お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【合コンGO】第2回:合コンで「銀行マン」を落とすには、“社会人デビューの傷を癒せ!”

トイアンナ

付き合う男性の“見た目も性格も収入も”妥協できない! 大声に出して言えないけれど、「イイ男をゲットしたい!」と心の中で叫ぶアラサー女性は数知れず……。そんな悩める“イケメントレーナー”たちへ向けて、恋愛とキャリアに精通するフリーライターのトイアンナさんが、合コンで使える「企業別オトコの攻略法」を解説。元外資系OLとして培った自身の経験や、さまざまな企業に勤める男性たちの声を元にした攻略法で、イケメンゲットだぜ!

こんにちは、トイアンナです。商社や外銀、医者に弁護士とキラキラ職種を見ているだけで目が潰れそうになりますが、ぶっちゃけましょう。合コンでもなかなか出会えないよね。自分が東大理III卒ならまわりにダイヤの原石が眠っているわけですが、ほとんどの女性は東大理IIIに入らないわけで。しょせんはドラマのフィクションですわ……と思いたくなります。

こっちも数打ちゃ当たるとマサラタウンから遠出したところで、出会えるのは職種こそキラキラなものの、合コン履歴100件超のチャラ男だったりします。そんなんいくらレアでもモンスターボールを投げるのも願い下げですわ。

ところが、いつでも会えるアイドルならぬ「いつでも会えるハイスペ」がいます。銀行員です。新卒で採用される総合職人数はなんと3大メガバンクだけで5,000人だとか!全国支店に配属されることから、全国区津々浦々で出会える最強の男性たちです。

<本日のモンスター:メガバンカー>

なんてったって合コン界のアイドル。親ウケと安定感では他の追随を許しません。専業主婦を求める保守的な男性も多いので、家庭に入りたい女性にとってはキャリア砂漠のオアシスに見えることでしょう。大学時代は控えめな男性が多く、遊びはじめるのは就職後です。話の面白さやエスコートは苦手な方も多いですが婚活女性なら逃してはいけません。

●OP(落としやすさポイント):★★★★★

合コン初心者でもバージンロードまで一直線に走れる難易度です。彼らは大半が就職デビュー組。いざ合コンGOに繰り出すも、コミュ力が高い商社・広告代理店組に後れをとります。また「ハイスペと断言しづらい自分の立ち位置」からいまいち自信を持てません。そこを「大変な仕事を選んだあなたってすごい」と、癒しの女神役を買えば落とせます。なお、“清楚なファッションで挑む”のをお忘れなく。

●タイプ:きまじめ系

朝から晩まで1円の誤差も許さない環境でノルマを達成していく銀行員は努力できる人間の鏡。その一方で仕事のストレスもメガトン級。道半ばで離職する方も多いです。

「銀行マン」ゲットのカギ

●一に清楚、二に清楚

銀行に入る男性は採用面接である程度、性格的に絞られます。まず保守的であること。そして真面目なことです。銀行員の男性から実際にお話を伺うと「結婚後、女性は家庭へ入ってほしい」と考えている率の高さに驚かされます。

保守的な男性を落とすなら、自らもまた保守的であるべし。黒髪に白ワンピなど「そこまでするか?」と同性から突っ込まれそうなコンサバファッションに身を包みましょう。中学・高校と女断ちをしてコツコツ受験勉強に励んできた男性も多くいる銀行業界。中学男子が夢見る理想の女性像を把握して、青春を10代からやり直す手助けをしてあげるのです。参考にすべきは「週刊少年ジャンプのヒロイン」です。

ここまで読んで「えっ、私は普通に結婚しても働きたいし」などと思ったリベラルな女性は狙うモンスターを間違えています。151職種そろえるのが合コンの目的ではないので、別のバトルへ赴きましょう。

●捕獲は「ハイスペ狙いの女性に傷つく20代後半」ごろに

銀行へ就職したことで晴れてモテワールドへ突入する男性陣ですが、そこで「金や名誉を狙う女」に消耗しはじめます。俺は銀行員だからモテたいわけじゃないんだ、ありのままの俺をまるっと愛されたい……。そんなモテ疲れを感じはじめる27歳以降で彼を丸ごと受け止められる女神が現れるとあっけなく陥落します。そんな彼を癒してあげたいあなたはぜひ合コンへご参加ください。もともと早婚志向の男性も多いので、35歳までにほぼ売り切れます。

なお、無理して女神を演じるとストレスでぶっ倒れますので注意。すべての職業に言えることですが、ハイスペだからと無理して付き合うくらいなら、いっそ自分がハイスペになるほうが楽です。好きになった相手が偶然メガバンカーだったなら、気が向いたときにこのコラムを読み返してみてください。

(監修・文:トイアンナ、イラスト:菜々子)

※次回「公務員編」は11月10日(木)更新。「イケメン公務員」ゲットだぜ!

トイアンナの「合コンGO」バックナンバー

第1回:「商社マン」を落とすには、“盛り上がってない個体を探せ!”

※この記事は2016年11月03日に公開されたものです

トイアンナ

慶應義塾大卒。P&Gジャパン、LVMHグループで合わせて約4年間マーケティングを担当。その後は独立し、主にキャリアや恋愛に関するライターや、マーケターとして活動。著書に『就職活動が面白いほどうまくいく 確実内定』や『モテたいわけではないのだが ガツガツしない男子のための恋愛入門』などがある。

●ブログ「トイアンナのぐだぐだ」
http://toianna.hatenablog.com/

●Twitter
https://twitter.com/10anj10

この著者の記事一覧 

SHARE