お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女への手紙の書き方。貰って嬉しい内容や渡すタイミング・渡し方とは

なかむらみほ

彼女へ手紙を書く時のNGな内容

彼女への愛情が溢れるあまり、手紙の内容が重くなってしまうことも……。彼女へ手紙を書く時のNGな内容を紹介します。

(1)ポエムのようなメッセージ

ポエムのようなメッセージはNGです。少しくさいセリフを使うことはあっても、ポエムのような手紙は引かれる可能性があるので注意しましょう。

自分に酔ったポエムが書かれた手紙を見ても、彼女は反応に困ってしまうはず。遠回しの愛情表現は分かりにくいので、言葉選びには気をつけておきましょう。

(2)長すぎる文章

長すぎる手紙は好まれにくいでしょう。あまりにも彼女が好きすぎて、書きたいことがたくさん出てくるかもしれません。しかし長すぎる文章は重たく感じてしまうので、手紙の枚数はほどほどにしましょう。

手紙に書きたい内容がたくさんあっても、2~3枚程度には収めること。長すぎると喜んでもらうどころか「怖い」と思われてしまう可能性も。

手紙を送る頻度が多すぎるのも負担に感じてしまうかもしれません。記念日やイベントの時は良いですが、何でもない日に何度も手紙を送っていると、ここぞという時の感動が薄れる場合もあります。

(3)束縛するような内容

手紙を渡す時は、彼女が嬉しく感じる内容を書くことが第一です。彼女が重いと感じるような束縛する内容はNG。

例えば「他の男とは会わないでほしい」「毎日連絡をとりたい」などの内容は、不快な思いをさせてしまうことになりかねません。手紙を渡す前に読み返して、束縛するような文章がないか確認しましょう。

次のページを読む

SHARE