お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

現代のリーダーシップとは? 身に付け方と向上方法

トイアンナ

今日からできる! リーダーシップを身に付ける方法

では、どうやったらリーダーシップを身に付けることができるのでしょうか。

リーダー経験とは別物だと考える

リーダーシップを身に付けるには、考え方を変えることから。

まずは「〇〇団体でリーダーを務めた」ことをリーダーシップと考えるのをやめましょう。就活生に多い誤解ですが、リーダーを務めることと、リーダーシップには何の関係もありません

平社員でもリーダーシップは発揮できますし、面接ではそれが評価されます。

「その場に足りない役割」を考える

リーダーシップを身に付けたければ「その場に足りない役割」を考えてください。目的をかなえるために、今どんな役割が不足しているのか。それを理解したら、リーダーがその役を補填します。

「今、スケジュール全体を見ている人がいないと思って進行表を作ったよ。これに基づいて全員に締め切りの48時間前と24時間前にメールでリマインドする仕組みを作ってみるね」

「今、実際に手を動かせる人がいないよね。俺がその仕上げはやるから大丈夫。安心して企画に集中してほしいんだ」

「〇〇さんが休み? じゃあ買い出しが足りないよね。私、行ってくるから調達リストだけもらえる?」

こんなふうに、自分の役割を固定せず目標をかなえるため必要な役割を担いましょう。それだけでも、リーダーシップを大きく発揮できます。

リーダーシップを身に付ける目的とは

ここまで、リーダーシップの定義と身に付けるコツを解説しました。

リーダーシップを身に付けるのは、楽な仕事ではありません。「なぜ自分だけここまでやるのか」と自問自答する方もいるでしょう。

リーダーシップはだからこそ、一部の人が持つスキルとして就活や面接で重宝されてきたのです。

キャリアのため、自分のためで構いません。あなたは、その一部を目指しませんか?

(トイアンナ)

※画像はイメージです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

この著者の記事一覧 

SHARE