お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 不調

吐き気や下痢も? 夏バテの症状と対策法を医師が解説

前山 美千代

01

「なんだか身体の疲れが取れない」「食欲がない」というときもありますよね。夏バテにはさまざまな症状がありますが、もし夏バテになってしまったらどうすればいいのでしょうか。夏バテの原因と症状、対策法について、内科医の前山美千代先生に解説していただきました。

■夏バテの原因と症状

まずは夏バテの原因と症状について、前山先生に教えていただきました。

◇夏バテの原因

前山:日本の夏は35℃以上の猛暑日が続き、湿気も多くて過ごしにくいですね。暑さでだるくなり、疲れて食欲が落ちると、栄養が十分に摂れずに体力が落ちてしまいます。また、寝苦しさからくる不眠や冷房による温度差なども不調の原因となります。このように、暑さによる不調が積み重なったものが「夏バテ」です。夏バテは、冷房や暑さに対する自律神経失調、高温多湿による体力消耗、不規則な食事による栄養不足、睡眠不足などが合わさって起こるのです。

◇夏バテの症状

前山:胃腸の調子が悪くなる、食欲が落ちる、眠れない、熱っぽい、体がだるい、むくむなどの身体的症状から、疲れやすい、気力がなくなり何もしたくない、イライラするといった心理的症状まで、さまざまな症状が起こります。また、立ちくらみやめまい、ふらつきなどが起こる場合もあります。

次ページ:夏バテの症状別対策法

お役立ち情報[PR]