お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男心がわからない! 男性の恋愛の本音と脈ありサイン

白戸ミフル(恋愛コラムニスト)

恋愛心理で男心を知る。これは脈あり?

そんなこんなでわかりにくい男心ですが、言葉より態度や行動に気持ちが出やすい男性たちの“脈ありサイン・脈なしサイン”を紹介します。

恋愛心理でみる脈ありサインとは?

先の予定を聞いてくる

これはもう鉄板ですね。“会いたくて会いたくて”仕方ない彼は、アナタの先の予定に合わせて、自分の予定を調整しようと考えているはずです。

デートの終わりに次のデートのアポを取るなど、彼から会う約束を提案してくるのは、非常にわかりやすい脈ありサインです。

質問が多い

男性からのLINEが「?」で終わる質問メッセージが多い場合は、彼がアナタに興味を持っている証拠です。

よく返信が早いと脈ありとも言われたりしますが、単に暇だったり、即レスがポリシーの人もいるので、一概に脈ありだとは言えないと筆者は考えます。

会話の内容を覚えている

これは見逃しがちですが、大変確度の高い脈ありサインです。

何度も会っていなくても、どうでもいいような会話やアナタの口癖・話した個人情報などを覚えていてくれている男性は、まちがいなくアナタに興味津々です。

好きな人のことって何でも覚えちゃいますよね。

体調を心配してくれる

体調を崩したときに、男性の本音・本質がわかると言っても過言ではありません。体調不良でデートをドタキャンしてしまったとき、残念がってくれるけど、本気で心配してくれる人を見極めましょう。

怒るなんてもってのほか、過剰に心配し過ぎて連絡過多になるのも負担にですよね。治し方を調べてくれたり、温かく見守ってくれたりする人はきっとよいパートナーになるはずです。

恋愛心理でみる脈なしサインとは?

レスが劇的に遅い

LINEの“レスが早い”=“脈あり”とは限らないと解説しましたが、“レスが劇的に遅い”場合はほぼ脈なしと思ってまちがいないでしょう。さらにその返信が、ひと言やスタンプのみなど、雑な場合は絶望的です。

“劇的に遅い”の判断基準は難しいところなのですが、筆者の経験上、1日(24時間)返ってこなかったら厳しい場合が多いです。

「忙しい」を強調

働き盛りの20~30代の男性たちはみんな忙しいのは当たり前です。

もちろん極端にハードな職場で働いている場合もあると思うので一概に言えない部分もあるのですが、気になる女性に「忙しい」を連呼する男性は脈なしの可能性が高いです。

忙しくても時間は作るモノですし、忙しいからこそ少しでも顔を見て元気になりたいと考えるのが普通です。

次の約束ができなかったり、 「落ち着いたら連絡する」と言われたりしたら期待はしないほうがいいです。

会話を覚えていない

どうでもいいような会話も覚えていることが、脈ありのサインと紹介しましたが、逆パターンは完全に脈なしです。くだらない話はまだしも、真剣に話した話や打ち明け話を忘れられていたらショックですよね。

過剰なボディタッチ

顔や手に触れるなどの適度なボディタッチは脈ありの可能性が高いのですが、腰まわりを触ってきたり、人前でキスしてきたり、やたらベタベタしてくるような過剰なボディタッチは、性の対象としか見ていない証拠です。

好きな人が近くに来るとドキドキしてテンションが上がりますが、残念ながら脈なしです。

完全にわかり合うことをあきらめてみる

このように、大昔から培われてきた習性も、なかなか理解し合うのが難しいといわれる男性と女性。わかり合えないことに悩み苦しむより、いっそすべてをわかり合うことをあきらめるくらいのほうがうまくいくと筆者は思います。

時に離れたり、距離を置いたりすることによって、お互いの存在の大きさを再認識するのが恋愛のセオリーではないでしょうか。

(白戸ミフル)

※画像はイメージです

※この記事は2019年03月27日に公開されたものです

白戸ミフル(恋愛コラムニスト)

会社員・恋愛コラムニスト・漫画家。20代前半はタレント業、ゲーム・出版・広告とマスコミ系を渡り歩き、現在は化粧品メーカーに勤務。2015年夏に漫画家・ライターデビューし、会社員と2足のわらじで爆進中。夢は世界一周旦那探しの旅!?

著書に乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話』(キノブックス)など。 
Twitter:@takara0722

この著者の記事一覧 

SHARE