お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 働き方

女性の管理職になったらすべきこと。活躍のためのポイント

小野勝弘(キャリアカウンセラー)

昨今、日本でも管理職に就く女性が増えています。ただ、諸外国と比べるとその割合はまだまだ少ないようです。今回は女性が管理職として輝くための方法について、キャリアカウンセラーの木村俊夫さんに教えてもらいました。

■女性管理職の実態

まずは、女性の管理職の実態や「管理職になりたくない」と思う女性たちの本音について見ていきましょう。

◇女性管理職の実態って?

☆女性管理職の割合

平成29年7月に厚生労働省から発表された平成28年度雇用均等基本調査によると、女性管理職の割合は、課長相当職以上(役員含)では12.1%、係長相当職以上(役員含)では12.9%、部長相当職では6.5%、課長相当職では8.9%、係長相当職では14.7%という結果です。女性管理職の割合は6%~15%の間で推移していて、その比率は高いとは言えません。ひとつの要因は「M字カーブ」と呼ばれるもの。日本ではいまだに女性は結婚を機に一度仕事を離れ、育児をする流れがあります。管理職として出世するコースに進むのであれば、30代後半から30代前半にかけての打診が多く、仕事か家庭かを選ばざるをえないような状況に陥っており、女性管理職が少ない原因の一部になっていると考えられます。

☆女性たちはキャリアを築きにくい?

上記に加えて、育休明けに復帰し時短勤務などで働いたとしても、キャリアを築きにくいのではないかと感じます。たとえば子どもが熱を出したら休まなければならない、参観日などのイベントも大切にしたい、ほかにもママ友や実家との関係、近所の目など、いろいろな関係があります。その中で女性たちは疲れてしまい、管理職どころではないという実態もあるのではないでしょうか。本来なら自分のキャリアプランに合わせ、時短勤務でも管理職をしているといった状態が望ましいのかもしれません。しかし、実際は管理職を含めて女性たちが自分のキャリアを積み上げて活躍できていないのが現状です。

◇管理職になりたくない女性たちの本音

私がよく聞く女性管理職の悩みが「責任が重い」、「仕事が多い」、「部下を使うのが苦手」という3つです。これらの悩みは女性たちが管理職になりたくないと思ってしまう、大きな原因になっていると言えるでしょう。それぞれを詳しく解説します。

☆責任が重い

自分が果たすべき責任の量と質が増えてしまう状況です。そして自分のやりたいことや大事にしていることが脅かされると、責任が重いと感じやすくなるのかもしれません。本来はどんな仕事であっても責任が伴うもの。特に自分が果たしたい責任であれば、客観的にどんなに負担に思えることでもがんばれたりしますよね。しかし、ほかにも果たす必要のある責任が増えてしまったらどうでしょうか? 本来、自分が果たしたかった責任が果たせないという意味で、ほかから要求される「責任」が重いと感じるかもしれません。

☆仕事が多い

単純に仕事の量が増えるという面もありますが、それ以上に自分の中の「お母さん像」やキャリアプランとの葛藤で、やらなければならないことが多いと感じるケースをよく見かけます。男性にはわからない悩みや、やらなければならないことも数多くあるでしょう。たとえば、毎日のメイクが既に負担という女性もいます。まわりから暗に求められていることをやりつつ仕事をする必要がありますから、仕事が増えるということはとても大きな負担になるのです。

☆部下を使うのが苦手

この問題はそもそも管理職経験がある女性が少なく、ロールモデルの不在や異性の部下との接し方がわからないことに端を発しているかもしれません。たとえば、何げない会話の中で常に結婚や子どもの話をされてしまい苦痛に感じるなど、本人からするとセクハラまがいのケースが発生することも……。さらに、女性管理職としては部下に不満を持たれないようにがんばらなければならないし、働きやすい職場を作っていかなければならない。けれど相談できる相手もいない。自分にかける時間も余裕もない。こういった環境の中で、職場の人たちと関わることが難しくなってしまい、部下を使うのが苦手という意識になるのではないでしょうか。

次ページ:女性管理職の悩み別対処法

お役立ち情報[PR]