お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「何かしたい……」と思った時に人生を好転させる方法

ラブホの上野さん

漠然と「何かしたい」と思っている人へ、ラブホの上野さんが「何を・どうすべきなのか」解説してくれます。とにかく今すぐ読んでみてください。

うすうす感づいてはいたのですが、どうやら私を含めて人間という生き物は死ぬほど怠惰な生き物なようで御座います。

ダイエットをしているくせに「毎日体重計に乗る」ということすらできませんし、資格取得を目指しているはずなのに「毎日勉強する」なんてこともできません。

残念ながら人間は “怠惰な生き物”なので御座います。

おそらくこのページをご覧になっている皆様は、少なからず「何か新しいことを始めたい!」とお考えのことと思いますが、その気持ちは気まぐれでしかありません。

何せ、人間は“怠惰な生き物”なので御座います。

ですので「新しいことを始める」なんていう面倒くさいことを、本来であれば考えるはずもありません。

だからこそ、「何か新しいことを始めたい!」という気持ちを大切にしつつ、その気持ちを過信しないでいただきたいのです。

明日の朝起きたら、「何か新しいことを始めたい!」という今の気持ちはきっと失せていることでしょう。明日の自分はやっぱり死ぬほど怠惰な奴なのですから。

だったら、やる気がまだある今のうちに、明日の自分を追い込まなくてはなりません。明日になったらもう遅いのです。

新しいことを始める

私は高校生のころに一度、学校から家まで歩いて帰宅したことが御座います。

ちなみに私の家から高校までは、電車で1時間ほど。夜の10時くらいに学校を出ましたが、家に着いたころには太陽がかなり高く昇っておりました。

結論から言えば、この経験は私に何も良い思い出を残しておりません。

道中でかわいい女の子と出会うこともありませんでしたし、事件現場に遭遇しサスペンス的な展開になることも御座いませんでした。ただただ10時間以上歩いただけ。その時に何を考えていたかなんて、全く覚えておりません。

しかし、一つだけ。本当に一つだけ10時間以上歩いたことで得るものが御座いました。

それが、思い出です。

断言しますが、決して良い思い出では御座いません。靴が擦り切れたこと。筋肉痛で苦しんだこと。そもそも10時間孤独に歩き続けるという人生で何の役にも立たない経験は、つらさしか私に残しておりません。

しかし、いつもと違う新しいことに挑戦したからこそ、この経験は私の中に色濃く残りました。

決して良い思い出ではないものの、高校時代のことを思い出すと楽しい思い出に混じってこの狂気的な思い出が浮かんでくるのです。

新しいことに挑戦をしても、それが良い思い出になるとは限りません。

せっかく怠惰な自分に鞭を打って挑戦したというのに、全く楽しくないなんてことは往々にして御座います。

しかし本当に不幸なことは、つらい思い出ばかりの人生では御座いません。

本当に不幸な人生は、つらい思い出すらない人生なのです。

確かに10時間以上歩くというのは、今にして思えば狂気の沙汰ですし、あれで何かを得たかといえば何も得ておりません。どう考えても「つらい思い出」に分類される思い出でしょう。

ですが、そんなつらい思い出であってもないよりはマシなので御座います。

そこそこ楽しかったはずの高校生活も、今思い返すと具体的なエピソードになるような思い出は決して多くありません。毎日毎日部室でみんなと遊んでいたはずなのですが、「部室で遊んでいた」ということは覚えていても、一日一日の思い出としてはほとんど残っていないのです。

ですが、全く楽しくなかった「10時間歩く」という記憶は、明確に思い出として残りました。

だからこそ29歳になった私は、高校時代の私の狂行に感謝をしております。

「全く楽しくない思い出だけど、思い出を残してくれてありがとう」。

次ページ:明日の自分に期待をするな

SHARE