お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

上座・下座って? 知らないと恥ずかしい「エレベーターのマナー」

西出ひろ子(マナーコンサルタント)

エレベーターを降りるときのマナー

目的階に着いて降りるまで

目的階に着いたら、「開」のボタンを押し、扉が閉まらないようもう一方の手で扉を押さえます。「お先にどうぞ」と声をかけ、お客さまに先に降りていただきます。その際、「降りて右手でございます」など、目的地の方向を伝えます。

上司も一緒の場合は、お客さまに続いて上司、自分は最後に降ります。エレベーターを降りるときは、自分が最後と覚えておきましょう。

お客さまを玄関口までお見送りする場合

「お先に失礼いたします」と声をかけ、エレベーターを先に降りているお客さまの前に出て玄関までご案内します。お客さまの前を通るときは必ずかがんで、「前を失礼いたします」と声をかけましょう。

玄関扉の前で「本日はありがとうございました」とご挨拶した後、お辞儀をしてお見送りします。

次ページ:誤解しがちなエレベーターマナー

SHARE