生後10ヶ月|赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

生後10ヶ月|赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

身体の発達が進む生後10ヶ月にはハイハイやつかまり立ちが上手になり、つたい歩きが始まる子もいます。後追いや大人の真似っこなど、情緒面での発達も目立つように。大人が言っていることを理解するようになる頃なので、コミュニケーションも積極的にとりたいですね。この時期の赤ちゃんの特徴と育児のポイント、注意点を紹介します。


この記事の監修ドクター
藤東クリニック理事長・院長 藤東淳也 先生
東京医科大学卒業、県立広島病院婦人科部長を経て、藤東クリニックを開業。
女性の健康全般をお任せいただけるような診療を目指し、ライフサイクルを通じて女性を応援します。
藤東クリニックHP

「藤東淳也 先生」記事一覧はこちら⇒

生後10ヶ月の赤ちゃんはこんな様子

※画像はイメージです

この頃は、体つきにふっくらとした丸みが少なくなり、幼児体形に近づいてくるのが大きな特徴です。具体的な発育目安をみていきましょう。

身長と体重

厚生労働省による身体発育値(3~97パーセンタイル、平成22年)では、生後10~11ヶ月児の身長・体重は以下の通りです[*1]。

・男の子 身長:68.4~77.4cm、体重:7.34~10.59kg
・女の子 身長:66.5~75.6cm、体重:6.86~10.06kg

一般的に体重の増加はゆるやかです。中にはまったく増えない子もいるでしょう。これは、食事量の変化に比べて運動量の変化(増加)が大きいためなので、元気で食欲があれば心配ありません。

食事・哺乳量と回数

離乳食後期にあたるこの時期は、3回食が基本です。離乳食は4時間ほどの間隔を開け、午前に1回、午後に2回与えましょう。離乳食後以外の母乳またはミルク(乳児用調整粉乳)は1日2回程度に減らし、時間もある程度決めるとよいですね。与え方は、下記を参考にしてください[*2]。

〈参考例〉
・7:00AM:母乳またはミルク
・10:00AM:離乳食+母乳またはミルク
・(おやつ)
・2:00PM:離乳食+母乳またはミルク
・(おやつ)
・6:00PM:離乳食+母乳またはミルク
・7:30PM:母乳またはミルク

おやつを与える場合は1日100kcalを目安とし、食事に影響がないよう時間と量を調節しましょう。

離乳食の固さは、歯茎でつぶせるようバナナくらいの固さが適しています。大きさは野菜・魚は5~8mm角、うどんは1~2cmに切り、肉はひき肉状にしましょう。一回当たりの目安量は下記を参考にしてください。

・全がゆ90~軟飯80g
・野菜・果物:30~40g
・たんぱく質(どれか1品)
  肉・魚:15g
  豆腐:45g
  乳製品:80g
  卵:1/2個

この時期は、離乳食から栄養のほとんどを得るようになります。上記の量をしっかり食べている場合は、食後の授乳量を減らしましょう。ミルクの場合は100mlが目安です。離乳食を与えない時間帯のミルクは、200~220mlぐらいとします。

ただ、離乳食の量や回数、哺乳量はあくまでも目安です。赤ちゃんのペースとタイミングに合わせて進めましょう。もちろん、まだ2回食でも大丈夫です。授乳と合わせてしっかり栄養がとれており、体重が減っていなければ心配ないでしょう。

睡眠時間

この時期は、1日におよそ13時間の睡眠をとるのが理想です。昼寝は午前・午後の2回だったのが、どちらか1回になる傾向に。ハイハイやつかまり立ちによる運動が増え、発達の早い子ではつたい歩きも始まるので、日中の刺激がますます増えます。夜泣きがある場合、まだ続くでしょう。ママは大変ですが、引き続き生活リズムを整えるよう意識し、夜は早め(午後9時頃まで)に寝かせましょう。日中は活発に遊ばせ、コミュニケーションをたくさんとってあげるのも大切です。

