お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

コラム 出会い

「オトナの男」の落とし方 #オンナの敵が教えるオトコの本音

朧(ロマンチックプランナー)

女の敵のような数々の暴言で知られるロマンチックプランナーの朧さんが、男女間の綺麗ごとに斬り込み、オトコ側のエグい本音を大暴露。夢見がちなアラサー女性のための連載「オンナの敵が教えるオトコの本音」、クレーム覚悟で、連載第4回です。

まともなおじさん(大人の男)の落とし方

冒頭では「35歳から40歳のおじさんを落とすのはバカな大学生が単位を落とすよりも易しい」と申し上げました。しかしこれは四捨五入して20歳になる女性の場合に限るので、一旦忘れてください。ワゴンセール直前のアラサー女性にはべつの戦略が必要になるのです。

というのも、35歳から40歳のおじさんは毛量とともに恋愛への期待がほとんど消失しており、相手が若い美人でもなければ、そう簡単に恋愛モードにはならないからです。結果、正式にお付き合いする合意には至っても、なんとなく曖昧な関係に陥りがちです。

では、どうすればいいのか──?

逆説的なようですが、「大人の男」を落とすためには、最初から恋愛関係を目指す(=落とす)ことは諦め、ひとりの人間として尊敬を向けられるところから目指すしかありません。

もう、お分かりではないでしょうか。

さきほどあげた大人の男を見抜くための6つのポイントは、アラサー女性側にとっての「大人の男の落とし方」でもあるのです。

なんというか、自分の例を省みても、男はいつまでたっても子どものままです。であれば、やっと大人になりかけたまともなおじさん(大人の男)を落とすためには、アラサー女性側は男性よりも5年から10年は早く「大人」になるしかありません。

ありきたりな結論で恐縮ですが、大人の男を落とすためには、女性側も大人になること。
これが今回の結論です。

(ロマンチックプランナー 朧)

>マイナビウーマン8~9月特集【大人の男】

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]