お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

専門家 出会い

【合コンGO】第16回:合コンで「パイロット」を落とすには、“CAを目指せ!?”

トイアンナ

付き合う男性の“見た目も性格も収入も”妥協できない! 大声に出して言えないけれど、「イイ男をゲットしたい!」と心の中で叫ぶアラサー女性は数知れず……。そんな悩める“恋愛トレーナー”たちへ向けて、恋愛とキャリアに精通するフリーライターのトイアンナさんが、合コンで使える「企業別オトコの攻略法」を解説。元外資系OLとして培った自身の経験や、さまざまな企業に勤める男性たちの声を元にした攻略法で、イケメンゲットだぜ!

こんにちは、トイアンナです。職業別、男子の落とし方を追求する合コンGOで今回登場するのはパイロット! 昔からドラマや漫画でチャラい代表格とされてきた彼らですが、実際はマジメな男性も多くいます。ここから落とし方を網羅していきますよ。なお、この連載は私の知り合いの方の特徴を参考にしています。すべてのパイロット男子にあてはまるわけではないので悪しからず! それではGOOD LUCK!!

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%82%a4%e3%83%ad%e3%83%83%e3%83%88%e7%94%b7%e5%ad%90

<本日のモンスター:パイロット男子>

LCCが普及して空の競争が激化するなか、業界も人材不足にあえぐレア男子です。就職へは主に3つの道があり、それぞれ特性が異なります。

(1) 新卒で航空会社へ就職し訓練を受けた男性:社会人デビュー組が多く、チャラい遊びを覚えてしまうリスクあり! とはいえ8割はマジメなので安心されたし。

(2) 航空大学校へ進学してから就職した男性:厳しい訓練を乗り越えた、実直な男子多め。「結婚するなら航空学校卒がいい」というアラサー女性のコメントもいただきました。

(3) 自衛官パイロットからの転職:年に数名「割愛」と呼ばれる転職支援制度などを利用したパイロットへの転職が見られますが、原則40代以上のため合コンで見ることは皆無。現職自衛隊パイロットもレアなため、出会えたら奇跡かも。

●OP(落としやすさポイント):★☆☆☆☆

まず生息してないよね。生息してなかったら出会えないし、出会えなければ落とせないよね。これまでの連載でレア扱いをされた商社男子だって3万人弱いるというのに、パイロットはざっと6,000人。出会おうと思ったらCAを目指すのが最も現実的という、レア・オブ・レアな男性陣です。合コンでパイロットに出会ったら、今年はいいことあるかもくらいに思っていいでしょう。私もパイロットの知人は数名。本連載の中でもサンプル数が少なすぎて、困っています。

●タイプ:超マジメ系

意外や意外、チャラチャラしたイメージとはちがい、パイロットの大半はマジメです。というのもマジメじゃないとやってらんない仕事だから。実際に勤務する男性いわく「毎年、身体検査や適性検査があって落ちたら地上職へ異動になる。遊んでられない」とのこと。実際に検査項目を拝見したところ、肺活量低下や重い糖尿病でも引っかかるみたいです。こりゃパイロットとして定年退職を迎えたければ、遊んでる場合じゃないですね……。

■「パイロット男子」ゲットのカギ!

●ごめんね、でも普通の方法じゃムリです

CAになりましょう。おっといけねえ、合コンGOなのに合コンの外を戦場に指定してしまったわい! もっと現実的な案ですが、CAのお友だちに頼って合コンを開催してもらいましょう。CAにはパイロットの楽屋裏を見すぎて他業種と結婚したくなっている女性も多数いますから「あんなんでいいの?」と言いつつも紹介してくれるはずです。

合コンに頻出するパイロットもいますが、社会人デビューではっちゃけてしまった遊び人の可能性があります。とはいえワンナイトを仕掛けてくるというよりは「合コンなのにスウェットで来た」「今までに持ち帰った女性の写真を見せられた」などドン引きエピソードが多く、見抜くのは簡単です。

●彼らもまた、離婚のリスクにおびえています

以前、MR男子の離婚率についてお話しましたが、恋愛対象として真面目にパイロットとお付き合いしたいなら、パイロット自身が離婚に怯える男子であることを念頭に置いてください。年の半分以上が出張で、海外なら時差もあります。帰宅中もハメを外して飲み放題というわけにもいきません。当事者は「離婚は本当に多い。俺らパイロットが浮気しなくても、奥さんが寂しくて浮気しちゃう」と語ります。

乗客の命を背負う重圧に寄り添える妻でありながら、夫がいなくても楽しく過ごせる自立心が求められる。そして、世界各国で出会いも多く、いくらマジメとはいえ浮気されるかもしれない彼を信じて待てる。そんなスーパーマンのパートナーを勤められるのは、スーパーウーマンだけなのかもしれません。

(監修・文:トイアンナ、イラスト:菜々子)

お役立ち情報[PR]