【医師監修】生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴&注意したい3つのこと

【医師監修】生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴&注意したい3つのこと

生後9ヶ月はハイハイやつかまり立ちをしたり、後追いが始まったりと、心身の発達が目立つ時期です。行動範囲が広がり、ママを探して泣くようにもなるので、育児の面ではまたひと山という感じでしょうか。この頃の赤ちゃんの特徴と子育てのポイントについてご説明します。


「生後9ヶ月の赤ちゃん」についてわかること

生後9ヶ月の発育の目安

ハイハイしそうな生後9ヶ月頃の赤ちゃん
Lazy dummy

※画像はイメージです

体つきがしっかりし、食べる量も増えるこの頃。赤ちゃんはどれぐらい成長するのでしょうか? 発育の目安と食事、睡眠について見ていきましょう。

身長と体重

厚生労働省が示す発育曲線によると、生後9ヶ月~10ヶ月未満の身体発育値[*1]は以下のようになります。

・男の子:身長-67.4~76.2cm 体重-7.16~10.37kg
・女の子:身長-65.5~74.5cm 体重-6.71~9.85kg

増え方がゆるやかでも、発育曲線に沿って成長していれば順調です。この頃はハイハイ、つかまり立ちと筋肉を使うことも増えるので、体つきは少し引き締まってくるでしょう。

食事・哺乳量と回数

離乳食後期にあたるこの頃は、3回食に進んでもいい時期です。赤ちゃんの食べ方とペースを見て判断しましょう。離乳食をあげる時間は、たとえば下記を参考にしてみてください。

・AM6:00:母乳orミルク
・AM10:00:離乳食+母乳orミルク
・PM2:00:離乳食+母乳orミルク
・PM6:00:離乳食+母乳orミルク
・PM10:00:母乳orミルク

午前と午後に1回ずつくらい、少量のおやつをプラスしてもいいでしょう。ただし、食事に影響のないよう、あげる量にも注意しましょう。

野菜や魚などの大きさは5~8mm角、固さは豆腐やバナナくらいが目安です。柔らかいパンは小さくちぎり、トーストはミルクなどに浸して柔らかくしましょう。うどんは茹でて1~2cmほどに切ってください。肉類はひき肉状にしてあげましょう。量は、下記を目安にしてください。

・全かゆ:90g、もしくは軟飯:80g
・野菜・果物:30~40g
・その他(どれか1品)
  肉・魚:15g
  豆腐:45g
  乳製品:80g
  卵:1/2個

この頃は、食物繊維の多い野菜以外はほとんど食べることができます。また、全卵が食べられるようになれば、マヨネーズも使用できます。

離乳食の量と回数が順調に進めば、栄養の多くを離乳食から得るようになります。母乳は、ほしがるだけあげましょう。離乳食時以外のミルクは缶に記載された量を確認しましょう。
生後9ヶ月、食べる・飲む量が共に少なかったり、離乳食の食べムラ(好き嫌い)があったりして、鉄不足などのリスクが高い場合には、フォローアップミルクを飲ませてフォローします。フォローアップミルクとは、離乳期に不足する栄養を補う目的で作られた粉ミルクで、普通の赤ちゃん用ミルクとは違うものです。

睡眠時間

この頃の赤ちゃんの1日の睡眠時間は、およそ11~13時間です。まだ夜泣きをする子もいますが、体内時計が整うことで多くの子が夜にまとめて寝るようになるでしょう。お昼寝も午前と午後に1回ずつ、1~2時間程度と少なくなってきます。ただ、夕方の時間にお昼寝してしまうと夜眠れなくなり、生活リズムが崩れる原因となります。午後のお昼寝はなるべく夕方になる前に切り上げましょう。

9ヶ月の赤ちゃん5つの特徴

つかまり立ちを始めた生後9ヶ月頃の赤ちゃん
Lazy dummy

生後9ヶ月は心身の発達が目立つ時期ですが、具体的にはどのような成長が見られるのでしょうか?この頃の赤ちゃんの特徴をご紹介します。

ハイハイができるように

ハイハイができるようになったり、上達する子が多い時期です。ずりばいをしていた子は、両手両ひざだけを使う「高這い」ができるようになるでしょう。徐々にスピードも速くなりますよ。

つかまり立ちを始める子も

ハイハイと共に、つかまり立ちを始めるのもこの頃です。椅子やちょうどいい高さのテーブルがあると、一生懸命つかまって立とうとする姿が見られるでしょう。最初はつま先立ちの不安定な状態ですが、だんだん立ち方がわかってくると、地面に足の裏をしっかりつけるようになります。

