お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

見逃さないで。男友達の好きサイン7つ

さかもとみき(恋愛コラムニスト)

注意! 好きサインと勘ちがいしがちな“脈なしサイン”とは

仲よくなると、距離がだんだん近くなる男友達。男慣れしてない人なんかは、その距離感にドキドキしたり、意識してしまったりする人もいるかもしれません。でも、あっちは普通に友達として接してたなんてことになると赤っ恥!

こちらでは、友達として接する“脈なしサイン”を説明します。

好きな人がいるか聞かれた

「好きな人いる?」という言葉だけで期待してはいけません。自分の話につなげるジャブの可能性があります。そこから相手の恋の話になったら、ただ自分の話を聞いてほしいだけで脈なしです。

失恋の話をして甘えてくる

彼女にフラれた、失恋したなど未練たっぷりな話をしてくる場合も脈なし。甘えてきたり、慰めてと言われたりしても、それは寂しさゆえの一過性の言動です。受け入れてしまうと友情関係も壊れます。

毎日LINEが来るが、中身に恋愛感情が感じられない

毎日LINEが来るからといって必ず恋愛感情があるわけではありません。寂しいから、惰性でなんとなく、意外と何も考えてないなんてことも。いったんLINEの返事をやめて相手の出方を待ってみてください。

自分の話ばかりする

承認欲求を満たしてほしいだけです。興味があれば、質問をしてきます。LINEでも、会っても自分の話しかしないなら、ただの「俺の話を聞いてよ」タイプの男性な可能性大です。

いつもおごってくれる

いつもおごってくれるから好きだというわけではありません。おごり癖のある男性は男友達にも同じようにおごっています。

次ページ:男友達にはこうアプローチを【6STEP】

SHARE