お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

年下男性の「好意のサイン」10個。勘違いしてはいけない言動とは?

タイガモンスター

年下男性が見せる「好意のサイン」について、10個の行動を解説。好意と勘違いしやすい態度と一緒にチェックして、本当の気持ちを見極めて。

はい、どうもこんにちは。現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

最近僕、年上ウケがいいみたいなんですよね。

その証拠に、この前おばあちゃんから「フェロモンが見えるわあ」って言われました。うれしくって一気にストライクゾーンが50歳くらい広がりかけました。生きてる女は大体恋愛対象卍。

そんな今回は「年下男性の好意のサイン」について、僕なりの考えを述べさせていただこうと思います。

「年下男性⇒年上女性」へのアプローチってしづらい?

男性の多くは同い年や年下女性との恋愛経験が多く、年上女性へのアプローチの仕方がうまくつかめていないケースが多いことはたしかです。

そのため「年下男性⇒年上女性」へのアプローチは、正直“簡単ではない”というのが結論です。

年下男性の好意がわかる「10のサイン」とは?

では、貴重な「年下男性の好意のサイン」はどう見極めればいいのでしょうか。

(1)頻繁に仕事の質問をしてくる

2人の関係が先輩後輩でしかないとき、年下男性が年上女性に話しかける口実としては、やはり「質問」が無難。

仕事中、あなたの得意分野や知見が深いことに関する質問などを頻繁にしてくる場合は、好意を抱かれているかもしれません。

(2)得意分野を自慢してくる

たとえば「車の運転が得意なんですよね」など、逆に自分の得意分野やできることなどをアピールしてくるのも好意の表れです。

後輩という立場を利用し、物知りだったり、頼りになったりする一面があるというギャップを見せることで気を引こうとしているのかもしれません。

ちなみに僕の特技はデスボイスを出すことです。やっぱり男子たるもの「デスボくらいできなきゃね~」というお姉さんはぜひちやほやしてください。

(3)将来有望であることのアピールをする

年上女性を狙うということは、おのずと年上男性と比較されるということです。

年上男性と相対的に比較して生まれる経済的・将来的な不安を解消すべく、「自分は将来こうなる予定です!」と将来への安心感をそれとなくアピールしてきたら、それは好意の証かも!

(4)「年下と付き合ったことありますか?」という質問

これはもはや恋愛の駆け引きにおけるジャブですね。

ここで年下男性が求めているのは、「実際に年下男性と付き合ったことがあるのか」という事実ももちろんですが、年下が恋愛対象である旨の回答をしてくれるかという点。

彼らは「年下も恋愛対象だよ」という意味に寄せた回答を期待しています。

(5)「かっこいいですよね」という褒め言葉

「年下女性の褒め言葉は『かわいい』。年上女性の褒め言葉は『かっこいい』。これさえ押さえておけば世の中やっていける。ちょろい」

と、ナポレオンが発見したロゼッタストーンに記述されているとかいないとか。ないです。

異性に恋愛対象としてみてもらうためには、やはり相手を褒めることが基本ですよね。

もし「〇〇さんって仕事がてきぱきできて、さらにいつも綺麗でかっこいいですよね!」みたいに褒められたら、それはあなたに振り向いてもらいたい気持ちの表れかも。

(6)年下や同年代女子は飽きたアピール

年上女性にアプローチする上で、「でも年下の女の子がいいんでしょ?」と思われてしまってはNG。なので、「年下や同年代女子と付き合うのは疲れた・飽きた」アピールをしてくるかもしれません。

「うるせえ何が飽きただよ、てめえが飽きられてんだよ!」などと言わずにかわいいと思ってあげてください。

(7)自然にタメ口を入れてくる

これ僕もよく使う手なんですけど、いじられたとき、ツッコミ風にタメ語を挟むというのも仲よくなりたい合図です。

「いや絶対思ってないでしょ(笑)」みたいな。

先輩後輩という縦のつながりのままだと、どうしてもプライベートな話をしづらいもの。まずは気軽に話せる関係を築くために、それとなくタメ語を混ぜるんですよね。

突然の年下男性からのタメ語に戸惑う方もいると思いますが、あなたのことを「なめてる」わけではなく「尊敬し、好意を持っている」からこその行動だと受け入れてあげてください。

(8)「〇〇さんとご飯行ったら楽しそう」と漏らす

もう普通に好意のサインっていうか好意直撃ですけどね。

これで相手の好意に気づけない人は多分通り魔にナイフで刺されても気づかないので自分を一度見直したほうがいいです。

デートしたときのイメージをわかせることで「楽しそうかも?」と相手に思わせる作戦ですね。

ほかにも「〇〇さんのオススメのお店行ってみたい!」など、プライベートで会いたいことを匂わせる言動に対して、「え、デートのお誘い?(笑)」みたいにいじって返してくれる年上女性は最高です。

(9)いじってくる

これはやや難易度が高いのでやるかどうかは男性によると思いますが、コミュ力が高い系の男性だとかましてくる可能性があります。

年上女性に対していじるのってなかなか難しくて、一歩間違えると「バカにしてる」って思われてしまうかもしれないじゃないですか。なので尊敬の念を見せながら、相手を傷つけないいじり方をすることで距離感を詰める方法をとります。

たとえば「先輩普段めちゃテキパキしててかっこいいのに、ランチタイムのとき隙ありすぎて背負い投げできそうですね」みたいな。

(10)お土産やホワイトデーなどで特別扱い

何もないタイミングで、付き合ってもない人にプレゼントを渡すのってなかなか勇気がいりますよね。

でも旅行に行ったときやホワイトデーなどのイベント時にプレゼントを渡すなら、ごく自然じゃないですか。

ほかの人にはお菓子だけだけど、あなたにだけプラスαの物を用意していたら……。それはもうラヴってやつですよ。俗にいうラヴいってやつですよ。

次ページ:好意と勘違いしてはいけない「年下男性の行動」は?

お役立ち情報[PR]