お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【夢占い】火事の夢の意味は? 自宅の火事・焼け跡・逃げるなどシーン別分析

伊藤マーリン(占術家)

不吉な予感のする火事の夢。自宅や実家、近所が火事になったり、爆発に巻き込まれたり。はたまた自分が放火して火事を起こす夢など、占い師の伊藤マーリンさんがシーン別に意味を解説します。

私たちが見る夢は心の奥底にひそむ希望や不安、恐れなどを反映しています。

今回は「火事の夢」をテーマに、夢の意味を紐解きます。

なんだか不吉なイメージのある火事の夢。実際はどんな意味があるのでしょうか? 夢の暗示をさっそくチェックしていきましょう。

目次

夢の中の火事は「過去を燃やす」ことを象徴

火事の夢は「古いもの、過去のものを燃やして失くすこと」を意味しています。

そして、夢を見た人が現在どのような状況にあるかによって、良い夢なのか、悪い夢なのか変わるのが特徴。

夢を見た人の状況によって意味が変化

夢を見た人の現状が悲惨なら、火事の夢は逆に吉夢。「喜び、幸運、繁栄」などの予兆となります。

反対に、夢を見た人の現状が好調なら、火事の夢は凶夢になり「悲しみ、不運、損失」などの前触れとなります。

「火事になる場所」は何を暗示している?

また火事で燃える場所によって、夢の意味が変わります。詳細は後述していきますが、大枠の意味としては以下のものをあなたが求めている暗示かもしれません。

・自宅:人気上昇と成功
・学校:抑圧からの解放
・会社:ストレス発散
・マンション:人間関係の変化
・工場:義務感からの解放

火事の夢を頻繁に見る理由は?

火事の夢を頻繁に見る場合は、夢を見た人が現状に不満や不安を抱いている可能性を示唆します。

ショックな出来事が複数重なって、強いストレスがたまっている場合もあるでしょう。どちらにしても警告夢といえるので、火事の夢を頻繁に見る場合は注意が必要です。

現状を分析し、不満や不安、ストレスの原因になることを取り除く努力をしましょう。

次ページ:シーン別「火事の夢」の意味

SHARE