年齢別の特徴

年齢別の特徴に関する記事

新生児期から幼児期までの赤ちゃん・子供の特徴について時期別にまとめています。その時々の月齢や年齢によくある悩み・疑問についても医師が丁寧にお答え。発達の不安や感染症対策、夜泣きなど、その時期ならではの気になる問題や、子供の“気になる”をぜひチェックしてみてください。

年齢別の特徴に関連するキーワード

離乳食 新生児 生後2ヶ月 2歳の育児 1歳の育児 3歳の育児 4歳の育児 5歳の育児 6歳の育児 生後1ヶ月
>>年齢別の特徴に関連するキーワード一覧

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後3ヶ月の赤ちゃんは、すでに生まれた時のほぼ2倍の体重にまで成長し、首がすわりはじめるので縦抱っこでも安定するようになります。寝る時間もだんだん落ち着き、睡眠不足だったママも少し眠れるようになってきたのではないでしょうか? 今回は、生後3ヶ月の赤ちゃんの発育状況と育児のポイントなどについてまとめました。


生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴は?成長の目安&よくある悩み・不安と対策まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴は?成長の目安&よくある悩み・不安と対策まとめ

生後1ヶ月の赤ちゃんの成長は目安がありますが、個人差が大きいものです。また、固視や感情表現も豊かになる一方で、乳幼児突然死症候群(SIDS)で死亡するリスクもあるので注意することが大切です。


【医師監修】新生児の嘔吐 | 4つの原因と対処法

【医師監修】新生児の嘔吐 | 4つの原因と対処法

新生児が少し吐いてしまうのは珍しいことではありませんが、どんなときに受診すべきかは気になりますね。新生児の嘔吐の原因や対処法を知って、適切な対処ができるようになりましょう。


【医師監修】新生児の呼吸数はどのくらい? 正常範囲と注意点

【医師監修】新生児の呼吸数はどのくらい? 正常範囲と注意点

新生児の呼吸が荒いように見えると、苦しがっているのか、病気ではないか気になりますね。新生児の呼吸数の正常範囲と呼吸に異常があるときの対処を知って、赤ちゃんが本当に苦しいときはすぐに対処してあげましょう。


【医師監修】新生児の体重減少は何が原因? 心配なのはどんな時?

【医師監修】新生児の体重減少は何が原因? 心配なのはどんな時?

生まれたばかりの赤ちゃんの体重が減ったと聞くと、ママやパパは母乳やミルクが飲めていないのか、病気ではないかと不安になるでしょう。新生児の体重が減る原因と、心配なケースについて知っておきましょう。


【医師監修】ギャラン反射はいつまで? おしりフリフリが見られる簡単な方法

【医師監修】ギャラン反射はいつまで? おしりフリフリが見られる簡単な方法

生まれて間もない赤ちゃんが、おしりを振るように動く「ギャラン反射」。赤ちゃん特有の原始反射のひとつですが、かわいい動きで話題になりました。そんなギャラン反射はいつまでするのか、どうすれば見られるのかまとめました。


【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

子供の身長は何歳でどのくらいになるのか、お子さんの身長はこれからどのように伸びていくのか、把握しておきたい親御さんもいるでしょう。ここでは1歳から6歳の平均身長と、子供の身長の伸び方について説明します。


【医師監修】赤ちゃんの泣き声がつらい……赤ちゃんが泣く理由と対処法

【医師監修】赤ちゃんの泣き声がつらい……赤ちゃんが泣く理由と対処法

「赤ちゃんは泣くもの」と聞いてはいても、実際に泣かれるとママ・パパとしては落ち着いてはいられないですよね。ここでは、赤ちゃんはなぜ泣くのか、泣くことで心配はないのか、泣いたときはどうすればいいのかなど、赤ちゃんの「泣き」について解説します。


【医師監修】赤ちゃんの頭皮が乾燥でカサカサ! 適切なケアを教えて!

【医師監修】赤ちゃんの頭皮が乾燥でカサカサ! 適切なケアを教えて!

赤ちゃんの頭皮が、乾燥で「なんだかカサカサしている」ときはどうすれば良いのでしょうか? ここでは、赤ちゃんの頭皮がカサカサになる原因として考えられるものと、ケアするときのポイントについて紹介します。


【医師監修】赤ちゃんの水分補給はどうする? 飲ませるものや離乳食期別のポイント

【医師監修】赤ちゃんの水分補給はどうする? 飲ませるものや離乳食期別のポイント

離乳食が始まると、母乳やミルクの量も少しずつ減っていきます。離乳食期の水分補給はどうすればいいのでしょうか? 赤ちゃんにぴったりな飲み物や、水分をあげるタイミング、成長発達に合わせたあげ方について紹介します。


