お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女への手紙の書き方。貰って嬉しい内容や渡すタイミング・渡し方とは

なかむらみほ

彼女に手紙を書きたいと思っても、書き方が分からない人も多いでしょう。どんな内容だと嬉しいと感じてくれるのか、渡すタイミングや渡し方とは? 彼女が感動する手紙の書き方を紹介します。

彼女に手紙を書きたくても、書き方が分からない人は多いのではないでしょうか? 彼女に喜んでほしいけど、どんな内容を書けばいいのか悩みますよね。

今回の記事では彼女への手紙の書き方から、手紙を渡す方法まで紹介します。

彼女へ手紙を書く時の基本の書き方

LINEやメールが普及したことにより、手紙を書く機会が少なくなりました。手紙の書き方を忘れてしまった人も多いのではないでしょうか。彼女への手紙の書き方について解説します。

(1)手書きにする

手紙は手書きすることで特別感が出るため、おすすめです。パソコンなどで打った文字よりも、手書きは心がこもっているように感じるでしょう。

字のうまさに自信がなくても一生懸命に手紙を書くことで感動してくれるはずです。書く時は丁寧さを心掛けましょう。

(2)最初に彼女の名前を書く

手紙の最初は「〇〇へ」と彼女の名前を書くことが大切です。おしゃれな手紙にしたい人は「Dear.〇〇」「TO.〇〇」などと書くのも良いですね。

(3)最後は「〇〇より」と締める

文章の最後には、差出人である自分の名前を書いて締めましょう。彼女の名前を「Dear.〇〇」と英語表記した場合は、差出人も合わせて「From.〇〇」と書くのがおすすめです。

彼女へ手紙を書く時のおすすめの内容

手紙で彼女に喜んでもらうには、自分の思いを伝えることが大切です。書く前に内容をしっかりと考えておきましょう。彼女へ手紙を書く時のおすすめの内容を紹介します。

(1)手紙を書いた理由を伝える

急に手紙を渡された彼女は驚く可能性があるので、まずはなぜ手紙を書いたのか理由を伝えてください。「正直な気持ちを伝えたかった」「言葉では恥ずかしいから手紙にした」など、すなおに綴ると良いでしょう。

(2)楽しい思い出を伝える

過去の楽しい出来事を振り返る内容を書くのも良いでしょう。これまで共有してきた時間を改めて振り返ることで、手紙を読んでいる最中に懐かしく温かい気持ちになります。

初めて出会った時のことや、思い出深い出来事をくわしく書くのがポイントです。

(3)日々の感謝について伝える

手紙の良いところは、普段は口では言えないことを伝えることができるところです。

普段、照れくさくてすなおに「ありがとう」と言えない人は、手紙で感謝の気持ちを書くのがおすすめです。ささいなことでも良いので、彼女にしてもらった嬉しいことを綴ると良いでしょう。

(4)お互いの将来についての考えを伝える

これからどうしていきたいのか、お互いの将来について触れると感動が増します。結婚を考えているのであれば、思い切ってプロポーズをしてみてはいかがでしょうか。

「〇〇と明るい未来を作っていきたい」「ずっとそばに居てほしい」など、本気で付き合っていることを文章にするのも大切です。今後について前向きに話し合うきっかけになるでしょう。

(5)愛の言葉を伝える

愛の言葉を伝えるのが恥ずかしいという人は少なくありません。しかし、せっかく手紙を渡すのであれば「好き」「愛してる」などの愛の言葉を最後に綴りましょう。彼女のどういうところが好きなのか、具体的に書いてください。今まで以上に愛が深まるでしょう。

(6)プレゼントを選んだ理由を伝える

手紙と一緒にプレゼントを用意している場合は、そのプレゼントを選んだ理由を手紙に書いてみてはいかがでしょうか。

「前に〇〇が欲しいと言っていたから」「〇〇に似合うと思って選んだ」などの理由を書いておきましょう。

手紙とプレゼントを受け取った彼女は「自分のために時間を使って用意してくれた」と嬉しく感じるはずです。

次のページを読む

SHARE