お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

男性が“最後に選ぶ女性”の3つの特徴 #オンナの敵が教えるオトコの本音

朧(ロマンチックプランナー)

女の敵のような数々の暴言で知られるロマンチックプランナーの朧さんが、男女間の綺麗ごとに斬り込み、オトコ側のエグい本音を大暴露。夢見がちなアラサー女性のための連載「オンナの敵が教えるオトコの本音」、まだまだクレーム覚悟で連載第7回です。

マイナビウーマン読者のみなさまこんにちは。

毎回記事のテーマは編集部から与えられているんですが、今回のテーマは傑作でした。そのまま引用しますね。

「マイナビウーマン編集部内で、朧さんに書いてほしいネタを募集したところ『朧さんみたいなハイスペックでイケてる男性は、どういう女性を選ぶのか知りたい!』という声が上がったのですが、こちらでいかがでしょうか?」

なんというか、意外にも皮肉のキツい編集部でした。何やら読者だけでなく編集部にまで敵を作りつつあるロマンチックプランナーの朧ですが、みなさまいがお過ごしでしょうか。そろそろ秋らしくなってきました。この連載にもそろそろ“飽き”がくるのでしょうか。

最初に断っておくべきでしたが、朧はべつにイケてるわけでもハイスペでもありません。あくまでも読者同様、根拠なき上から目線でジリ貧にあえぐアラサー女性の恋愛についてエラそうな講釈を垂れるものです。

なので、今回は「一般的な男性目線での女性の選び方についてならいくつか持論があるので、それをまとめる感じで論にしますね」という落としどころになっています。

それでは始めますか。今回の記事もまた、ずいぶん長くなりそうです。最後まで読めよババア。

男性が付き合う女性を選ぶ観点

読者のなかに美人のかたはいらっしゃいますでしょうか? そのかたは今回の記事は読まなくて結構ですので、そのままお帰りください。

今回話があるのは、まだ待機席に座り続けているアラサー女性のみなさまです。

実は「男性目線による女性の選び方」という問題設定の時点で、すでに半分以上は答えが出ていることにお気づきでしょうか。

連載の2回目でも書いたんですが、女性が“男性から選ばれる立場にある”ということは、恋愛市場におけるヒエラルキーで女性側が男性側よりも下位にある状態です。

恋愛市場のヒエラルキーを決する要素は多々ありますが、女性の場合「容姿」がまず第一です。この認識をごまかしてはいけません。

どんな男性でもまず、かならず女性の容姿から見てしまうんですが、いわゆる「美人」に属する人 は“選ぶ立場”にあることも多く、「男性が付き合う女性を選ぶ観点」への考察はあまり重要ではないのです。

つまり、「男性が付き合う女性を選ぶ観点」は、それほど美人でもない“ふつうの女の人”が、上位男性に加点してもらうためのポイント、あるいは減点を避けるためのポイントであると理解してください。

次ページ:ポイントその1「省エネ」

お役立ち情報[PR]