年齢別の特徴

年齢別の特徴に関する記事

新生児期から幼児期までの赤ちゃん・子供の特徴について時期別にまとめています。その時々の月齢や年齢によくある悩み・疑問についても医師が丁寧にお答え。発達の不安や感染症対策、夜泣きなど、その時期ならではの気になる問題や、子供の“気になる”をぜひチェックしてみてください。

年齢別の特徴に関連するキーワード

離乳食 新生児 生後2ヶ月 2歳の育児 1歳の育児 3歳の育児 4歳の育児 5歳の育児 6歳の育児 生後1ヶ月
>>年齢別の特徴に関連するキーワード一覧

離乳食の手づかみ食べはいつから?おにぎりなどおすすめメニューを紹介

離乳食の手づかみ食べはいつから?おにぎりなどおすすめメニューを紹介

離乳初期(5~6ヶ月)~中期(7~8ヶ月)は主に食べさせてもらっていた赤ちゃんも、9ヶ月ごろになると、自らつかんで食べようとする行為が見られ始めます。今回は成長過程において大切といわれる手づかみ食べに注目していきたいと思います。


離乳食は冷凍保存が便利!冷凍に便利な容器、解凍方法などは?

離乳食は冷凍保存が便利!冷凍に便利な容器、解凍方法などは?

離乳食は手間がかかる割には、赤ちゃんが食べる量はとても少ないですよね。時間効率よく、コスパを叶えるために、ママたちが実践しているのが「冷凍保存」。離乳食の冷凍保存についてのノウハウをご紹介します。


離乳食にうどんはいつからOK?初期・中期・後期・完了期のおすすめレシピ

離乳食にうどんはいつからOK?初期・中期・後期・完了期のおすすめレシピ

離乳食が始まって赤ちゃんがおかゆに慣れてきたころ、うどんにも挑戦してみたいと思うママは多いはず。離乳食にうどんはいつからあげていいのでしょうか? 今回は、離乳食にうどんを取り入れる際の注意点やおすすめメニューなどについてご紹介します。


粉ミルクを離乳食に活用!おかゆからおやつまで使い方を紹介【管理栄養士監修】

粉ミルクを離乳食に活用!おかゆからおやつまで使い方を紹介【管理栄養士監修】

飲み慣れている粉ミルク(育児用ミルク)を離乳食に取り入れたいというママたちのために、さまざまなメニューを時期別にご提案! 栄養バランスが整った粉ミルクを活用しましょう。


パンの離乳食はいつから?調理する際の注意と手作りパン粥レシピを紹介【管理栄養士監修】

パンの離乳食はいつから?調理する際の注意と手作りパン粥レシピを紹介【管理栄養士監修】

パンは赤ちゃんの離乳食として使うことができる食材のひとつ。今回は、主食としておかゆだけでなく、パンも取り入れたいと思うママに向けて、注意点や調理方法など知っておきたいことをご紹介します。


【専門家監修】生後6ヶ月の離乳食はどう進める?2回食にはいつ進める?

【専門家監修】生後6ヶ月の離乳食はどう進める?2回食にはいつ進める?

生後半年を迎える赤ちゃん。この時期から離乳食を始めるというご家庭も多いことでしょう。そんな生後6ヶ月の離乳食について、要点をまとめました。


【専門家監修】離乳食は生後5ヶ月から始めるべき?スタートの目安は?

【専門家監修】離乳食は生後5ヶ月から始めるべき?スタートの目安は?

首がすわって、早い赤ちゃんでは寝返りができるようになる生後5ヶ月。このころになると気になるのが「離乳食をいつ始めるか」ではないでしょうか。今回は離乳食スタート時期の目安や序盤の離乳食の進め方などについて解説します。


わからないことだらけ! 新生児期のママの不安4つ

わからないことだらけ! 新生児期のママの不安4つ

初めての育児に不安はつきもの。特に新生児の頃は本当に小さくて、ほんの些細なことでも「大丈夫かな」、「合っているのかな」と心配になるものです。赤ちゃんが新生児だったときに特に不安だったことについて、ママたちの体験談を聞きました。


【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

【医師監修】新生児期の泣きやまない問題!注意点と上手な4つの対応

産後、赤ちゃんと暮らし始めて戸惑うことがたくさんあることでしょう。中でもなぜ赤ちゃんが泣いているのかわからなかったり、なかなか泣き止まないことに悩むママやパパは少なくありません。今回は新生児が泣き止まない理由や対処法についてお話します。


