お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

いい男を探し疲れた人へ、いい男を“育てる”発想のススメ #オンナの敵が教えるオトコの本音

朧(ロマンチックプランナー)

女の敵のような数々の暴言で知られるロマンチックプランナーの朧さんが、男女間の綺麗ごとに斬り込み、オトコ側のエグい本音を大暴露。夢見がちなアラサー女性のための連載「オンナの敵が教えるオトコの本音」、まだまだクレーム覚悟で連載第8回です。

マイナビウーマン読者のみなさまこんにちは。

最近『ジョーカー』という映画を観たんですよ。映画史に残る“悪のカリスマ”がどのようにして生まれたのか、ホアキン・フェニックスが熱演した話題作なんですが、映画を観終わって思ったのは、この手の映画が他人事でない感情移入を伴って鑑賞できるようになったいまの世相は、ずいぶん不安や孤独が強い時代になったな、という憂鬱な寂しさでした。

そういえば風も冷たくなってきた最近です。なんというか、世の中にこれほど「いい男を探すノウハウ」が溢れているのも、こうした不安や孤独が強い世相をどこか反映しているのではないか、と思ったロマンチックプランナーの朧です。

ハロウィンとクリスマスの独り身がほぼ確定しつつあるアラサー女性のみなさま、いかがおすごしでしょうか。

ちなみにネットの見解をあれこれ渉猟すると、一年のうちでもっとも恋人ができやすいのは冬前、10月くらいだというデータがあるようです。 ほんとかな。

一体どうすればいまからハロウィンやクリスマスまでにカレピ の調達が間に合うことがあるのだろうか(いや、間に合わない)。 ※反語

さて今回のテーマは、端的に言うと「もういい男を探すのは諦めろババア」という話です。

「貴様、恋愛コラムを標榜しておいて『いい男を諦めろ』とはどういう了見だコラ!」とマイナビウーマン編集部に鬼電かましたくなるお気持ちは分かるんですが、どうかもう少しだけ話を聞いてくださいババア。

実は「いい男」は「探す」ものではなく「育てる」ものなのです。

いい男を“探す”発想の底にあるもの

これは常々不思議だったことなんですが、「好きな男」ではなく「いい男」から探そうとする女性心理はどのあたりにあるのでしょうか。

自分のスペックを差し置いて恋人のスペックから自慢しはじめる典型はTwitterでもよく見かける顕示欲ですが、これは男性側にはあまり見られないやつです。

なんというか、現代の幸福は、他者から追認されて初めて“幸せ”としての実感を得られるような満足になってしまった気がします。

「いい男」と付き合う。相手はイケメンでハイスペだし将来の不安もなさそうだ。話題のスポット()で匂わせ投稿をすれば、フォロワーから「いいね」までもらえる――。

こうした打算から周りに自慢できる「いい男」や将来も安心できる「いい男」を探そうとする態度は、どちらかといえば“消費者的”であり、ここにすべての間違いがあるような気がします。恋愛はインスタ映えでも保険でもないんですから。

ただ、こうしたアラサー女性にありがちな打算的な選好には、いまや没落途上国と化した日本全体の不安を色濃く反映している印象もあり、ことさら責められるべき性質にも思えません。

とはいえ、こうした状況のなか、消費者的に、あるいは条件検索的に「いい男」を探す発想ばかりに目が曇ってしまうと、ほんとうに「いい男」を見落としてしまうのではないか、その危惧を率直に申し上げたのが冒頭の「もういい男を探すのは諦めろババア」という提言でした。

では、「いい男」を「探す」のではなく、「いい男を“育てる”発想」とはどのようなものでしょうか。

次ページ:男の欠点を許容して“育てる”

お役立ち情報[PR]