ママのための悩み解決サイト
【医師監修】生後6ヶ月の赤ちゃんの6つの成長の変化とは?

【医師監修】生後6ヶ月の赤ちゃんの6つの成長の変化とは?

ハーフバースデーを迎える生後6ヶ月、不安定ながらも手で支えられながらお座りができたり、乳歯が生え始めたりと、嬉しい成長がたくさん見られる時期です。起きている時間もさらに長くなるので、一緒に過ごす時間も増えますね。この時期の赤ちゃんの成長段階と子育てのポイントをご紹介します。


この記事の監修ドクター
女医によるファミリークリニック 大井美恵子先生
金沢医科大学医学部医学科卒業、広島市立広島市民病院小児科を経て、女医によるファミリークリニックを開業。
当院では受診していただく患者様は家族と思い治すことをモットーとしており、生まれたときから、生涯を終えるときまで、ご家族全員のプライベートホームドクターを承っております。
http://www.familyclinic-hiroshima.com/

生後6ヶ月どれぐらい成長してる? 発育の目安

Getty logo

この頃は発育がゆっくりになる傾向にありますが、離乳食が始まる時期なので、食事や哺乳の面では変化が大きい時期でしょう。具体的な成長の目安を見ていきましょう。

身長と体重

厚生労働省が示す成長曲線によると、生後6ヶ月~7ヶ月における身体発育値は以下のようになります。

・男の子:身長-63.6~72.1cm 体重-6.44~9.57kg
・女の子:身長-61.7~70.4cm 体重-6.06~9.05kg

寝返りができるようになって運動量が増えて、離乳食が始まって食事に変化が出ることによって、体重の増え方はゆるやかになる傾向にあります。急激な発育段階は過ぎたので、あまり変化がないからと心配することはありません。元気によく食べ、飲み、寝るようであれば問題ないでしょう。

食事・哺乳量と回数

この頃から離乳食を開始する赤ちゃんも少なくないでしょう。赤ちゃんの体調・機嫌がよいときを選んで始め、万が一トラブルがあってもすぐに対応できるよう、午前中か、午後のできるだけ早い時間にあげましょう。また、授乳後だと食べたがらない可能性があるので、授乳前にあげた方がよいでしょう。最初は10倍粥を小さじ1杯から、3日目に2杯、5日目に3杯……という感じで進めます。慣れてきたら茹でてすりつぶした野菜や果物をプラス1さじから、さらに白身魚や豆腐をプラスしていきます。

ただ、初期は食べるというよりスプーンに慣れさせる時期。まだ嫌がる赤ちゃんもいるでしょう。赤ちゃんが嫌がるときは無理に食べさせずに様子を見てください。食べたがらない原因は、味に慣れていない、口の中に違和感があるなどが考えられます。固すぎないか、味にくせがないかを見直して、調理方法を工夫しながら少しずつ赤ちゃんの口に合わせていってください。

生後5ヶ月から始めていて進みも順調であれば、6ヶ月からはつぶし方を少し粗くしてもいいでしょう。量は、開始1ヶ月で10倍粥30g、野菜・果物15g、魚・豆腐5gが目安です。よく食べる子であれば、2回食に進んでもいいでしょう。

なお、生後6ヶ月なら、嘔吐がなければ飲みたいだけ母乳やミルクは飲ませてください。

睡眠

この頃から夜泣きが始まる子もいます。夜泣きの原因ははっきりわかっていませんが、脳の発達や睡眠サイクルが整う過程で起こるものと考えられています。また、この時期は乳歯が生え始める子も多いので、歯茎がむずがゆくて起きることもあるようです。いずれにしても、夜泣きは多くの赤ちゃんに見られるもので、生活リズムが整うとともになくなっていく場合がほとんどです。あまり不安に思わず、見守ってあげられるといいですね。

生後6ヶ月の赤ちゃんの特徴

発育はもちろん、親としては赤ちゃんの発達も気になるところ。生後半年を過ぎる頃にはどれほど成長しているのでしょうか? この時期の赤ちゃんの特徴をご紹介します。

寝返りができたり、寝返りが上手になったり

この頃になると、多くの赤ちゃんが寝返りできるようになるでしょう。すでにできている子はかなり上達し、うつ伏せからあおむけになる「寝返り返り」もできるように。右へ左へと自由に転がれるので、動きの幅がぐんと増えます。視野や興味も広がり、赤ちゃんのさらなる発達が促されるでしょう。成長が嬉しい反面、気をつけたいのが家庭内事故。誤飲や転落などには十分注意しましょう。

おすわりが少しだけできるように

この時期になると首から腰までがかなりしっかりしてくるので、両手を前について体を支えれば少しだけおすわりできる赤ちゃんもいます。まだ不安定ですぐ倒れてしまうので、テーブルやテレビボードの角が近くにあるなど、転倒すると危険な場所で座っている場合は、安全なところに移動させましょう。おすわり、ハイハイ、つかまり立ちと、これからは発達にともない転倒の危険も増えるので、そろそろ毛布やジョイントマットを敷くなどの対策が必要になります。

