お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

男性に喜ばれる誕生日プレゼント10選【付き合ってない彼・男友達編】

タイガモンスター

はい、どうもみなさんこんにちは。

現役慶應生ライターのタイガモンスターです。

今回も恋のキューピッド、タイガモンスターがお姉さまたちの恋ロードを照らすべく、こんなお悩みを解決して差し上げます。

付き合ってない男性に誕生日プレゼントってあり?

結論からいうとありありのモハメドアリです。

誕生日って気になる彼にプレゼントを渡す「最強の口実」なんです。ただおめでたいだけじゃないんですね。どれだけ利用用途あるんすか?! テレビショッピングのキッチン用具かよ。

ただし普段の何気ない日に、付き合ってもない人へプレゼントをするとそれは「重い好意」になりかねません。

なぜなら、恋愛の基本は「ナメられたら終わり」だから。

「この女性は自分に強い好意を抱いてるな」とわかった瞬間、正直冷めます。正直。男ってそう言う生き物なんです。ごめんなさい。

でも誕生日だと不自然さが1ミリもない。

むしろプレゼントの内容次第では「センスのいい、気を使える女性」という見方にガラッと変わります。好意が重く伝わらない上に、「私はあなたをほかの男とはちがうラインで見ています」と言うジャブ機能もついている優れもの。どんだけ?!!

「重くないプレゼント」の線引きは5,000円前後

とはいっても、恋人が誕生日プレゼントに渡す“成分の半分が愛情で構成されているようなネックレスやネクタイ”などをもらっても、重すぎてどうすればいいかわからないのが男性の本音。で、とりあえず大黒屋で鑑定をお願いする形になってしまいます。

あくまで軽い感覚であげるくらいが、彼も気持ちよく受け取れるのです。

したがって、ちょうどいいのは「5,000円前後くらいで買える手ごろなプレゼント」。

それでも職場以外で会わないような相手からもらったら正直怖いので、注意が必要。

普通にLINEをするような仲で、2人で食事に行けるくらいの関係であれば、このような誕生日プレゼントを渡しても重いとは思われないでしょう。

ネックレス、ネクタイ、マフラーは重い

一方でもらって「うわ?! ヘビー級?!(重い)」と感じてしまうプレゼントがあるのも事実。やはり恋人以外からネックレス、ネクタイ、マフラーなどをもらっても素直に喜べない節があります。

もちろんデザインが自分の好みじゃないかもしれないという理由もありますが、僕は「パーソナルスペース」と関係があるのではないかと考えています。

パーソナルスペースとは、他人に近づかれると不快に感じる空間のことです。対人距離ともいわれ、この距離は関係が近ければ近いほど短くなります。

そして人間の中心は心臓。心臓に近い部位であればあるほど他人の存在を不快に感じるようにできているのではないか、というのが僕の持論なのです。そのため、心を許している恋人にもらったネックレスは抵抗なくつけられるものの、親しくない人からもらったマフラーはつけづらく、重いと感じてしまう気がしています。

また、手作りのお菓子など、作る過程の苦労が想像できるものも重く感じてしまうので避けたほうがいいでしょう。

付き合ってない彼・男友達に喜ばれる「プレゼント」10選

偉そうなことばかり言って! じゃあ結局何をあげればいいのよ! と憤るお姉さま。カルシウムを取ってください。

恋人未満の相手に渡すプレゼントの鉄板は「自分では買わないけどもらったら嬉しいもの」。

今回は僕が考える、「付き合ってない彼・男友達に喜ばれるプレゼント」10選を紹介していきたいと思います。

(1)ブランド物の靴下

先ほどのパーソナルスペース理論を逆算した結果、ベストだと考えられるプレゼントです。

靴下は身につける衣類の中でもっとも心臓から遠く、消耗品であるため何足あっても困らない上、自分で買う際にあまりお金をかけることのない部分です。

ブランド物とはいっても靴下。5,000円もあればそこそこの代物が買えるのでオススメです。

(2)ブランド物のハンカチ

靴下と同じく、普段使いで身につける物ながら重くならないプレゼントです。

こちらも気兼ねなく使える上、多くの人が身だしなみとして持っているため何枚あっても嬉しいプレゼント界の優等生。

渡すものに迷ったら「とりあえず生!」的なノリで「とりあえずハンカチ!」を渡しておけばはずすことはないでしょう。

(3)豪華なお菓子

デパ地下で売ってるアレです。1個500円するチョコレートやタルトなど。

自分じゃ絶対買わないですからね。下手したら普段の食費より高いし。でも、もらったら素直に嬉しい。家でワインなどと一緒にプチ豪華な晩酌を開催させていただきます。

お菓子は形として残るものではないので、絶対に重いと思われることもなくセンスで戦えます。彼が好きなお菓子の種類などを事前にリサーチしておきましょう。

(4)高級ワイン

ワインはビールや日本酒に比べ、非日常感を味わうことができるお酒です。

また、自分で買うことがあるとしても高くて3,000円ほどのものが多いと思います。

そこでもし5,000円ほどのワインをプレゼントしたとしたら、彼は「Wooooow!! これは本当かいキャサリン!」とアメリカ人顔負けの反応をしてくれるでしょう。お酒好きな彼ならなおさらです。

