お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合う前の2回目のデート! 気になる男性心理とは

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

脈アリ? 2回目のデートに誘う男性心理とは

2回目のデートが「脈アリ気味」という話はしました。

では、その次に気になるのは「どれくらい脈アリか?」ですよね。

ここでは、付き合う前の、2回目のデートに誘う男性の心理を解説します。

予定が空いていた【脈アリ度★☆☆☆☆】

やや消極的な理由です。

特に悪いところもなく、とりあえず暇だから誘うわけです。悪く言えば「暇つぶし相手」という感じです。とはいえ誘われたことは大いに好材料です。デートにさえこぎつければこちらのもの。

実際に顔を見ながら、相手の恋愛観や人生観を聞きだして、理解をしめして、彼の心の底に訴えかけましょう。

もう一度デートしてジャッジしたい【脈アリ度★★☆☆☆】

相手も判断つきかねている状態です。

もちろん誘われているからには、ある程度、脈アリです。優柔不断や、慎重、人を好きになるのに時間がかかるタイプの男性に多いです。

じっくりことを運びましょう。といっても難しく考える必要はありません。貴女が楽しんでいる姿を見せるのが一番です。

一緒にいて楽しかった【脈アリ度★★★☆☆】

シンプルな心理です。

ただただ1回目のデートが楽しかった。

私たちは楽しいことが大好きです──当たり前の話ですよね。だから次も味わいたくなったというわけです。

順調に上手くいっているパターンです。「前行ったところも楽しかったよね」といった話をなげて、相手もそう感じているかを測りたいところです。即座に乗っかってくるなら脈アリでしょう。

2回目のデートも同じように楽しんでください。

付き合うことに前向き【脈アリ度★★★★☆】

かなり良い感じです。彼のなかで心も決まっています。

2回目以降のデートは、その確認作業でしょう。会話中、むこうからグイグイ質問がくるかどうかが見分け方になります。付き合うことを考えているなら、彼の頭の中に、あれこれ聞きたいことも生まれているはずですから。

よほどのミスをしなければ付き合うところまで進めます。

とにかく会いたい【脈アリ度★★★★★】

彼にも理由はわからないのかもしれません。

恋愛は理性ではありませんから。とにかく会いたくてたまらないわけです。1回目のデートを終えた時点で、はやく次の予定を立てたくてたまらなかった。なんなら告白したいくらい──もちろん貴女に告白されたら即座にOK──という感じです。

今この瞬間も、頭のなかで貴女のことを考えているレベルでしょう。仕事も手につかないでいるのかもしれません。

最高ランクの脈アリパターンです。

次ページ:脈ナシ? 2回目のデートに誘わない男性心理とは

SHARE