お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

元カレからSNS経由で連絡がきたときの女の心理

鈴木夏希

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

電話番号やメルアドがわからなくても、SNSで簡単に連絡がとれる時代。長い間連絡を取っていなかった元カレから急な友達申請があったり、「久しぶり」なんてメッセージが届いた経験がある人も少なくなさそうです。そんなときはどんな風に対処しているのか、働く女子のみなさんに聞きました。

<「承認する」「返信する」という意見>

■承認して現在の彼を確認

「友達申請があったときは、相手のSNSをチェックするために承認する。再会したいといった気持ちはまったくなく、『自分と付き合っていたときと比べてどうなっているのか』を単純に見たい」(30歳/広告)

別れたとはいえ、相手が現在どうなっているのかは気になるところです。

■ステイタスを確認してから対応

「既婚か未婚かどうか、相手のステイタスを確認してから対応を検討する。好きだった人だから、連絡がきても嫌な気持ちにはなれない。未婚だったら連絡を返すけど、もしも既婚者だったら興味がないので返さない」(29歳/教育)

結婚している元カレから連絡がきても、どう対処していいのか困ってしまいそうです。

■時効を迎えていたらOK

「別れてから5年以上経っていたら、自分の中で『時効』ということにしてOKする。高校時代の元カレとかならば淡い青春の思い出ということで返信しちゃうと思う」(27歳/メーカー)

学生時代の元カレならば共通の知り合いも多いでしょうし、昔話にも花が咲きそうですね。

<まったく対応しないという意見>

■一切スルー

「一度別れた相手に興味がない。承認も返信もしないで完全スルー」(32歳/PR)

別れたらそれまで、とキッパリした意見も。自分で線引きを決めておけば、突然連絡がきても動揺することが少なそうです。

■即ブロック

「即ブロックor拒否。過去にすがるのは時間のムダ」(27歳/不動産)

こちらはスルーではなくブロックするという徹底ぶり。大切なのは過去の思い出ではなく、今の時間ですもんね。

■もはやイラッとする

「『返信してくれるだろう』と相手から思われていそうでイラッとする。ここで返信したら負けだと思うので、絶対に返さない」(30歳/商社)

男性は「別れた彼女はずっと自分のことを好きでいる」と思っていると言われることも。未練があってもなくてもなんだか悔しい気持ちになるかもしれません。

手軽に連絡できるのがSNSのメリット。そのために相手も深く考えず連絡をとってきたのかもしれません。連絡を返すかどうかは本人次第ですが、その気がないなら返さないほうが無難なのかもしれませんね。あなたは元カレからSNSで連絡があったらどうしていますか?

※画像は本文と関係ありません

(鈴木夏希+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]