お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

医師が教える! 老け顔の原因と改善方法

鈴木稚子

「年齢より老けて見られる」、「アラサーになってアンチエイジングに興味がでてきた」……など、多くの女性は「いつまでも若く見られたい」、「若い姿をキープしたい」と思うものですが、加齢による顔の変化は避けられないのでしょうか? 今回は老け顔になる原因や改善・予防方法について、美容皮膚科医・鈴木稚子先生の解説を紹介します。

困る女性

■「老け顔」ってどんな顔?

まずはじめに、「老けた印象を与える顔」の特徴について見ていきましょう。顔に現れる「老い」とは一体……?

女性の顔

◇肌がたるんでいる

年をとると、肌の水分量やコラーゲンの減少により、肌のハリと弾力が衰えていきます。年齢に関係なく肌がたるんでいると老けて見られるのはこのためです。

◇ほうれい線が深い

筋力の衰えにより、頬に付着する脂肪がたるみ、下に落ちていきます。このたるみは目元や口元、頬などにも現れますが、とくに鼻の脇から口元にかけて表れる「ほうれい線」は、老けた印象を与えてしまいます。

◇シワが多い・深い

人よりシワが多かったり深かったりすると老けて見えるのは、肌のたるみ同様、肌のハリや弾力が失われているからです。また、シワは紫外線の影響で深く固定化されていくため、老け顔予防に紫外線対策は欠かせません。

◇肌がくすんでいる

明るい肌は健康的で若々しい印象を与える一方、くすんだ肌は、不健康で老けた印象を与えます。肌がくすむ原因の多くは、紫外線や摩擦などの刺激です。老け顔予防のためにもこの2つの刺激をできるだけ避けて暮らしましょう。

次ページ:老け顔になってしまう原因とは?

お役立ち情報[PR]