お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

無理なく体力をつける方法は? 体力アップする運動と食事

岡本慶太(パーソナルトレーナー)

無理なく体力をつける運動や食事とは? トレーナーの岡本慶太さんにトレーニング方法などを教えてもらいました。

10代のころは、疲れていても一晩寝れば平気だったのに、加齢とともになかなか疲れがとれなくなってきたと感じるアラサーは少なくないはず。体力をつけて、あのころの活力をどうにか取り戻したいですよね。

とはいえ「体力をつける」と聞いて思い浮かぶのは、毎朝ランニングをしたり、仕事終わりにジムに行ったりする人たちの姿……。「そんなの私には無理」と拒否反応を示してしまう人が多いのでは?

そこで今回は、すぐにはじめられる運動方法や、生活習慣で注意すべきこと、運動を長く続けるコツにを見ていきましょう。一緒に無理なく体力をつけていきましょう。

体力をつけるのに向いている運動とは?

運動不足の人が今日からスタートできる運動としては、自身の体重を負荷として利用する「自重トレーニング」がおすすめです。まずは、胸、背中、脚の大きい筋肉を動かしましょう。

おすすめはスクワット

効果的なトレーニングには、腕立て伏せや上体反らし、スクワットなどがありますが、特にスクワットがおすすめです。下半身の筋肉には体の約70%の筋肉が詰まっているため、効率的に鍛えることができます。

10回×3セットの“ながらスクワット”でOK

歯磨きをしながら、テレビを観ながらといった隙間時間に行うことができるため、日常に取り入れやすいのもポイントです。10回×3セット程度からスタートして、慣れてきたら回数を増やしたりセット数を増やしたりしていきましょう。

動作はゆっくり、呼吸を意識すると◎

腰を下ろすときにしっかり息を吸い、上げるときに吐くなど、動作はゆっくりと行います。正しい呼吸を意識しながら行ってください。

おなかをへこませるために腹筋をはじめたという人によく会いますが、実は腹筋というのは消費カロリーが少なく、ダイエットや体力をつけるといった目的に対して、効率はあまりよくありません。

次ページ:体力をつける食事のポイント

お役立ち情報[PR]