生後10ヶ月の赤ちゃんの特徴

1歳も間近に迫ったこの時期の、赤ちゃんはどれぐらい成長しているのでしょうか?この時期の赤ちゃんの特徴をご紹介します。

つたい歩きが始まる

ハイハイやつかまり立ちが上手になってくるこの時期には、つたい歩きが始まる子もいます。慎重に足を出す子、転びそうになるのもお構いなしに歩こうとする子、2~3歩行ってすぐ座ってしまう子、自分で座れずに泣いて助けを呼ぶ子など、不安定さが残るこの頃は歩き方もさまざま。成長をあたたかく見守ってあげましょう。もちろん、まだ歩こうとしない子もいます。中にはつかまり立ちやハイハイもまだという子もいるでしょうが、発達には個人差があるので、それぞれの赤ちゃんのタイミングを待ってあげてください。

後追いがひどくなる

この頃になると、後追いがよりひどくなる傾向に。ママの姿が少しでも見えなくなるとすぐに泣きだします。ハイハイの上達もあって、ママが行くところにはどこまでもついてくるようになるでしょう。トイレにもついてくるので、ドアを開けたまま用を足すママも多いようです。

大人の真似っこをするように

拍手やバイバイなど、簡単な動作なら大人を真似してできるようになってきます。大人がやることをよく観察しているので、赤ちゃんに見せて真似っこを促してあげましょう。「おはよう」「いただきます」「ごちそうさま」「おやすみ」などの挨拶も、意識的に行うとよいでしょう。また、喃語(なんご)が言葉になっていく段階でもあるので、「マンマ」「ワンワン」「バイバイ」など、簡単な言葉を積極的に話してあげましょう。「マンマ食べようね。マンマ、マンマ」など、同じ言葉を意識的に繰り返すとよいですね。

記憶力がついてくる

この時期になると、知能の発達にともない記憶力がついてきます。例えば、遊んでいたおもちゃを隠すと、そこにあったことを覚えていて探すようになります。だんだんと長く覚えていられるようになるので、お気に入りのおもちゃやお菓子のありかを覚え、その場所に行って出してとせがむことも。日中にあったことを夜中に思い出して泣くこともあるので、この頃から夜泣きが始まる子もいます。

生後10ヶ月に注意したいこと

成長と共に注意点は増えるものです。この時期に気をつけておきたい育児のポイントを押さえておきましょう。今後の成長に影響するものもあるので、しっかりチェックしてくださいね。

ハイハイをたくさんさせよう

近年、住環境などにより、ハイハイをあまりせずに歩くようになる子が多いようです。全身の筋肉をくまなく使うハイハイは、体の発達によい影響をもたらします。現に、ハイハイを満足にしなかったことで手足に十分な力がつかず、転んだとき手をついても支えられずに顔に怪我をしてしまうケースが増えているそうです。ハイハイは脳神経の発達にも重要な役割を持つことがわかっています。ハイハイができるスペースをできるだけ確保し、危険対策もしっかり行って、自由に動ける環境を作ってあげましょう。

コミュニケーションをとろう

赤ちゃんの自己主張はどんどん強くなります。最初は泣くことで自分の気持ちを伝え、だんだん手足をばたつかせるなど全身を使うようになり、この頃には声や表情でも訴えるようになります。大切なのは、その1つ1つにしっかり対応することです。決して無視せず、赤ちゃんの要求に応えてあげましょう。すべてを肯定する必要はありません。ダメなことはダメと、しっかり伝えましょう。まだ言葉は理解できませんが、何を伝えようとしているのか、その雰囲気は赤ちゃんもキャッチできます。「ダメ!」と真剣に伝えれば、悪いことなんだと気付いていくでしょう。1回では無理なので、何度も根気よく伝えてください。

できるだけ自分で食べさせよう

離乳食が進むこの頃には、自分で食べようと手を伸ばす子も少なくありません。手でつかみやすい大きさに切るなど調理方法を工夫し、赤ちゃんの意欲をどんどん促してあげましょう。この時期の意欲を削いでしまうと、後々いつまでも親に食べさせてもらおうとするようになります。自分で食べさせると服も床も汚れ、時間もかかってイライラしますが、赤ちゃんの成長のためにもおおらかな気持ちで見守りましょう。

好き嫌いに悩まない

離乳食に慣れ、食材の微妙な味の違いもわかるようになってくると、食べむらや好き嫌いが出てきます。調理法を変えたり、他の食材に混ぜたりすることで食べるようになる子も少なくありません。また、その時の気分で食べない場合もあります。すぐに「これは嫌いなんだ」と決めつけず、いろいろな方法で食べさせてみましょう。好き嫌いはあって当たり前なので、あまりピリピリすることはありません。栄養も、一週間を通してバランスがとれればよいでしょう。離乳食作りは大変なので、市販のものもうまく使いながら、肩の力を抜いて進めましょう。