手指の発達が進む

視力と手の動きが発達するにともない、ふたつを協調させて動かすことができるようになります。止まっているものだけでなく、動いているものも上手に取れるようになるでしょう。指先も発達してくるので、布を引っ張ったり、両手で物を持ったり、持ち替えたりもできるようになります。また、いろんな動きができるようになるので、足を持って舐めたり、お腹や洋服をいじったり、男の子だと裸のときにおちんちんを触ることもあります。触って興味を持ったものを確かめているだけです。いずれなくなる行動なので、暖かく見守りましょう。

乳歯が生え始める子も

早ければこの頃から乳歯が生え始めます。歯の生え始めは歯茎がむずがゆくなるものなので、しきりに口の中をさわったり、不機嫌になったりする赤ちゃんも多いです。このような様子が見られたら、乳歯が生えてくるサインかもしれません。

最初は下の前歯から生えることが多いですが、必ずではなく、中には上から生える子もいます。また、生える時期もさまざまで、とても早い子では生後3~4ヶ月から、遅い子では1歳を過ぎて初めてという場合もあります。個人差が大きいものなので、生えてこないからと焦ることはありません。

人見知りするように

人の顔をはっきり見分けられるようになるこの頃には、人見知りが始まる子も少なくありません。視力の発達に心の成長がともなうことで始まり、人に近づきたい、でも怖い……という、相反するふたつの気持ちが織り交ざることで起こるといわれています。普段見慣れない顔が近づくと固まってじっと相手を見つめる子、不安そうな顔でママを探す子、大きな声で泣き出す子、中にはまったくしない子と、人見知りの程度はそれぞれです。いずれなくなるものなので、ひどいからと心配することはありません。

体調不良を起こしやすくなる時期

6ヶ月を過ぎると、ママからもらった免疫がなくなってきます。よって、この頃からは風邪などの体調不良に注意が必要です。体つきや生活リズムがしっかりしてくるので外出が増えるでしょうが、人混みはできるだけ避けましょう。ご家族の方はうがい手洗いを徹底し、家庭内感染にも気をつけてください。保育園に通っている子は、集団にいることでどうしてもウイルスをもらいやすくなります。夏であればヘルパンギーナやプール熱、冬ならインフルエンザなどを発症しやすいでしょう。赤ちゃんの様子に常に気を配り、体調の変化を見逃さないようにしましょう。

また、この頃には便秘や下痢も起こりやすいです。便が毎日出なくなったり、逆に頻繁になったり、便の状態も固かったりゆるかったり色やニオイが毎回違ったりと、さまざまな変化が見られるでしょう。赤ちゃんが元気で、便秘や下痢以外の症状が見られない場合は、単に食べ物が合わないことによるものがほとんどです。離乳食の固さや量、回数、食材を見直してみましょう。また、体調が悪いときは消化機能も低下するので、新しい食材は与えないようにし、量も減らすことをおすすめします。

生後6ヶ月におすすめの遊び・おもちゃ

生後6ヶ月は生活リズムがほぼ整い、起きている時間も長くなります。そうなると気になってくるのが、日中の遊ばせ方。この頃の赤ちゃんはどんなものに興味があり、何を喜ぶのでしょうか? この時期におすすめの遊びとおもちゃをご紹介します。

くりかえし遊び

この頃の赤ちゃんは、「いないいないばあ」や「お手々パチパチ」など、単純な動作を何度もくりかえす遊びが大好き。まったく同じかけ声でも、赤ちゃんはドキドキして待っています。「いないいないばあ」は、手で顔を隠すポピュラーな方法だけでなく、ハンカチなどの布や壁を使うなど、いろいろな方法を楽しみましょう。

お歌でスキンシップ

体の触れ合いがある遊びも大好きで、特に体の動きをともなった歌は大のお気に入りです。「ひげじいさん」や「ラララぞうきん」、「バスにのって」など、スキンシップしながら楽しめるお歌遊びがたくさんあるので、ぜひ覚えて遊んでみましょう。

この時期におすすめのおもちゃ

この時期の赤ちゃんは手指の動きが向上するので、容器から何かをつかみ出す遊びをさせてあげると喜びます。物を調べる情熱も芽生えているので、何が入っているかわからなくすると、触れたものはなんだろう? という好奇心を促すことができます。この時期におすすめの「ブラックボックス」を作ってみましょう。

ブラックボックスの作り方

・準備するもの
粉ミルクの空き缶、筒状(アームカバー状)に縫った布、ゴム紐、中に入れるおもちゃ

・作り方
筒状の布で粉ミルクの缶を覆い、開口部をゴム紐で絞ります。この際、赤ちゃんが手を入れやすいよう加減してください。缶の中におもちゃを入れたら完成です。

おもちゃは、リングビーズをチェーン状に長くつなげた物がおすすめです。上手につかめなくても、指に引っ掛けて取り出すことができます。この他、先端に鈴をつけたリボン、音の出る人形などもいいでしょう。

少しコストはかかりますが、赤ちゃんの手が底に届くくらいの箱に、シンク(流し)の排水口にはめるゴム製の菊割れ蓋をつけて作る方法もあります。赤ちゃんの好奇心と発達を促すよいおもちゃなので、ぜひ作ってみてください。