中には、ハイハイの前につかまり立ちから始める子もいます。どちらの様子も見られない子もいますが、タイミングとペースは人それぞれなので、あまり心配せず見守りましょう。どうしても気になる場合は、小児科や保健師に相談してください。自治体によっては9~10ヶ月健診を受ける時期なので、そこで相談してもいいでしょう。成長・発達状況を見るためにも、健診は必ず受けるようにしてください。

一人遊びをするように

車やボール、音の出るおもちゃなど、赤ちゃんが興味をもちやすいおもちゃがあると、ひとしきり集中して遊ぶようになります。夢中になると、ひたすら同じことを繰り返すことも。また、ハイハイやつかまり立ちで行動の自由も増えるので、動き回ることを楽しむようにもなります。

おもちゃに限らず、周りにあるものは全て興味の対象。あっちこっちに行ってティッシュやリモコン、スリッパ、本など、手当たりしだいに遊ぼうとします。大切なものや散らかされたくないものは、あらかじめ赤ちゃんの手の届かないところに置きましょう。タバコや吸い殻、薬品、アクセサリー類、コイン、電池など、誤飲の危険があるものは必ずしまってください。

遊び食べを始める子も

この頃は微妙な味の違いがわかり始めるので、食べムラが多くなる傾向にあります。と、同時に遊び食べが始まることも。手で食べ物をつかんで遊んだり、わざとこぼしてみたり、スプーンを持たせたらわざと落としたり……他のことに気をとられてなかなか食べないことも。

服も床も汚れ、食事も進まないのでイライラしてしまいますが、手づかみ食べをできないようにするのはNGです。服は洗えばいいですし、床は汚くなってもいいよう対策しましょう。腕まで覆える服のようになった食事エプロンもあるので、そちらを使ってもいいですね。食事が進まない時はお手伝いし、ある程度食べたら片づけてもいいでしょう。

後追いが始まる時期

ママが見えなくなると大泣きしながら探したり、行くところにどこへでもついていこうとする「後追い」が始まる子もいます。これは、ママという存在を強く認識し始めるためです。トイレの時など、ママが見えなくて泣いていたら、戻った時にぎゅっと抱きしめて安心させてあげましょう。

9ヶ月の赤ちゃんのためにやるべき3つの注意点

もうすぐハイハイができるようになる生後9ヶ月頃の赤ちゃん
Lazy dummy

ここからは、この時期の育児で特に注意しておきたいポイントをご紹介します。今後の成長に関わることもあるので、しっかり押さえておきましょう。

安全には十分注意を

ハイハイやつかまり立ちを始めると、転倒や転落、衝突などの危険が増えます。マットを敷く、コーナーガードをつける、危険な場所にはベビーゲートを設置するなど、しっかり対策しましょう。また、行動範囲が広くなり、これまでより高いところにも手が届くようになります。誤飲には常に注意しましょう。赤ちゃんが開けられる引き出し・ドアにはストッパーをつけることをおすすめします。

生活リズムを整えてサイクルを作ろう

この頃になると、赤ちゃんの体内時計はほぼ完成します。夜にまとめて眠り、朝は自然と目が覚め、お昼寝や夜寝る時間になると自然と眠くなるように。生活のリズムを整え、体内時計が崩れないようにしてあげましょう。お昼寝は夕方の時間にかからないようにし、夜は遅くても21時までには寝かすようにしましょう。日中はできるだけ日差しを浴びる機会を作り、活発に遊べる環境を作ってあげましょう。

ハイハイがたくさんできる環境を作ろう

ハイハイは、赤ちゃんの成長に重要な役割を持つといわれています。赤ちゃんが満足に動きまわれるよう、家の中にハイハイするスペースを作りましょう。安全対策をしっかりし、ある程度の広さは自由に動き回れるようにしましょう。

まとめ

生後9ヶ月や生後10ヶ月は心身の発達が進む時期。ハイハイやつかまり立ち、離乳食の手づかみ食べなど、赤ちゃんのやりたいという欲求をできるだけ叶えてあげましょう。安全に注意しながら、日中は活発に活動させてあげるといいですね。

記事を監修してくれた<梶梅輝之先生>プロフィール

この記事の監修ドクター
向洋こどもクリニック 梶梅 輝之先生
川崎医科大学 卒業後、広島市立 舟入病院小児科部長を経て向洋こどもクリニックを開院。子供の病気の診療や予防はもちろんのこと、心身の健全な発達を支援し、ご家族の皆様と子供の成長をともに喜び合えるクリニックにして行きたいと考えています。
http://www.mndcc.jp/index.html

参考文献
[*1]厚生労働省『平成22年乳幼児身体発育調査の概況について』
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000042861.html (参照2018-7-12)
[*2]厚生労働省『授乳・離乳の支援ガイド』
https://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/03/dl/s0314-17.pdf (参照2018-7-12)

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.20)

