お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的に良い引越しの仕方 #李家幽竹の風水ハック

#李家幽竹の風水ハック

李家幽竹

引越しに「良い時期」「悪い時期」

引越しは、どんな時期にするかも重要です。

風水的に良い引越しの時期と悪い引越しの時期とはいつなのでしょう。さらに日程の決め方についても教えてもらいました。

引越しに良い時期と悪い時期

人は土地の気に引っ張られる習性があり、自分の精神状態がスタンダードなときや良い状態のときに引越しをするほうが、良い土地にめぐり合えるそうです。

逆に、自分の状況や運気が悪いときに引越しをすると、似たようなことを起こす悪い土地に引っ張られてしまうとか。

自分の運に自信がないときは、すぐに引っ越さないほうが無難なよう。少しの間だけ実家へ帰ったり、一時的にマンスリーマンションやシェアハウスを借りたりするなど、さまざまな方法で回避してみましょう。

引越しの日程の決め方

運の良い引越しをするために、もっとも大事なのが日取りだそうです。

種まきの時期を間違えると育たないのと同じで、せっかく良い方角の完璧な物件に決まっても、引っ越す日が良くなければ、そのパワーが十分に発揮できなくなってしまうとか。

日家八門法とは

風水では、日取りの選定に「日家八門法」を用いるそうです。日家八門法は、軍学としてかつて戦でも使われたほど、古い歴史を持つ選日法。主に「始まりの日」を決めるために使われ、現在でも引越しをはじめ、結婚や地鎮祭、改修や棟上げといった空間を使う始まりごとに使用されています。

八門には「開門」「驚門」「生門」「景門」「休門」「傷門」「杜門」「死門」があります。そのうち、「開門」「生門」「休門」が三吉門とされ、この三門が回っている日は良い運気を掴めるそうです。

この三吉門の方位に新居の座山(※)が入る日に引越しするのが望ましいと考えられています。中でも「開門」にあたる日が最も良い日だそうです。

※家の性質を表すもの。玄関と反対側にある壁の中心部が、家の中心部から見てどの方位にあたるかで調べられます。

年によって変わるため、2020年の日家八門表については、『李家幽竹の幸せ風水 2020年版』(世界文化社)にくわしく書かれているので、ぜひ参考にしてみてください。

次ページ:引越しのときにやるべきこと

SHARE