【医師監修】新生児の身長はどれぐらい?発育の目安と注意したいポイント

【医師監修】新生児の身長はどれぐらい?発育の目安と注意したいポイント

お腹にいる間は「元気に生まれてきてくれればそれでいい」と思っていても産んだ途端、他人との違いが気になってしまうもの。わが子はほかの子と比べて大きい?小さい? 新生児の体の大きさの目安や発達の注意点などをご紹介します。


新生児~生後12ヶ月の赤ちゃん!成長カレンダーまとめ

新生児~生後12ヶ月の赤ちゃん!成長カレンダーまとめ

赤ちゃんの発育とその時々のお世話の方法について、生後1ヶ月~12ヶ月まで月齢ごとにご紹介。初めてのことで不安だらけ…というママへ、各月齢でもっとも重要なポイントをまとめました。


【助産師解説】新生児はいつまで?今だけの新生児あるある<ママ体験談>

【助産師解説】新生児はいつまで?今だけの新生児あるある<ママ体験談>

先輩ママが体験した新生児あるあるを公開!初産では、これって普通のこと?という不安も多いはず。新生児期によくある現象や動きなどを、先輩ママの体験と助産師さんの解説でチェックしましょう。1日の過ごし方や発育の様子もまとめました。


【助産師解説】授乳時間が長い!短い!授乳時間の目安、原因と対処法 

【助産師解説】授乳時間が長い!短い!授乳時間の目安、原因と対処法 

1回の授乳時間の目安ってどれぐらい? 月齢別の平均時間と、長い・短いときに考えられる理由や対処法について助産師が解説します。授乳時間はある程度決めた方がいいのかなど、授乳に関する疑問についてもお答えしています。


【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

【医師監修】生後3ヶ月の赤ちゃん、ミルクの量はどうする?混合の場合は?

授乳のリズムがだいぶ整ってくる生後3ヶ月。それでも赤ちゃんの飲む量が少なかったり多かったりすると不安になるものです。今回は目安となる育児用ミルク(以下ミルク)の量や混合栄養の進め方について解説します。


生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後3ヶ月の赤ちゃんは、すでに生まれた時のほぼ2倍の体重にまで成長し、首がすわりはじめるので縦抱っこでも安定するようになります。寝る時間もだんだん落ち着き、睡眠不足だったママも少し眠れるようになってきたのではないでしょうか? 今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんの発育状況と育児のポイントなどについてまとめました。


【助産師解説】新生児のしゃっくり対処法でNGな方法とは

【助産師解説】新生児のしゃっくり対処法でNGな方法とは

初めてママになって、毎日出会う赤ちゃんに関する発見や驚き。その中のひとつに「しゃっくり」があるようです。新生児を含む赤ちゃんはびっくりするほど多く出ることがあります。今回はそのしゃっくりについてママ体験談と、助産師さんによる解説をお届けします。


【医師監修】生後3ヶ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

【医師監修】生後3ヶ月になった赤ちゃんの4つの特徴とは?

生後3ヶ月は赤ちゃんがいちじるしい成長を見せる時期。体重は生まれた頃のほぼ2倍になり、縦抱っこが安定するくらい首もすわってきます。今回は、赤ちゃんの発育目安と特徴、育児のポイントと、この時期に知っておきたい予防接種についてご紹介します。


【助産師解説】新生児が夜泣き⁉ 夜泣く原因と対策<ママ体験談>

【助産師解説】新生児が夜泣き⁉ 夜泣く原因と対策<ママ体験談>

生まれてすぐの赤ちゃんは眠る時間がこま切れで、3~4時間に一度は夜でも目を覚まして泣きます。これはいわゆる「夜泣き」とは少し性質が違います。新生児が夜に泣く原因と対処法について、助産師さんに解説してもらいました。


【助産師解説】抱き癖はつく?抱っこの効果と泣きやまないときの対応

【助産師解説】抱き癖はつく?抱っこの効果と泣きやまないときの対応

抱っこしすぎると抱き癖がつくとよくいわれますが、これは本当なのでしょうか?抱っこが赤ちゃんにもたらす影響について、助産師が詳しく解説します。抱っこしないと泣きやまないときの対応についても、ぜひご覧ください。


【医師監修】赤ちゃんの泣き声がつらい……赤ちゃんが泣く理由と対処法

【医師監修】赤ちゃんの泣き声がつらい……赤ちゃんが泣く理由と対処法

「赤ちゃんは泣くもの」と聞いてはいても、実際に泣かれるとママ・パパとしては落ち着いてはいられないですよね。ここでは、赤ちゃんはなぜ泣くのか、泣くことで心配はないのか、泣いたときはどうすればいいのかなど、赤ちゃんの「泣き」について解説します。