お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

現代のリーダーシップとは? 身に付け方と向上方法

トイアンナ

リーダーシップがある人の特徴

では、リーダーシップがある人って、具体的にどんな振る舞いをしているでしょうか。例を挙げてみます。

(1)逆境で夢を見せる

「もうだめだ、と思ったとき、〇〇さんが『このプロジェクトは絶対に成功する』って言い続けて。その理由もずっと話してくれた。だから〇〇さんを信じてここまで来られた」

といった話が出るとき、この〇〇さんはリーダーシップを発揮しています。

逆境でもメンバーがやる気を失わないよう「絶対にできる」と信じさせることが、リーダーシップです。

(2)人を褒める

リーダーシップは、ジャイアニズムじゃありません。リーダーは人を褒めて伸ばします。

「いつも〇〇さんが仕事を褒めてくれて、自分が強みを発揮できる仕事を任せてくれた。だから成果が出せた」

といった具合に、メンバーが最大限実力を発揮できるように褒め、動かすのがリーダーシップです。

(3)「どうすればできるか」を常に考える

「こんなんじゃ、だめだ」と考えるのは、リーダーの逆です。リーダーシップがある人は、常に「どうすればできるだろう」と考えます。

言葉遊びに見えるかもしれませんが、可能性を探さなければ、打開策も出てきません。

社外で協力が得られなかったとき、急に材料が欠品したとき、上司が反対してきたとき……。リーダーは「どうすればできるだろうか?」と目標の実現へ常に頭を働かせます。

次ページ:今日からできる! リーダーシップを身に付ける方法

SHARE