6歳の育児

6歳の育児に関する記事

6歳の子供の発達・発育の特徴と、お世話のポイントについて紹介しています。おすすめの絵本や知育玩具、遊びや旅行スポットはもちろん、ランドセルの選び方など、就学準備の進め方や教育費に至るまで、この時期に知っておきたい情報をまとめています。


縄跳びの教え方!子供・幼児に教える縄跳びの跳び方・回し方

縄跳びの教え方!子供・幼児に教える縄跳びの跳び方・回し方

自分は縄跳びができるのに、子供には上手に教えられないというママへ縄跳びの教え方のコツをお届けします。小学校入学までには縄跳びできるようになっていてほしいという方、ポイントを押さえて跳び方・回し方を教えてみましょう。


子供の教育費の平均額は? 年齢別の教育費と貯め方

子供の教育費の平均額は? 年齢別の教育費と貯め方

子供が産まれたら、ゆくゆくかかってくる教育費。幼稚園・小学校・中学校・高校・大学……と、それぞれ一体いくらぐらい必要になってくるのか、気になる人も多いのではないでしょうか。今回は、教育費の平均額と、教育費を確保する方法についてまとめました。


子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

子供と自転車の練習をしよう!基本3つのポイントや 教え方やコツなど

成長にともない、「自転車に乗れるようになりたい」と思い始める子供も多いはず。そんなモチベーションが高い時こそ、自転車が上達しやすい絶好のチャンスです。ぜひ、自転車の練習の準備をしてみましょう。今回は、自転車の練習方法や上達するためのポイントについてご紹介します。


【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

【医師監修】子供のベストな体重は? 1~6歳の平均と肥満の目安

わが子が太りすぎていないか、やせすぎていないか、親としては気になるところですね。そこで、子供のベストな体重はどうやって判断するのか、1歳から6歳の平均体重や肥満・やせの目安の計算方法とともに紹介します。


【医師監修】水いぼってどんな病気? 登園はできる? 症状や治療・予防方法まとめ

【医師監修】水いぼってどんな病気? 登園はできる? 症状や治療・予防方法まとめ

肌にぷくっとできる「水いぼ」は、いったんできてしまうと、なかなか治らず広がってしまうことも多い、厄介な病気です。水いぼの原因や治療法、園や学校を休む必要があるのかどうかなどを詳しく説明します。


【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

【医師監修】子供の身長の目安は? 1~6歳の平均身長と伸び方

子供の身長は何歳でどのくらいになるのか、お子さんの身長はこれからどのように伸びていくのか、把握しておきたい親御さんもいるでしょう。ここでは1歳から6歳の平均身長と、子供の身長の伸び方について説明します。


【医師監修】アトピー性皮膚炎ってうつるの? 病気になる原因とケアの方法を教えて!

【医師監修】アトピー性皮膚炎ってうつるの? 病気になる原因とケアの方法を教えて!

アトピー性皮膚炎には、毎日のケアに手間がかかるなど大変そうなイメージがあって、できるだけかかりたくないと思う人は多いでしょう。他人からうつるのかどうか、誰かにうつしてしまわないかどうかを気にする人もいるかもしれません。アトピー性皮膚炎はうつるのでしょうか? 詳しく説明します。


【医師監修】溶連菌はいつから保育園に行ける? 登園再開の目安

【医師監修】溶連菌はいつから保育園に行ける? 登園再開の目安

溶連菌感染症は集団生活を送っている年齢の子供がかかりやすい病気です。高熱が出たり、とびひを引き起こしたりと症状はさまざま。そんな溶連菌感染症にかかったあと、登園できるようなるのはいつごろなのでしょうか?溶連菌感染症と登園再開の目安について解説します。


【医師監修】二人目妊娠後の上の子の変化(不安定さや夜泣き)への対処方法

【医師監修】二人目妊娠後の上の子の変化(不安定さや夜泣き)への対処方法

2人目を妊娠すると上の子がなんだかいつもと様子が違うことはありませんか? 今までそんなことはなかったのに感情が不安定になったり、すごく甘えん坊になったり。それって上の子が何か感じ取っているのかも。おなかの子も大切にしなきゃですが、上の子も大事にしなきゃ。ではそんな上の子への対応はどうすればよいのでしょうか?


【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

【医師監修】溶連菌感染症は自然治癒するの? 知っておきたい4ポイント紹介!

