お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

占い専門家 生活

【夢占い】雨の夢の意味とは? 雨漏り、雨宿り、洪水など状況別に解説

紅たき(占い師・コラムニスト)

雨の夢を見たことがありますか? 雨は豊かな実り、繁栄、再生の象徴と言われています。この記事では夢占いで紐解く、雨の夢の意味を占い師の紅たきさんが解説。雨漏り、雨宿り、雨雲、雷などシーン別にあなたの深層心理を紐解きました。

夢は私たちが日常では意識できていない深層心理を、シンボリックな形や表現で映し出すといわれています。夢はあなたの本音や本性を表し、自らを振り返る「気づき」を促してくれるのです。それゆえ、古来より夢は占いに発展していきました。見た夢を分析していくことで、これから起こりえることや今の運勢がわかるのです。

今回は、「雨の夢」についてくわしくご紹介していきます。

雨の夢が象徴するのは「豊かな実り、繁栄、再生」

夢占い 雨

雨は豊かな実り、繁栄、そして再生の象徴です。雨の夢は基本的に幸運の訪れを表す吉夢です。悪い運気を洗い流してくれるものでもあります。

しかし、その意味は夢の中の印象や行動、気分によって大きく変わってきます。たとえば、外出や仕事が妨げられて気分をくじかれるような雨は、苦難や試練の象徴です。雨のせいで、思い描いていた計画や目標に邪魔が入ってしまうことを暗示しています。

次ページ:雨の中のできごとで紐解く夢の意味は?

お役立ち情報[PR]