お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム 片思い

男性が「本命女子と女友だちに送るLINE」のちがい #LINE道場

二宮ゆみ

好きな人に送るLINEから、職場の上司に送るLINEまで。毎日使えるLINEテクニックを、元人気ホステス・二宮ゆみさんが解説します!

LINEをするとき、「なんて送ろう?」と悩む女性は多いはず。元人気ホステスで恋愛コラムニストの二宮ゆみさんに、相手の心をつかむLINEの送り方を解説してもらいます。今回は「本命女子と女友だちに送るLINEのちがい」です。

「私、本命女子っぽくない……!? っしゃああぁあああ!!!!」と、思わずグッとこぶしを握り締めたくなるLINEは

【文章+スタンプ】

という共通の構成が多いです。

男性も、やっぱり本命は次につなげたいんです。本命を射止めようと、積極的すぎるトーク、前のめりがすぎる返信、うれしさを表現するための長文LINEなど、つい熱量高めのやりとりをしてしまいます。

それを重く見せないようにポップな印象のスタンプで若干調整したいと思う、健気な男心です。

たとえば「昨日はありがとー! ごちそうさまでした♡」というLINEがきたら、本命女子にはきっと「こちらこそありがとー! また行こうね!」+スタンプを送ります。

逆に、友だちはどうでもいいので、彼の素のやりとりが出ます。

文章だけ。文章どころか単語、YESorNOのみ。単語はおろか、スタンプだけ。など。

先ほどの例を挙げると、友だち女子には「いえいえ! またそのうち」など真っ黒い文字だけの返信か、スタンプひとつという流れになると思います。

どうしても本命かどうか気になるようでしたら、彼に男友だちとのLINEを見せてもらいましょう。それが一番わかりやすいです。

そのやりとりと自分とのやりとりがほぼ一緒だったら……。彼にとって、あなたは「本命」ではなく「友だち」なのです。

(二宮ゆみ)

お役立ち情報[PR]