※記事の修正を行いました(2019.06.11)

関連記事

生後0ヶ月の母乳の授乳間隔は?成長とお世話の仕方

生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴は?成長の目安&よくある悩み・不安と対策まとめ

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴と家庭内事故の注意点

生後5ヶ月の赤ちゃんの発育目安は?寝返りサインと離乳食のポイント

生後6ヶ月の赤ちゃんのポイント!6つの成長の変化とは

生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴と5つの注意点

生後8ヶ月の赤ちゃんの発育と子育てのポイント

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴&注意したい3つのこと

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

生後11ヶ月の赤ちゃんの特徴4つ、子育ての注意点・おすすめの絵本3選

生後12ヶ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

【2021年1月】絵本のプロが選ぶ 0~3歳年齢別おすすめ3冊「おしくら・まんじゅう」ほか

東京は神保町にある絵本専門店「ブックハウスカフェ」が全面協力! プロが選ぶおすすめの絵本をセレクトして、毎月紹介します。


【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

【漫画】ワンオペ育児の大変さが夫に届いた「伝え方」と「ものの見方」『ワンオペ育児の呪い』Vol.8

転勤族の妻で2児の母、ワンオペ育児8年目のヲポコさんが、自分の経験や周囲の声から、ワンオペ育児を考える好評連載。どうしてこんなに苦しいの? もうちょっとラクになる方法があるんじゃないの? ワンオペ育児の現場から、率直かつ切実な声をお届けします。


【漫画】初出社前日、まさかの情緒不安定に!『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.6

【漫画】初出社前日、まさかの情緒不安定に!『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.6

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 初出社に向けていろいろと準備を進めていたものの、突如弱気になってしまい……!?


【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

【漫画】専業主婦の再就職、激戦の保活はどう乗りきる?『専業主婦の再就職日記〜アウェイ育児の向こうがわ〜』Vol.5

転勤族の夫と結婚し、2人の子供をアウェイな土地で育てる専業主婦だったよいこさんですが、働きたい!と就職活動をスタート。一時は書類審査で全滅して絶望したりもしましたが、なんとか採用をゲット! 家事スキルの低い夫も教育して、 次なる戦いは……そう、保活! 子をもつ主婦の就活のリアルを描きます。


【漫画】子どものお手伝いが戦力に……と思ったら!?『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.9

【漫画】子どものお手伝いが戦力に……と思ったら!?『ちっちゃいけどモヤるぅ~!育児のあれこれ』Vol.9

子どもがお手伝いを申し出てくれて……感動! と、なかなかうまくはいかないのが現実で……子育て中のちょっとしたモヤモヤ、笑い飛ばしましょ♪ 姉・イチコちゃん、弟・二太郎くんの2人のお子さんとの暮らしを描くコミックエッセイやかわいいイラストがInstagramや書籍などで大人気! モチコさんがお届けします。


最新の投稿


【医師監修】産後ママの食事の注意点 | バランスよく食べる4つの方法

【医師監修】産後ママの食事の注意点 | バランスよく食べる4つの方法

赤ちゃんが加わった新しい生活では、楽しいことが増える一方、新しい悩みも生まれるかもしれません。食事や、食生活で産後のママによくみられる悩みと、食の不安を軽減する食べ方についてまとめます。


離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

離乳食にハサミって必要? あると便利なおすすめ6選

お家ではもちろん、外出先での食事にも便利な、離乳食用ハサミ。箸で切るよりも簡単に手早く食材が切れて、赤ちゃんを待たせません。この記事では、離乳食用ハサミの選び方やおすすめの商品についてご紹介します。


 離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

離乳食作りにおすすめのブレンダーの選び方と人気7選

手間のかかる離乳食作りをサポートしてくれる、ブレンダー。「つぶす」と「混ぜる」の機能で食材を一気に粉砕・混合し、なめらかなペースト状にしてくれます。この記事では、ブレンダーの選び方やおすすめ商品を紹介します。


【医師監修】赤ちゃんと車のお出かけはいつから?楽しいドライブのコツと注意点

【医師監修】赤ちゃんと車のお出かけはいつから?楽しいドライブのコツと注意点

産院からの退院をはじめ、生後間もない赤ちゃんを車に乗せる機会は意外とあります。赤ちゃんを車に乗せて家族で旅行したり、帰省したりする人も多いのではないでしょうか。赤ちゃんを車に乗せるときの注意点について解説します。


【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

【医師監修】逆子だと胎動の感じ方は普通と違う?

「逆子ですね」健診の際にそう言われて、気になっている人もいるのでは? お腹の中は見えないので、赤ちゃんがいつまで逆子でいるのか気になりますね。赤ちゃんの胎動で逆子かどうかを見分けることはできるのでしょうか。