お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

運がいい人の6つの共通点と運気を上げる10の方法

紅たき(占い師・コラムニスト)

「運がいい人は、とことん運がいいな」としみじみ思うことはないですか? 実は、あなたの運気も簡単に良くできるんです。その方法を、占い師でコラムニストの紅たきさんに詳しく教えてもらいましょう。

こんにちは。占い師・コラムニストの紅たきです。

あなたの周りに「運がいいな~」と思う人はいませんか? 例えば、「彼氏と別れた」と落ち込んでいるかと思ったら、早々とさらにすてきな男性との出会いがあり結婚してしまった人など。

ラッキーな偶然は、なぜ一部の人ばかりに起こるのでしょうか? 実は、その人たちが発している「気」が大きく関係しているのです。「気」とは風水の概念。

今回は、この「気」に着目して、運がいい人の特徴と、どうすれば運が良くなるのかを解説していきたいと思います。

運がいい人に見られる共通点

では、運がいい人には具体的にどのような特徴があるのでしょうか。運が悪い人と比較しながら6つほど紹介していきます。

(1)部屋が良い「気」で満ちている

「気」とは、風水の用語で、その人やその場所が発しているエネルギーの波動のようなものです。

そして、部屋は目には見えないですが住む人の「気」で満ちています。よって、部屋に一歩足を踏み入れると、住む人の「気」が伝わってくるのです。

良い気は、明るくて空気が澄み、ものが片付いている部屋に満ちていて、運がいい人は間違いなく良い気が満ちた部屋に住んでいるのです。

一方、運が悪い人は、無駄なもので溢れていたり、よどんだ空気が充満している悪い気でいっぱいの部屋に住んでいたりするはずです。

(2)執着心がない

運のいい人は、気が軽やかです。こだわりが少なく、柔軟で執着心が薄いです。

例えば、恋人に振られても決して相手を恨んだりしません。気持ちを切り替え、次の恋へ向かおうとするでしょう。

一方、運が悪い人は気が重いです。それは、いろいろな物事への執着が強いからです。恋人に振られたら、いつまでも諦められないかもしれません。

(3)玄関がきれい

玄関は「気」の入り口であり、対外活動の吉凶に関わる場所なので、風水では最も重要な場所の一つとなっています。

運がいい人の家の玄関は、すっきりとしてきれいに片付いています。玄関の状態が良ければ、対外活動は活発になり、良い話が外からどんどん入ってくるでしょう。

逆に運の悪い人の玄関は、余計なものでいっぱいだったり、泥汚れがあり気がよどんでいたりする場合が多いです。

(4)自分はこういう人と決め付けない

「あなたの短所は何?」と聞かれた時、即答できてしまう人は実は運が良くない場合が多いのです。その思い込みが、運を遠ざけることにつながっています。

運がいい人は、自分の能力や限界を決め付けません。「何でもいい」「何でもやってみよう」というような、柔軟さや活発さがあります。良い気に満ち溢れていて、体内のエネルギーが活性化しているからです。

(5)感謝されるように動く

運がいい人は、人の嫌がることでも進んでします。面倒な仕事、手間のかかる仕事などは率先してやるでしょう。その結果、周囲の人たちから感謝され、良い運を引き寄せるのです。

一方、運の悪い人は、嫌なことから逃げてばかりいます。

(6)部屋に生花を飾っている

運がいい人は生花が好きな人が多いです。美しい生花を部屋に飾ることで、心が満たされて、良い気を身にまとうことができます。

一方、運の悪い人は、生花を飾ってもすぐ枯らせてしまったりすることが多いでしょう。そもそも、面倒くさいから生花など飾ろうとはしないかもしれません。

次ページ:運を引き寄せる方法

お役立ち情報[PR]