お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

上座・下座って? 知らないと恥ずかしい「エレベーターのマナー」

西出ひろ子(マナーコンサルタント)

エレベーターに乗るときのマナー

降りる人が先

先にも書きましたが、エレベーターは「降りる人が先」です。降りる人が全員降りたのを確認してから乗り込むようにしましょう。どんなに急いでいても、降りる人を押しのけて乗り込むことは絶対にNGです。

中で「開」ボタンを押してくれていた人にお礼を言う

中で「開」ボタンを押して待っていてくれた人には「ありがとうござます」とお礼を伝えて乗りましょう。

乗り込む順番は場合によって異なる

お客さまをご案内するとき、中に人がいないときといるときとでは、乗る順番が異なります。ポイントは、エレベーターは「密室」ということです。

中に人がいないとき

案内人が先に乗り込みます。これは、エレベーターは密室という考えから、「安全確認」の意味があります。

1.、エレベーターホールの「上下」ボタンを押す
2.エレベーターの扉が開いたら、お客さまに「お先に失礼いたします」と声をかけ、案内人が先に乗り込む
3.操作盤の前に立ち「開」ボタンを押し、もう一方の手で扉を押さえる
4.お客さまに「どうぞ」と声をかけ、乗っていただく
5.行き先階のボタンを押し、「閉」ボタンを押して扉を閉める

中に人がいるとき

お客さまに先に乗っていただき、案内人は最後に入ります。

1.エレベーターホールの「上下」ボタンを押す
2.エレベーターの扉が開いたら、エレベーターホールの「上下」ボタンを押し、もう一方の手で扉を押さえる
3.お客さまに「どうぞ」と声をかけ、先に乗っていただく
4.最後に自分が乗り込み、操作盤の前に立ち、行き先階のボタンを押し、「閉」ボタンを押して扉を閉める

このとき、既に操作盤の前で「開」ボタンを押して待ってくれている人がいたら、お礼を言って乗り込みます。また、乗っている人が多く、自分で行き先階を押せない場合は「○階をお願いします」とていねいに伝え、自分は空いている場所に乗ります。ボタンを押してくださった方には必ずお礼を言いましょう。

お客さまが複数人いらっしゃる場合

お客さまが複数人いらっしゃる場合は、上位の方から順に乗っていただきます。お客様と自分の上司の場合は、お客さま、続いて上司の順です。

次ページ:エレベーターの中でのマナー

SHARE