お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】葬式の夢の意味は? 泣く、生き返るなどシーン別暗示26選

かたやま伸枝

葬式の夢は、今までの自分への別れを象徴するといわれています。葬式に行く、準備をする、知らない人や家族、自分の葬式……さまざまな状況での葬式の夢の暗示を、占い師のかたやま伸枝さんに解説してもらいました。

葬式は人生の最期を対外的に示す、悲しくも厳かなセレモニーです。

葬式の夢は衝撃も大きく、目が覚めた後もドキドキすることが多いでしょう。そんな葬式の夢はあなたに何を告げるのか。

スピリチュアルな側面から、夢の意味を紐解いていきます。

目次

葬式の夢が象徴するのは「今までの自分への別れ」

夢の中の葬式は、あなたが成長するために、もう必要のない役割や古い考えを消すことを意味します。

死に関する夢は、「成長するために、古い自分を捨て新たな自分へと再生すること」を表していますが、中でも葬式の夢というのは、この再生が派手に大きく行われることを示しています。

葬式の夢は、いわば自分自身のバージョンアップのため、過去の自分に別れを告げることを示しています。この夢を見ると、場合によっては、人生の転機と呼べるようなインパクトのある事件が起こる可能性もあります。

今まで当たり前だと感じていた自分の性質とお別れするのは、心もとなく、自分でなくなるような不安と寂しさを感じるかもしれません。

しかし、葬式の夢は吉夢です。しっかりと心の準備をして、変化を恐れず成長を目指しましょう。

次ページ:葬式のシーン別の夢の意味は?

SHARE