生後10ヶ月にお勧めの遊び・おもちゃ

動きが活発になってくると、遊び方のバリエーションも増えます。ただ遊ばせるだけでなく、発達段階に合った遊びもさせてあげたいですね。この時期にお勧めの遊びとおもちゃをご紹介します。

ハイハイで鬼ごっこ

ハイハイが上達したら、ママもハイハイをして鬼ごっこをしてみましょう。遊びながら筋肉も鍛えられて一石二鳥。丸めたタオルなどを障害物で置くと、いっそう楽しめます。危険なものはあらかじめ片づけておくなど、事故に気をつけて行いましょう。

この時期にお勧めのおもちゃ

押して歩ける箱

つたい歩きができるようになったら、空の段ボールや大き目の箱など、赤ちゃんがつかまって立つとちょうどよいものを用意し、中に枕や座布団などを入れて安定させます。押して歩ける楽しいおもちゃになります。

キャタピラ

段ボールでできたキャタピラも、この時期の赤ちゃんにお勧めのおもちゃです。楽しくハイハイできるので、ぜひ作ってみましょう。作り方は以下のとおりです。

・子供が潜り込めるくらいの大きさの段ボールを用意します。
・段ボールの上下を開けて(あるいは切って)トンネル状にします。
・一度つぶしたり反対に折って、角を柔らかくします。

中に入って内側を手で押すようにしてハイハイすると、キャタピラのように進みます。トンネルやかくれんぼ遊びなど、他の楽しみ方もできますよ。

まとめ

心身と共に知能の発達も進むこの時期。語りかけや遊び方の工夫など、大人の働きかけで赤ちゃんの成長はどんどん進みます。要求ややる気も増える頃なので、しっかり対応してあげましょう。

【医師監修】生後11ヶ月の赤ちゃんの特徴4つ、子育ての注意点・おすすめの絵本3選

http://woman.mynavi.jp/kosodate/articles/1346

つたい歩きが上手になり、早い子では一人で立つようにもなるこの頃。動きが活発になるだけでなく自己主張も激しくなるので、大変さに手を焼くことも増えるでしょう。赤ちゃんの特徴と育児のポイントを押さえ、ストレスの少ない楽しい子育てを目指しましょう。

記事を監修してくれた<藤東淳也先生>プロフィール

参考文献
[*1]厚生労働省『平成22年乳幼児身体発育調査の概況について』調査結果の概要
[*2]授乳・離乳の支援ガイド(2019年改定版)

※この記事は 医療校閲・医師の再監修を経た上で、マイナビ子育て編集部が加筆・修正し掲載しました(2018.05.14)

※記事の修正を行いました(2019.06.12)

関連記事

生後0ヶ月の母乳の授乳間隔は?成長とお世話の仕方

生後1ヶ月の赤ちゃんの特徴は?成長の目安&よくある悩み・不安と対策まとめ

生後2ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴、できることは?

生後3ヶ月の赤ちゃんの成長や発育状況は?スキンシップの注意点

生後4ヶ月の赤ちゃんの特徴と家庭内事故の注意点

生後5ヶ月の赤ちゃんの発育目安は?寝返りサインと離乳食のポイント

生後6ヶ月の赤ちゃんのポイント!6つの成長の変化とは

生後7ヶ月の赤ちゃんの特徴と5つの注意点

生後8ヶ月の赤ちゃんの発育と子育てのポイント

生後9ヶ月の赤ちゃんの成長と特徴&注意したい3つのこと

生後10ヶ月の赤ちゃんの成長と体重などの変化とは?

