お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

付き合って1年の男性心理とは? 結婚に向けて心掛けたいこと

ひろん

20代後半にもなれば、同級生たちの結婚ブームが到来します。結婚式に招かれ、ハッピーオーラ全開の友人を見れば、「私ももうそろそろ……」と意識する女性も多いはず。

そこに付き合ってもうすぐ1年の彼氏がいれば、「彼との結婚は? あり? なし?」と悶々と考えてしまうものではないでしょうか。

果たして付き合って1年の男性との結婚はどうなのでしょう?

今回は「付き合って1年」のカップルの結婚について考えてみたいと思います。

「付き合って1年」ってどんな時期?

付き合って3カ月程度が「恋は盲目」期間ならば、1年ほど経つと少し関係が落ち着いてきているカップルが多いです。

お互いのことが少しずつわかってきて、恋愛初期のような情熱はないけど、一緒にいると安心する。だけど、もうちょっと「ときめき」があってもいいような……。お泊りの頻度もちょっと減ってきているし、これでいいのかな? なんてことを考えはじめる人が「付き合って1年」ぐらいのカップルには多いです。

マンネリ、倦怠期のカップル多数

付き合って1年も過ぎれば、クリスマスや誕生日などの年間行事はすべて経験済み。デート先も一巡してしまい、「今週末はお家デートでいっか?」なんて安心しているがゆえの手抜きが見えはじめるのもこのころかもしれません。

お付き合い当初はすべてがあんなに楽しかったのに、「あれれ? こんな関係でいいのかな? 最近、ときめいてないけど、これって愛が冷めたってこと?」なんてことを考えてしまう人も大勢います。

恋愛初期には、どんな賢者をも大バカ者にしてしまうパワーがあります。その大バカ者になっているときの多幸感はもはや麻薬です。

しかし、カンフル剤のような熱情はせいぜい3カ月程度しか続きません。相手に対する熱情が徐々に薄れゆく中で、人は冷静さを取り戻します。すると、相手の嫌なところが目につくようになるんです。

参考記事はこちら▼

マンネリカップルの特徴と、マンネリ化しづらいカップルの特徴を解説します。

参考記事はこちら▼

倦怠期を乗り越える方法をひも解きます。

別れを考えるカップルも出る時期

付き合って1年ほどすると、どうしても相手の嫌なところが目につくようになります。

それはお付き合い当初は恋の熱病に罹って、舞い上がっていたからこそ見えなくなっていたものが、徐々に冷静さを取り戻すことによって、露呈することが多いからです。

また、関係性が落ち着いていて安定しているからこそ、お互いに慢心してワガママになってしまったり、怠慢になってしまうことも。何よりも付き合いたてのように一緒に過ごす時間がエキサイティングではなくなります。

「こんなはずじゃなかった!」と別れを検討するカップルが増えはじめる時期が「付き合って1年」なのかもしれません。

付き合って1年の男性心理とは

上記を基に、付き合って1年がたった彼氏の気持ちをひも解いていきましょう。

(1)結婚を考え始める

それなりに恋愛経験を積んでいる男性は、「誰と付き合っても似たようなものだ(=恋愛初期のときめきは長続きしない)」ということを悟るようになります。そして、1年も一緒にいると、情や愛着も湧いてきます。

だからこそ、恋愛初期の浮ついた恋心ではなく、一緒にいて居心地が良いかどうかや尊敬できるかなど、人間性に着目して、結婚相手を見極めようとするもの。

「結婚にはタイミングが大事」なんてことがよくいわれていますが、お互いに結婚を意識する年齢になっていると、付き合って1年ぐらいで自然と結婚を考えるようにもなります。

そして、結婚を意識している男性は、プロポーズのタイミングを見計らっているものです。

基本的に多くの男性は「負け戦」をしたがりません。彼女にも結婚の意思があって、プロポーズを断られない自信があり、なおかつ自分自身も「そろそろ結婚かな?」と思っているタイミングがうまく重なると、プロポーズをするもの。

付き合って1年記念日はちょどいい区切り。記念日プロポーズなんて素敵な展開があるかもしれません。

(2)同棲を検討し始める

結婚の前に同棲することで、2人の相性を確かめようとする男性もいます。

結婚に向けてのイメージがまだ自分の中で固まっていなかったり、彼女の気持ちが分からずプロポーズをOKしてもらえる自信がなかったりする場合、まずは同棲からと考えるのです。

前述の「負け戦」をしたがらない心理に共通していますね。

(3)一緒にいて落ち着きを感じる

付き合って1年がたつと、彼女は「ドキドキする存在」から「一緒にいて落ち着く存在」になります。これを良いことと捉えるか、悪いことと捉えるかはあなた次第。

元々結婚願望がある男性は、ドキドキする女性よりも落ち着く存在を求めるもの。付き合い始めの熱情が落ち着くのは、決して悪いことではありません。

(4)倦怠期によって気持ちが冷めてくる

「一緒にいて落ち着く存在」が悪い意味に転じると、相手のネガティブな面ばかりが気になるようになります。

その結果、気持ちが冷めてしまうことがあるでしょう。結婚願望がなかったり、まだまだ遊びたいと考えていたりする男性は特に、「一緒にいて落ち着く」=「冷めた」と誤解することがあります。

(5)外への刺激が欲しくなる

付き合って1年の男性は、外への刺激が欲しくなる時期でもあります。彼女と一緒にいると落ち着くけれど、ドキドキするような恋愛がまたしたいと考えてしまうのも男心なのです。

付き合って1年というこの時期を乗り越えられるかで、今後の関係性が大きく変わってくると言えるでしょう。

参考記事はこちら▼

付き合って1年が経つ頃の男性心理を紹介します。

▶次のページでは、付き合って1年の女性が抱く不安や疑問にQ&A形式でお答えしていきます。

次のページを読む

SHARE