お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

彼氏の浮気の見破り方と、浮気していたときの対処法 #オンナの敵が教えるオトコの本音

朧(ロマンチックプランナー)

オンナの敵のような数々の暴言で知られるロマンチックプランナーの朧さんが、男女間の綺麗ごとに斬り込み、オトコ側のエグい本音を大暴露。夢見がちなアラサー女性のための連載「オンナの敵が教えるオトコの本音」、まだまだクレーム覚悟で連載第6回です。

マイナビウーマン読者のみなさまこんにちは。

今回のテーマは「浮気の見破り方」なんですが、女性が男性の浮気を見破る方法について、なぜか男性が書く羽目になった難しさを最初に白状させてください。

そもそも「浮気」の定義も人によってバラバラなのが実際のところで、恋愛コラムとしては早くも暗礁に乗り上げつつある残念な書き出しです。

さて困りました。こういうときはまず定義からほじくり返すのが定番の流れなんですが、担当編集のたかはしさんによると、2016年にマイナビウーマンが一般女性を対象に行ったアンケート調査では「手をつなぐ」からが浮気という見解が多いらしく、アラサー女性の意外な潔癖さに腰が抜けかけた直後、少しだけイラッとするものも感じてしまったロマンチックプランナーの朧です。とっくに夏は過ぎ去ったアラサー女性のみなさま、いかがおすごしでしょうか。

手をつないだら浮気ですって?
馬鹿も休み休み言え。

「浮気」の定義の男女差から埋めたい

先ほどの調査によると、手をつなぐところからが浮気という話だったんですが、とりあえず全男性を代表して断言すると、誰かと手をつないだ程度のことを浮気と責められましても、まず99%相手にできません。

相手にしていられないというのが正直なところなんですが、ひとまず男性を謝らせたとしても、内心では「面倒な女だな」という舌打ちが漏れるだけです。これは良い悪いという話ではなく、問題としてピンとこないのです。せめてキス以上の“粘膜的接触”からを男性にとっての「浮気」と捉え直したうえ、対処としてはそこから先の部分を考えましょう。

というよりも、よその女と親しげなLINEをしていた。ふたりで食事をしていた。どこかに行った。手をつないでいたらしい。学生同士の恋愛ならともかく、これらを浮気としてシバキ上げるのは、アラサー女性であればなおさら、女の格を下げるだけです。

もう一度言いますね。男性にとって「浮気をした」と恋人から追及されたときにちゃんと反省できるのは、キス以上の粘膜的接触に限ります。そのうえで、こうした「ガチの浮気」の見破り方を考えましょう。

次ページ:浮気の見破り方(バレ方)

お役立ち情報[PR]