お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキル

「アウトプット」とは? 仕事におけるアウトプットの意味と方法

小野勝弘(キャリアコンサルタント)

ビジネスシーンで「アウトプット」というキーワードがピックアップされる機会がありますが、そもそも「アウトプット」がどういうものなのかよく理解していないという人もいるかもしれません。キャリアアップするためにも、ビジネスにおけるアウトプットの意味と方法を理解しておきたいものです。そこで今回は、キャリアカウンセラーの小野勝弘さんに解説していただきます。

■そもそもアウトプットとは?

◇アウトプットの意味

ビジネスのアウトプットとは、成果・評価・数字であることがほとんど。キャリアにおいては、「以前と比較したとき自分がどれだけ成長できたか」、「自分が見据えている目的・目標にどれほどアプローチできたのか」。それらをアウトプットととらえるのがふさわしいでしょう。と言うのも、アウトプットは同じ状況であっても、個々によって解釈や受け取り方がちがってくるためです。数字から成果がわかっても、やり遂げたと自分を褒める人もいれば、数字は上がっても目標には達していないと不満を抱く人もいます。このことからさらに踏み込んで言えば、目に見える数字を上げるとともに、それぞれの働きがいにもつながることが、アウトプットの根底ととらえることができます。

◇インプットの意味

ビジネスにおけるインプットとは、ビジネスの目的を果たすために知識を取り入れることをさす場合が多いでしょう。わかりやすく言うと、問題そのものの解決手段であったり、チームビルディングであったり、資格の取得であったりします。一方、キャリアコンサルティングの視点からすると、内的な動機に気が付くことこそが、大事なインプットであるとも考えられます。内的な動機と言われてもピンとこないかもしれませんが、つまり自分は何を目指しているのか、何をやりたいのか、このようなことに目を向けることです。ビジネスでは自分自身を充実させるために、自分のやりがいをインプットすることが重要とも言えます。

◇仕事におけるアウトプットの重要性

☆女性のライフプランに関係する

必ずしもそうなるわけではありませんが、社会に出て活躍している女性たちには結婚をしたり、出産をしたり、ライフプランに大きな変化が訪れることも珍しくありません。このことから働く女性のアウトプットとは、結婚・出産などのライフプランとは切っても切り離せないものであると言えます。現状では、このようなライフプランの変化によってキャリアを断念せざるを得なくなっているケースもあります。アウトプットを意識して自己効力感を高めていくこと。これがライフプランに左右されずに女性がキャリアを構築するために必要となってくるものです。

☆女性にとっての自己効力感とは

よくあるシチュエーションをご紹介しましょう。結婚まで事務の仕事をしてきて、同じ給料をもらっている2人の女性がいるとします。ひとりは「毎日事務の仕事をしておりました」、もうひとりは「事務作業でしたが、他のスタッフは平均100件だったところを、私は150件処理していました」とアピールしました。この場合、後者の女性のほうが誰からも認められるというのは言うまでもありません。このように、自分自身をきちんとアウトプットして、そこから得た事実を自分自身の言葉にできるのは、周囲から認められることはもちろんですが、自分自身を認めることにもつながります。そしてそれこそが自己効力感になるのです。さらには、そこから自分のやりたいことが見えてくるはずです。

次ページ:仕事でアウトプットするには

お役立ち情報[PR]