子どもの急な発熱、のどの痛み。こうした症状はさまざまなウイルスや細菌などの感染で起こります。その1つが「溶連菌感染症」。一般にそれほど怖い病気ではありませんが、まれに重い合併症を引き起こすことも。適切な治療で合併症を予防し、流行を防ぐため、小さなお子さんのお母さん、お父さんが知っておきたい特徴を紹介します。


【知育】ダイアロジック・リーディングとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.2

【知育】ダイアロジック・リーディングとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.2

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす絵本読み聞かせメソッドを抜粋してご紹介します。


【医師監修】予防接種後のお風呂はOK? 接種前後の注意点とお風呂を控えたいケース

【医師監修】予防接種後のお風呂はOK? 接種前後の注意点とお風呂を控えたいケース

赤ちゃんが生まれて2ヶ月後から予防接種が始まりますが、今回はふと湧く疑問「予防接種を受けた日にお風呂に入れてもいいんだっけ?」について解説します。接種後の注意点と併せてご覧ください。


【医師監修】子供の微熱が下がらない…注意すべきケースは︖子供の微熱って何℃?

【医師監修】子供の微熱が下がらない…注意すべきケースは︖子供の微熱って何℃?

子供は一般的に平熱が高いもの。だからといって、すべての微熱が安心というわけではありません。そもそも「微熱」とは何度くらいの体温を指すのでしょうか。今回は子供の体温の特徴と平熱の考え方、微熱の時に注意すべきケースをご紹介します。


【医師監修】赤ちゃんのあせも、気になる症状と対策は?

【医師監修】赤ちゃんのあせも、気になる症状と対策は?

赤ちゃんは代謝がよく汗っかきで、大人よりもあせもができやすいものです。夏はもちろん、それ以外の季節でも高温多湿な状態であれば要注意。かわいい赤ちゃんが快適に過ごせるよう、気をつけたいポイントを紹介します。


【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

【知育】日本とアメリカの違いとは?『ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』Vol.1

ハーバード大学をはじめ、アメリカの大学で長年研究されてきた「ダイアロジック・リーディング」。その手法について紹介した書籍、『思考力 読解力 伝える力が伸びる ハーバードで学んだ最高の読み聞かせ』(かんき出版)より、子どもの能力を伸ばす読み聞かせメソッドを紹介します。今回は、日本とアメリカの読み聞かせの違いについてです。


【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

【医師監修】赤ちゃんのいびきは病気? 考えられる4つの原因と治し方

赤ちゃんがうるさいくらいの「いびき」をかいていて苦しそう、息が荒い……。これは病気の可能性があります。今回は赤ちゃんのいびきの原因をはじめ、治療、ご家庭での防止策までを解説しました。


【医師解説】 子供や赤ちゃんの鼻血(鼻出血)は何が原因? 対処法とやってはいけないこと

【医師解説】 子供や赤ちゃんの鼻血(鼻出血)は何が原因? 対処法とやってはいけないこと

鼻血は前触れもなく突然出てくるので、つい慌ててしまうことがあります。ここでは、子供や赤ちゃんが鼻血を出す原因、いざというときに慌てないための正しい対処法、意外とやっているかもしれない「鼻血が出た時にしてはいけないこと」などについて、小児科医の坂本昌彦先生に解説してもらいます。


【医師監修】子供の入院が決まったときに知っておきたいこと 付き添い、持ち物は?

【医師監修】子供の入院が決まったときに知っておきたいこと 付き添い、持ち物は?

子供は風邪や胃腸炎など普段よくみられる病気が悪化して急に入院になることがあります。突然入院が決まると、親御さんは慌ただしくなるものです。子供が入院することとなったとき、付き添いはどうなるのか、必要な持ち物は何なのかなど、ポイントを確認しておきましょう。


【医師監修】インフルエンザ脳症とは?子供がなりやすい原因と症状

【医師監修】インフルエンザ脳症とは?子供がなりやすい原因と症状

インフルエンザは、ウイルスに感染した後に重症化したり合併症を起こしたりする場合があります。インフルエンザ脳症もそのひとつです。今回は、インフルエンザ脳症について、どんな病気か、具体的症状、なりやすい年齢などを詳しく説明します。


【医師監修】おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)ってどんな病気?ムンプス難聴って?ほおの腫れが引けば登園していい?

【医師監修】おたふくかぜ(流行性耳下腺炎、ムンプス)ってどんな病気?ムンプス難聴って?ほおの腫れが引けば登園していい?

子どものほおが腫れる病気としてご存知の方も多い「おたふくかぜ」。通常1、2週間で治まることが多いのですが、時に難聴などの後遺症を残したり、合併症として髄膜炎を引き起こすこともあり、けして侮ってはいけない感染症です。