ただし、こちらも好き嫌いがあるので事前に相手が好きなお酒の種類を知っておくといいでしょう。

赤ワインが好きなのか白ワインが好きなのか、甘口なのか辛口なのか。もし相手がウイスキー好きなら高級ウイスキーを、そういった柔軟性が求められています。

(5)SPA&エステチケット

最近はメンズ用エステなども増えてきており、男性でもエステに行く人が多くなりました。

そうはいっても何かきっかけがないと最初の一歩を踏み出しづらいのも事実。普段仕事で疲れている彼を心身ともに癒してくれるため、少し豪華な誕生日プレゼントとして最適なのではないでしょうか。

(6)メンズ用洗顔料

薬局などで販売されている低価格帯の洗顔料は女性向けのものが多く、男性の肌質に対応しているものはあまりありません。あっても爽快感を追求していて、保湿力が足りないなど問題点が多いのも現実。

そこで、メンズ専用の高級洗顔料をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

男性も美容グッズに手を出すのはなかなか勇気がいるのですが、良さに気づけばハマること間違いなし。彼を肌男にするお手伝いをしてあげましょう。

(7)メンズ用化粧水・乳液

今や男性も肌ケアをするのが当たり前になってきている時代。洗顔料もいいですが、そのさらに先の化粧水や乳液もオススメです。

ヒゲ剃りによる肌荒れなどから守ってくれる、この必須アイテム。みなさんご存知のとおりメンズ用も存在します。

僕もさまざまな化粧水を使ってきましたが、やはり女性用と男性用だと肌の整い方が全然ちがいます。ただし、まだまだ需要が少ないため商品の単価が高いのも事実。

美意識の高い男性であれば、喜んでくれること間違いなしだと思います。

(8)シューケアセット

社会人男性なら誰もが履く革靴。おしゃれは足元からといいますし、彼の足元の清潔感をサポートする道具をプレゼントするのもありだと思います。

革靴を履く機会の少ない女性は、あまり目をつけないアイテムであるシューケアセット。これをプレゼントするだけで、「センスのいい女性だな」という印象を与えることができるでしょう。

(9)高級シャンプー・高級ボディソープ

男性の家のお風呂って、安物シャンプーやボディソープのボトルがそのまま置きっぱなしになっていることがけっこうあるんですよね。

そこで高級シャンプー・ボディソープの出番。

プレゼントとして何が優れているのかというと、いい匂いだとかそういう機能面だけの話ではありません。

ボトル自体がおしゃれなため使い終わったあとも詰め替え用のボトルとして使ってくれる、という点なんですよね。

プレゼントとしての重さは与えないのにネックレスやマフラーなんかより毎日使うものを渡せるという魔法を生み出してしまいます。ホグワーツもびっくり。

(10)彼の趣味に合ったもの

でも、なんだかんだ一番嬉しいのって自分の趣味に関するものをもらったときなんですよね。

プレゼント自体が自分の趣味に合ったものであれば単純に嬉しいですし、何より自分のことを理解してくれてるんだっていうことに気づいて、その後意識してしまうことは確実です。

彼の趣味・好きなものを事前にリサーチしてちょうどいいところを攻めましょう。孔子になるのです。

プレゼントの渡し方のコツは「さらっと」

渡すタイミングとしては、食事デートの場合であれば食事が終わったあとにさらっと「お誕生日おめでとう!(笑)」とひと言簡単に添えて直接渡しましょう。店員さんを巻き込んでのサプライズなどは不要です。

あくまで「さらっと」が重要です。

そしてプレゼントを入れた袋の中には、「お誕生日おめでとう!+α」を手書きした小さなメッセージカードを入れておきましょう。

こちらも手紙などではなく重い印象を与えないメッセージカードというのがポイントです。

気軽に使えるけど印象に残るものを!

前述した靴下やボディソープなどのように、「気軽に使えるけど印象に残るもの」をプレゼントし、目に入るたびにあなたのことを思い出してもらえれば、彼との距離をグッと近づけることができるかも!

彼の誕生日は絶好のアピールチャンスです。絶対に逃さないようにしましょう!

(文:タイガモンスター、イラスト:hitomi)

※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]