ママのための悩み解決サイト
【医師監修】生後12カ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

【医師監修】生後12カ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

生後12カ月は、体格、行動、心とあらゆる面で成長を遂げます。今回は、12カ月ごろの子どもの特徴や食事のこと、注意点ほか、予防接種についてもお伝えしていきたいと思います。


この記事の監修ドクター
なごみクリニック院長 武井智昭先生
慶応義塾大学医学部卒業後、平塚共済病院小児科医長を経てなごみクリニック院長。日本小児科学会専門医、指導医。臨床研修医指導医。インフェクションコントロールドクター(日本小児感染症学会)。現在、0歳から100歳までの「1世紀」を診療する医師として、家庭医として地域医療に従事しながら、メディア等での執筆・監修を多方面で行っている。

生後12カ月の成長 (1)体格

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

※画像はイメージです

生まれてから12カ月経つと、赤ちゃんらしい体型から徐々に幼児体型と変化していきます。身長が伸びて、体重も増加して見た目のプロポーションも変化していきますので「見るたびに大きくなっている気がする」というのも気のせいではないかもしれません。離乳食の進み具合によっては「卒乳」を検討しますので、食べられるものも、より増えていきます。

体重や身長は?

12カ月の子どもの体重は、出生体重に比べておよそ3倍にもなります。厚生労働省の資料[※1]を見ますと、男児の体重は約7.6キログラム~11キログラム程度、女児の体重は約7.1キログラム~10.5キログラム程度にまで増加していることがわかります。

一方、身長についてもおよそ1.5倍程度成長します。具体的に男児の身長は約70~80センチメートル程度、女児の体重は約68~78センチメートル程度まで増加していることがわかります。

「同じ生後12カ月でも、身長や体重に大きな差があるな……」と感じる方も多いかと思いますが、実際に、この頃から成長の度合いに個人差が出てきます。

体を作る「食事」のこと

12カ月になると、離乳食にも慣れてくる時期です。1日3食の習慣とともに、食べられる食材やメニューのレパートリーも増えます。ただし、全く大人と同じ食事と言うわけにはいきません。この年齢だとまだ、消化吸収能力が未発達で、「噛むこと」にも慣れていませんから、食べやすい食事を工夫してあげましょう。1つの目安としては「歯ぐきで噛める固さ」であることが挙げられます。

1日あたりの離乳食の量を見てみましょう。主食(ご飯)約80~90g、主菜(肉や魚)約15~20g、野菜・果物類を約40~50g、を目安にすると良いでしょう。また、主菜で卵を与える場合は全卵約1/2~2/3個を目安とします。なお、子どもの成長や発育状態、食欲や食事に対しての好みに個人差がありますので、食事の量は調整していきましょう。

12カ月ごろから、手づかみ食べが上手になると同時に、食具を使った食べ方も覚えてきますので、積極的に手づかみ食べをさせましょう。目で食べ物を確かめ手で掴み、口に入れる「目と手と口の協調運動」ができることにより、食器が上手に使えるようになっていきます。この時期は、自分で何でもやりたいという気持ちが強いので、自分で食べさせるべく「手づかみ食べ」がとても重要なのです。

アレルギーに注意を

食べる量が増えると新しい食材を取り入れることも増えてきますが、初めて食べさせるものは必ず小さじ1杯から始めましょう。また、問題が起こった時すぐに対応できるよう、できるだけ医療機関が対応できる平日の午前中など、早い時間帯に食べさせてください。親が食べられるものでも、赤ちゃんがアレルギーを発症しないとは限りません。アレルギーが出やすい食材には特に注意しましょう。

生後12カ月の成長 (2)行動

12カ月ごろになると遊びやいたずらなど行動パターンも多様化し、運動能力が発達していきます。怪我や思わぬ事故につながらないよう、ママ・パパがよく見てあげる必要があります。

ひとりで歩ける?

個人差はありますが、1歳6カ月ころまでに歩けるようになる子どもは多いでしょう。 しかし、我が子がまだ歩き始めなくても、「たっち」や「つたい歩き」といった兆候があれば心配いりません。一人歩きには個人差がありますから決して急がず、温かい目で見守ってあげてください。

なお一人歩きに際しては、行動範囲内の危険なものを片付けておくことが重要です。例えば、子どもが転ぶ原因となるもの(本、インテリア、置き時計、スマートフォンの充電器など)は、すべて子どもの手の届かないところに移動しましょう。子どもの行動範囲であれば、基本的に、床の上に物を置くことを避けたほうが良いでしょう。

それから一人歩きしたばかりの頃は特に「頭部の怪我」に注意しましょう。一人歩きはしているものの、上手にバランスをとれないため、バランスを崩してしまい、頭を家具の角などにぶつけるトラブルも比較的多いといえます。その対策としては「コーナークッション」が良いでしょう。家具の角などに取り付けることで、万が一子どもがぶつかった場合でもダメージを軽減することができます。