生後11ヶ月の赤ちゃんの特徴4つ、子育ての注意点・おすすめの絵本3選

生後12ヶ月の特徴・成長ぶりは? 育児の基礎知識

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

関連する投稿


矢口真里さん壮絶な二歳差育児でほとんど眠れず「フラフラ」に。0歳抱っこし2歳の夜泣き対応

矢口真里さん壮絶な二歳差育児でほとんど眠れず「フラフラ」に。0歳抱っこし2歳の夜泣き対応

10月1日に第二子の出産を報告したタレントの矢口真里さんが、26日にSNSを更新。2歳の長男と生まれたての次男との素敵なプライベート写真で笑顔を見せました。しかし実のところ、二人育児が始まって「絶賛寝不足中の私です」と、あまりの壮絶さにフラフラになっているそう。


【漫画】先生が告げた驚愕の事実、園でのゆいどんの様子が……家と違うっ!『ワーキング母ちゃん日記』Vol.43

【漫画】先生が告げた驚愕の事実、園でのゆいどんの様子が……家と違うっ!『ワーキング母ちゃん日記』Vol.43

育児も、仕事も、大変だけど楽しい! フリーランスデザイナーとして働くあいさんのコミックエッセイ『ワーキング母ちゃん日記』。隔週火曜日更新で、大好評連載中です。


子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

子どもの耳掃除はやっちゃダメ!? 上原さくらさん「信じられないくらい耳垢が詰まって」と衝撃

タレントの上原さくらさんが、一歳半になる長女が風邪をひいて耳鼻科へ連れて行き、本当に驚くことがあったとブログに綴っています。それは子どもの耳に、驚くべきサイズの耳垢がたくさん詰まっていたから。子どもの耳掃除をどんなふうにすればいいのか悩むママパパは多いと思いますが、「耳垢は取らなくていい」って本当なのでしょうか?


浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

浜崎あゆみさん帝王切開での出産告白。出産方法に「正しいとか間違いとか、楽だとか大変だとかない」

歌手の浜崎あゆみさんがInstagramに帝王切開の手術痕の画像を投稿し、自身の出産が帝王切開だったことを明かしました。画像には「私は帝王切開をしたママです」から始まる英語の文章があり、浜崎さんは「私は自分のお腹の傷を愛おしく誇りに思う」と綴りました。なぜ、この投稿をしたのでしょうか?


大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

大人気絵本作家、ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」ギフトボックスが発売

10月28日(木)に、大人気絵本作家ヨシタケシンスケさんの「発想えほん」シリーズ(ブロンズ新社)のギフトボックスが、全国の書店で発売になります。


最新の投稿


【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

【パパの手料理が食べたい!】夫が料理をすることはありますか?

「料理は主婦の仕事」という考え方は既に古く、今は夫婦で協力して家事や育児をこなす時代です。しかし、各家庭の実態はどうでしょうか? まだまだ料理はママ任せという家庭が多いのでは? そこで、夫が家で料理をする頻度についてアンケートをとってみました。パパの手料理にまつわるエピソードと一緒にお楽しみください。


【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

【漫画】昔は優しかった夫。でも専業主婦になってみると……『離婚してもいいですか? 翔子の場合』Vol.5

自己主張ができない性格の主婦・翔子。希望して専業主婦になったものの、夫の顔色をうかがってばかりの日々に嫌気がさし、離婚が頭をよぎるように。大きな話題となった大人気セミフィクション・コミックエッセイ『離婚してもいいですか? 翔子の場合』(著・野原広子/KADOKAWA)の試し読みを連載形式でお届けします。


なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

なぜ娘はそんなにパパが嫌いなの? パパの行動を観察してみたら……【ソコかぁ!】

Instagramで子育て漫画を発信されるまむさん。まむさんの投稿よりオススメの投稿を編集部がピックアップして紹介します。


【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

【医師監修】妊婦も蜂蜜を食べちゃダメなんだっけ?気をつけたい食べ物

蜂蜜(はちみつ)はそのままでも、紅茶などの飲み物に入れても、料理に使っても、まろやかな甘みを醸し出してくれます。しかも栄養あふれる自然食品。でも、赤ちゃんにあげてはダメという話も聞きます。妊娠中も注意したほうが良いのでしょうか。詳しく見ていきましょう。


【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

【賛成? 反対?】夫婦別姓に意見あり! 共働きママのオピニオン

夫婦共働きのご家庭では、戸籍上の名字と仕事用に使う名字が異なっている人も多いでしょう。いま話題の夫婦別姓について、ママたちはどのような意見を持っているのか、アンケートを実施しました。賛成派も反対派も、まずは対話から! お互いの意見を聞いてみましょう。