お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 片思い

恋愛に向いてる? 一人称が「自分」の男性心理

小日向るり子

あなたは自分のことをなんと呼びますか?

成人した女性の場合は「私(わたし)」と呼ぶ方が多いと思いますが、男性の場合は「俺」「僕」「自分」などいくつかの一人称がありますよね。

今回は、その中でも自分のことを「自分」と言う男性の心理を分析し、接し方までをお伝えしたいと思います。

一人称が「自分」の男性心理

(1)真面目

もともと、一人称を「自分」と称する言い方は軍隊用語です。その名残から、組織的社会では、今でも下位に属する者が目上の立場の人に自分の意見などを伝える際に「自分は○○と考えます」といった言い方をする場合があります。

先輩を重んじる風潮が強い体育会系のクラブは、その代表例。したがって、そうした組織に所属していた期間が長い人は、慣習的に「自分」という言葉を使うことが多いです。

プライベートでも使い続けているタイプは、上下関係を重んじる真面目なタイプだといえるでしょう。

(2)思慮深い

「俺」と言うと、なんとなく威張っているような感じがする。とはいえ、「僕」では甘えている感じが出てしまう。

などと、いろいろと考えてしまい、ビジネス以外では無難に使える「自分」という呼称を使います。このタイプの男性は、そもそも人と話すということに対して苦手意識を持っている場合が多く、さまざまなことに対して消極的になる傾向にあります。

いい意味では思慮深いといえますが、悪い意味では積極性に欠けるともいえるでしょう。

(3)自信家

基本的にビジネスシーンでは、一人称として「自分」を使うことはあまり好ましくないことだと言われていますが、あえて使用するタイプの男性は自信家といえます。

自身の主張を「自分は……」と話しだすことによって、自分の考えを強調しようとする思考があります。

(4)ノリがよい

「自分は」という呼称は、芸人さんがネタで使うフレーズでもありますよね。それを真似して一種のノリで使える男性は、人を笑わせることが好きなおちゃらけタイプです。

ただし、このような男性は関係が安定している人の前では言いません。あくまでネタとして使うだけです。

次ページ:【タイプ別】一人称が「自分」の男性との接し方

お役立ち情報[PR]