まとめ

0歳も半分が過ぎたこの時期。赤ちゃんもだいぶ成長し、ママは少しほっとする頃ではないでしょうか。最近は、産まれてから半年を無事に育ったお祝いとして、ハーフバースデーをするご家庭も多いようです。赤ちゃんの成長を喜び合い、ささやかなお祝いをするのもいいですね。

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.05.28)

【関西】子供の室内遊び場!年代別の人気施設10選

https://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/142

子供の室内遊び場が大ブームになっていますよね。関東の東京にも色々ユニークな室内施設が集まっていますが、関西エリアも負けていません。関西の室内型施設、遊び方を子供の年代別にご紹介しています。室内だと保護者も見守りやすく、予定を立てやすいのも魅力です。家にこもりがちな季節にもおすすめです。

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


【助産師解説】夜間断乳、成功の秘訣5つ!いつごろからできる?

【助産師解説】夜間断乳、成功の秘訣5つ!いつごろからできる?

夜間断乳はいつからできる?成功するには?という疑問に、助産師がお答えします。ママの寝不足の原因のひとつに、夜の授乳があるかと思います。せめて夜の間だけでも授乳をやめたいと思っているママも少なくないようです。夜間断乳のメリットとともに、注意点についても知っておきましょう。迷っている方は検討するうえでの参考にご覧くださいね


【助産師解説】添い乳ってダメなの?リスク回避のための4つのコツ

【助産師解説】添い乳ってダメなの?リスク回避のための4つのコツ

添い乳は危険!という声も多いですが、上手に行えばママと赤ちゃんにメリットの多い授乳方法でもあります。添い乳のメリット・デメリットと、トラブルを回避するための方法やコツについて紹介します。


【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

乳頭混乱の予防と克服方法について助産師が解説します。赤ちゃんが乳頭混乱で母乳を飲んでくれずに困っている、哺乳瓶を使いたいけど乳頭混乱が心配…というママ必見です!


【助産師解説】ママが自分でできる断乳中&後の乳房ケア!

【助産師解説】ママが自分でできる断乳中&後の乳房ケア!

断乳ケアが必要な理由と、時期別の具体的な方法、注意点について助産師が解説します。断乳する前後のおっぱいケアは、なぜ必要なのでしょうか? 重要性についてしっかり把握し、適切なケアを行いましょう。


【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

【助産師解説】新生児のゲップ、出ない…助産師が教えるゲップのコツ

新米ママにとって、新生児期の赤ちゃんのお世話は、わからないことや迷うことが多いもの。中でも、簡単なようで意外と難しいのが「授乳後の赤ちゃんのゲップ出し」。背中のトントンが弱いのか、抱き方が悪いのか、なかなか出てくれないときは焦ります。今回は助産師さんにゲップの出し方のコツを解説いただきます。


最新の投稿


【医師監修】妊娠中にめまいがおこる原因は?貧血だけではない?対処法は?

【医師監修】妊娠中にめまいがおこる原因は?貧血だけではない?対処法は?

妊娠中には様々な原因でめまいが起きやすくなりますが、原因によって対処法が違います。妊娠中に起きやすいめまいの症状、原因を知って、正しい対処法を見つけられるようにしましょう。


【助産師解説】夜間断乳、成功の秘訣5つ!いつごろからできる?

【助産師解説】夜間断乳、成功の秘訣5つ!いつごろからできる?

夜間断乳はいつからできる?成功するには?という疑問に、助産師がお答えします。ママの寝不足の原因のひとつに、夜の授乳があるかと思います。せめて夜の間だけでも授乳をやめたいと思っているママも少なくないようです。夜間断乳のメリットとともに、注意点についても知っておきましょう。迷っている方は検討するうえでの参考にご覧くださいね


【助産師解説】添い乳ってダメなの?リスク回避のための4つのコツ

【助産師解説】添い乳ってダメなの?リスク回避のための4つのコツ

添い乳は危険!という声も多いですが、上手に行えばママと赤ちゃんにメリットの多い授乳方法でもあります。添い乳のメリット・デメリットと、トラブルを回避するための方法やコツについて紹介します。


【助産師解説】自分でできる会陰マッサージ!オイルが必要?目的と正しいやり方

【助産師解説】自分でできる会陰マッサージ!オイルが必要?目的と正しいやり方

今回は「会陰(えいん)マッサージ」の正しい方法について、助産師にうかがいました。先輩ママから出産前にやっていたことを聞くと、ときどき耳にするこの「会陰マッサージ」という言葉。そもそも「会陰」の場所ってどこなのでしょうか? 会陰マッサージの目的や方法についても、あわせてご覧ください。


【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

【助産師解説】赤ちゃんの乳頭混乱!予防法は?克服はできる?

乳頭混乱の予防と克服方法について助産師が解説します。赤ちゃんが乳頭混乱で母乳を飲んでくれずに困っている、哺乳瓶を使いたいけど乳頭混乱が心配…というママ必見です!