにしてみましょう。あなたにとってはささいなことかもしれませんが、相手には興味深い話かもしれません。

その相手の反応やリアクションから、次第にあなたの好奇心もくすぐられていきます。もっと教えたいという欲求が出てきて、それがまた好奇心につながっていくことも。

(4)心の余裕を作る

興味を持ったことに時間やエネルギーを注げる余裕を先に作っておきましょう。余裕があれば行動力も生まれますからね。遊びの予定や仕事にも、常に余裕を持っておくことを心掛けてみてください。

好奇心とは可能性である

好奇心とはあなたの人生を大きく広げてくれる可能性です。

今の人生に閉塞感や倦怠感があるのなら、新しいことに興味や関心を持ってチャレンジしていく段階なのかもしれません。

人は今いる状況に不満があったとしても、そこから飛び出すことに抵抗や不安を感じてしまうものです。

しかし、好奇心を持つことで、人生の新しい可能性を楽しむことができるかもしれませんよ。

(桑野量)

好奇心旺盛で何でもやってみるタイプ? 診断で「多趣味な人度」をチェックしよう!

【多趣味な人度診断】あなたは趣味が多い人or少ない人?

※画像はイメージです

※この記事は2020年07月24日に公開されたものです

桑野量(心理カウンセラー)

カウンセリングサービス所属、心理カウンセラー

電話、面談(東京・福岡)によるカウンセリング及び心理学ワークショップ講師をしている。「楽にシンプルに自分らしく生きる」をテーマに、現在抱えている問題や不安に対し、その人の魅力や才能が輝き出せるような提案やサポートを行う。恋愛やビジネスなどの問題に対して心理学的なアプローチだけではなく、リラックスした空間を作り出し、笑いあえる温かく優しいカウンセリングが好評である。

この著者の記事一覧 

SHARE