離乳食の手づかみ食べはいつから?おにぎりなどおすすめメニューを紹介

離乳食の手づかみ食べはいつから?おにぎりなどおすすめメニューを紹介

離乳初期(5~6ヶ月)~中期(7~8ヶ月)は主に食べさせてもらっていた赤ちゃんも、9ヶ月ごろになると、自らつかんで食べようとする行為が見られ始めます。今回は成長過程において大切といわれる手づかみ食べに注目していきたいと思います。


離乳食にきゅうりはいつから?初期・中期・後期のおすすめレシピ【管理栄養士監修】

離乳食にきゅうりはいつから?初期・中期・後期のおすすめレシピ【管理栄養士監修】

サラダの素材としても多く使われる野菜「きゅうり」。でも離乳食ではどうやって使うの?と思われるママも多いのではないでしょうか。今回は、離乳食としてのきゅうりの取り扱い方やきゅうりを使ったおすすめレシピなどについてご紹介します。


離乳食にうどんはいつからOK?初期・中期・後期・完了期のおすすめレシピ

離乳食にうどんはいつからOK?初期・中期・後期・完了期のおすすめレシピ

離乳食が始まって赤ちゃんがおかゆに慣れてきたころ、うどんにも挑戦してみたいと思うママは多いはず。離乳食にうどんはいつからあげていいのでしょうか? 今回は、離乳食にうどんを取り入れる際の注意点やおすすめメニューなどについてご紹介します。


離乳食は冷凍保存が便利!冷凍に便利な容器、解凍方法などは?

離乳食は冷凍保存が便利!冷凍に便利な容器、解凍方法などは?

離乳食は手間がかかる割には、赤ちゃんが食べる量はとても少ないですよね。時間効率よく、コスパを叶えるために、ママたちが実践しているのが「冷凍保存」。離乳食の冷凍保存についてのノウハウをご紹介します。


粉ミルクを離乳食に活用!おかゆからおやつまで使い方を紹介【管理栄養士監修】

粉ミルクを離乳食に活用!おかゆからおやつまで使い方を紹介【管理栄養士監修】

飲み慣れている粉ミルク(育児用ミルク)を離乳食に取り入れたいというママたちのために、さまざまなメニューを時期別にご提案! 栄養バランスが整った粉ミルクを活用しましょう。


瓶詰ベビーフードで賢く離乳食づくり。用途にあわせた使い方とレシピを紹介

瓶詰ベビーフードで賢く離乳食づくり。用途にあわせた使い方とレシピを紹介

毎日作る離乳食、ママたちはどのように用意していますか?市販のベビーフードを上手に活用できると、赤ちゃんに離乳のステップを踏ませながら、ママの負担を軽くすることができるようです。今回は瓶詰ベビーフードを活用した賢い離乳食づくりについてご紹介します。


パンの離乳食はいつから?調理する際の注意と手作りパン粥レシピを紹介【管理栄養士監修】

パンの離乳食はいつから?調理する際の注意と手作りパン粥レシピを紹介【管理栄養士監修】

パンは赤ちゃんの離乳食として使うことができる食材のひとつ。今回は、主食としておかゆだけでなく、パンも取り入れたいと思うママに向けて、注意点や調理方法など知っておきたいことをご紹介します。


【医師監修】頭皮のかさぶた | 赤ちゃんのケア方法

【医師監修】頭皮のかさぶた | 赤ちゃんのケア方法

かわいい赤ちゃんの頭に突然、かさぶたが⁉ 松かさのようにびっしり付いていて驚くこともあるのではないでしょうか。何かの病気ではないか、髪に影響はないのか心配はつきませんが、多くは自然に治る乳児脂漏性皮膚炎によるものです。


【医師解説】 子供や赤ちゃんの鼻血(鼻出血)は何が原因? 対処法とやってはいけないこと

【医師解説】 子供や赤ちゃんの鼻血(鼻出血)は何が原因? 対処法とやってはいけないこと

鼻血は前触れもなく突然出てくるので、つい慌ててしまうことがあります。ここでは、子供や赤ちゃんが鼻血を出す原因、いざというときに慌てないための正しい対処法、意外とやっているかもしれない「鼻血が出た時にしてはいけないこと」などについて、小児科医の坂本昌彦先生に解説してもらいます。


【助産師解説】新生児はいつまで?今だけの新生児あるある<ママ体験談>

【助産師解説】新生児はいつまで?今だけの新生児あるある<ママ体験談>

先輩ママが体験した新生児あるあるを公開!初産では、これって普通のこと?という不安も多いはず。新生児期によくある現象や動きなどを、先輩ママの体験と助産師さんの解説でチェックしましょう。1日の過ごし方や発育の様子もまとめました。