お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「朝バナナダイエット」は本当に痩せる? 管理栄養士が教える効果的なやり方

中村美穂

誰もが一度は、「朝バナナダイエット」という言葉を耳にしたことがあるのでは? 少し前にブームになったので、実際に試してみたという人もいるでしょう。しかし正しい方法を実践しないと、効果が思うように出ないことも。今回は、管理栄養士の中村美穂さんに「朝バナナダイエットの効果的なやり方」を聞いてみました。

<目次>

「朝バナナダイエット」とは? 基本のやり方と効果を学ぼう!

まずは、朝バナナダイエットの基本的な方法と主な効果を見ていきましょう。

「朝バナナダイエット」の基本的なやり方

「朝バナナダイエット」とは、毎朝、朝食として「バナナ1~2本」と「常温の水」を摂取するだけのダイエット。昼食・夕食は通常通りの食事でOKです。とても簡単に実践できるダイエットなので、初心者でも気軽にはじめることができます。

バナナに含まれる成分と「朝バナナダイエット」の効果

バナナは、炭水化物を中心に、体に必要な栄養素をバランスよく含んでいる食品です。バナナ1本(100g)に含まれる成分は以下になります。

・エネルギー:86kcal
・タンパク質:1.1g
・脂質:0.2g
・炭水化物:22.5g
・カリウム:360mg
・カルシウム:6mg
・マグネシウム:32mg
・鉄:0.3mg
・亜鉛0.2mg
・銅:0.09mg
・ビタミンE:0.5mg
・ビタミンB1:0.05mg
・ビタミンB2:0.04mg
・ビタミンB6:0.38mg
・葉酸:26μg
・ビタミンC:16mg
・食物繊維:1.1g

バナナに含まれる「食物繊維」や、糖質の一種である「フラクトオリゴ糖」は、消化されにくいためそのまま腸に届いて善玉菌のエサとなり、腸内環境を改善します。また、豊富な「ビタミンB群」や「カリウム」はダイエットの強い味方となる成分で、代謝促進やむくみ解消につながります。

毎朝バナナ1~2本を食べるのは、通常400kcalほどの朝食メニュー(ごはん・パンなど)に比べて、カロリーオフになります。バナナは忙しい朝でも素早く食べられるうえに、消化がよくなる・満腹感も得られるといったメリットもあり、非常に続けやすいダイエットです。

次ページ:「朝バナナダイエット」でもっと効果を出すためのコツ

SHARE