遊びやいたずら

12カ月にもなると、子どもいろいろな動きをするようになるでしょう。一人歩きはもちろんですが、手や指を使った細かい動きもできるようになるのです。個人差はありますが、親指と人差し指の指先で物をつまんだり、指さしをしたり、簡単な積み木遊びもできるようになってきます。 その他、スイッチを押す、つまみをひねる、ボールを転がす、本のページをめくる、紙をくしゃくしゃと丸める……などもできるようになります。壁紙や家具にクレヨンなどでいたずら書きをする子もいるでしょう。

この時期になると家電を勝手にいじってしまったり、電化製品を壊してしまったりといった危険性もあるほか、万が一ガス台のつまみなどをひねってしまうと事故が起きる可能性もあります。また、ボタン電池や1円玉などの硬貨を誤飲すること もあります。子どもにとっては「遊び・いたずら」の区別がないので、叱るよりも、危険なものはあらかじめ手の届かないところに片付けておくことが重要です。

ただし家電を勝手にいじってしまったり、電化製品を壊してしまったりといった危険性もあるほか、万が一ガス台のつまみなどをひねってしまうと事故が起きる可能性もあります。赤ちゃんにとっては「遊び・いたずら」の区別がないので、叱るよりも、危険なものはあらかじめ手の届かないところに片付けておくことが重要です。また発育の観点から言えば、多少危なっかしくても、自由に遊ばせることがベターといえます。

12カ月ごろの子どもからは目が離せない!

12カ月ごろの子どもは、大人からは想像できないような原因で、ケガをしたり、場合によっては命を落とすことも。厚生労働省の資料によると、この時期の子どもの死亡原因の第2位には「不慮の事故」が入っています[※2]。

また、事故の傾向としては、「転落」「転倒」が多く見られ、続いて「誤飲」「接触」などがあります。12カ月になると一人で歩き始める子もいるので、行動範囲も広がります。 ほんの少し目を離した時に事故は起こる、と心にとどめておきましょう。

生後12カ月の成長 (3)心の発達

少しずつ自我が出てくる12カ月目。それがもとで、いたずらやわがままをすることもありますが、「ただ叱りつける」ということは避けて下さい。言葉はまだうまくしゃべれなくても、伝えたいことが子どもにはあります。また、起きる時間・寝る時間をいつも同じ時間帯にし、無理なく自然な形で生活習慣を身につけることも大切です。

感情の発達は?

12カ月ごろになると自我が芽生え始め、なんでも自分でやりたがるようになってきます。

自分でできることが増えてなんでもやろうとしますが、思い通りにできず、泣いたり怒ったり、大声を出したりすることもあります。そのような時は怒らず、暖かく見守ってあげましょう。そしてうまくできた時はたくさん褒めてあげて、我が子の「やる気」を育ててあげましょう。

生活習慣を少しずつ覚える

少しずつ、子どもの生活リズムを整えて、日中は体をたくさん動かすようにしましょう。早寝早起きの習慣をつけさせ、健康的な毎日を過ごせば、子どもは元気よく体を動かして遊びを楽しみます。

また、衛生上の習慣として「手洗い」は覚えさせたいところ。これも、ママ・パパと一緒におこない「当たり前のこと」として覚えさせれば自然に身につくでしょう。

生後12カ月以降の育児

生後12カ月以降の育児について、お世話やコミュニケーションのポイントほか、予防接種についても確認しておきましょう。

お世話やコミュニケーションのポイント

12カ月ごろはだんだんと言葉も覚えてきて、早い子であれば2語文を話し始める子どももいるでしょう。子どもが一生懸命話しかけてきたら、笑顔で最後まで聞いてあげてください。言えない言葉、間違えた言葉は、正しい発音でゆっくり言ってあげましょう。子どもはママ・パパの言葉を聞いて、その言葉を覚えるものです。焦らずゆったりした態度で子どもと向き合ってくださいね。

また、同じことを繰り返し聞くようになってくるでしょう。面倒だと思わずに、聞かれたことに対してはきちんと答えてあげましょう。根気よく繰り返し教えることが大事なのです。

予防接種のスケジュールを確認!

