お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【新連載】妊娠……? それはあまりにも突然の出来事で

Story1 ★受胎告知

それは突然やってきた変化だった。
「えっ……」
口にしたカフェオレがまずい。おいしくない。

日曜のブランチは、わたしが掃除をしている間に、
いっしょに暮らしている創ちゃんが作ってくれる。
大学時代ずっとカフェでバイトしていた、
創ちゃんの作るブランチはなかなかにおいしく、
わたしは毎週日曜の朝を、
とても楽しみにしていた。

「創ちゃん、コーヒーの豆変えた?」
「いや、先週と同じだけど」
「あ……そう」
おかしいな、と思いながら、
チーズトーストを一口かじる。

……まずくはない。
でも塩味がキツく、パンのよい香りがない。
あわててハムエッグも食べてみるけれど、
ハムが妙に生臭い感じがしてしまう。
まるで、別人の体を借りたように、
ブランチが先週とまるで違う味だ。

「涼子、どうかした?」
創ちゃんが、心配そうにのぞき込んでいる。

お役立ち情報[PR]