1歳になったら受けたい予防接種には、MR (麻疹 ・風疹混合)、おたふくかぜ、水痘、インフルエンザ菌(ヒブ)と肺炎球菌の追加接種があります。 お住まいの自治体のホームページで確認したり、医師に相談したりしながら 、接種のタイミングを逃さないよう気をつけましょう。

まとめ

生後12カ月ごろの子どもは「自分でやりたい」という気持ちが強く表れ、いろいろと目が離せません。子どもが伸びやかに育つよう、ママ・パパはあらゆる面で注意を払い、サポートしてあげてください。規則正しい生活を心がけ、親子で健やかな毎日を過ごしましょう。

[※1]厚生労働省「一般調査及び病院調査による乳幼児身体発育値及び発育曲線について」
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11901000-Koyoukintoujidoukateikyoku-Soumuka/kekkagaiyou.pdf

[※2]厚生労働省「第8表 死因順位(第5位まで)別にみた年齢階級・性別死亡数・死亡率(人口10万対)・構成割合」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suii09/deth8.html

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビウーマン子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.08.6)

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

関連する投稿


家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

家族旅行で行きたい長崎の観光&アミューズメントスポット

国内屈指の観光都市として有名な長崎。ハウステンボスや世界遺産にもなった軍艦島、「1,000万ドルの夜景」と謳われる稲佐山公園展望台からの美しい眺めなど、行けば絶対にはずせないスポットが満載です。中でも、親子で楽しめる家族旅行におすすめのスポットをまとめました。


家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

家族旅行におすすめの鉄道は?乗ってみたい観光列車10選

リゾートやテーマパーク、アミューズメントに自然体験など、家族旅行におすすめのスポットや旅の過ごし方はさまざま。そのうちのひとつに、観光列車での旅もありますよね。子どもと一緒に楽しむのにぴったりの鉄道は? 家族でぜひ一度乗ってみてほしい観光列車をご紹介します。


家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行にぴったり!大人も子どもも夢中になれる台湾のスポット

家族旅行というとアミューズメント付きの滞在型ホテルでゆっくりというパターンが多いご家庭も少なくないのでは? そんな過ごし方もちょっと飽きちゃったという場合におすすめなのが、台湾。初めての家族旅行にもぴったりな台湾の魅力とおすすめスポットをご紹介します。


家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

家族旅行ならタイ!おすすめの過ごし方とチェックポイント

近年、タイが家族旅行の新スポットとして注目されていることをご存じですか? まだ子どもが小さくて海外旅行はちょっと……と悩んでいるご家庭には特におすすめ。滞在先やグルメ、アクテビティなど、家族旅行におすすめの過ごし方と、タイの魅力をお伝えします。


ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

ソウルに家族旅行!親子で楽しむ遊び・グルメ・ショッピング

韓国は日本から飛行機でおよそ2時間半と、もっとも手軽に行ける海外旅行先のひとつですよね。そんな韓国の首都ソウルには子どもが楽しめるスポットが豊富で、小さなお子様連れの家族旅行にもぴったり。ソウルの魅力とおすすめスポットやグルメをご紹介します。


最新の投稿


映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

映画館に幼児と行くなら!おすすめ映画は?席・時間は?

子どもが3歳をすぎると「一緒に映画館へ行きたい」と思うママやパパも多いのではないでしょうか。せっかく行くならおすすめ作品を鑑賞したいですよね。今回、幼児向け人気の映画作品や、幼児連れなら気になる料金や席、マナーについて調査。楽しく過ごすコツについてご紹介します。


映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

映画館に行きたい!1歳・2歳は早い?子連れにおすすめの映画は?

そろそろ子どもを映画館に連れて行きたい、1歳や2歳になると外出先の候補として考えるママもいるかもしれません。1歳児の映画館デビューは早いのか、料金の有無やマナーについて調査。子ども楽しみやすいディズニーなどのおすすめ映画とあわせ、ご紹介します。


映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

映画館は赤ちゃんNG?子連れで行ける映画館は?

赤ちゃんを連れての映画館、子連れは周りに迷惑をかけてしまうからと避けている方もいるでしょう。入館禁止の有無やいつから映画を楽しめるのか、わからないこともありますよね。今回は子どもが映画を鑑賞しやすい年齢や子連れ向けのサービスなど、親子で映画を楽しむ秘訣についてご紹介します。


年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

年の差兄弟の悩みあるある!メリット・デメリット

上の子どもと下の子どもの年齢が離れている「年の差兄弟・姉妹」。10歳ほど離れていると、一方は小学校高学年、一方は生まれたばかりの赤ちゃんと、置かれた環境が全くちがうものになります。年の差兄弟のメリットやデメリット、子育てのポイントについてまとめました。


子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

子沢山は大変だけど幸せ!兄弟・姉妹が多い家庭の育児のコツ

テレビで放映される大家族シリーズや、子沢山の芸能人のニュースなどを見ると、幸せそうだと思いつつも「大変なのでは?」と思ってしまいますよね。毎日の子育てにお金のやりくりなど、子沢山の家族はどうしているのか気になるもの。今回は子沢山の家族のリアルやメリット、子育てのコツをご紹介します。