お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

八方美人の意味とは? 心理と特徴、上手な付き合い方

ほし ななこ

八方美人と聞くと、誰にでも良い顔をして、あちこちで調子よく振る舞う人をイメージするかもしれません。具体的には、どのようなタイプの人を指すのでしょうか? この記事では、八方美人の心理や特徴、上手な付き合い方について紹介します。

「八方美人」とは、どのような人を指す言葉なのでしょうか。

誰にでも調子よく振る舞うイメージで、なんとなくネガティブな印象を抱く人も少なくないのでは?

今回は、八方美人という言葉の意味を解説。また、八方美人の特徴や上手な付き合い方についても紹介します。

八方美人とは

まずは、「八方美人」という言葉の意味を正しく理解しましょう。

「八方美人」の意味

「八方美人」を辞書で調べてみると、次のように説明されています。

はっぽうびじん【八方美人】

どこから見ても欠点のないすばらしい美人の意から、転じて、だれからもよく見られたいと愛想よくふるまうこと。また、そのようにふるまう人。

(『四字熟語辞典』学研)

つまり、誰に対しても愛想よく振る舞う人のことを「八方美人」といいます。

なお「美人」とつくと女性に対してのみ使われる言葉のように感じますが、「八方美人」は女性に対してだけではなく男性に対しても使われる言葉です。

「八方美人」はほめ言葉?

「八方美人」という言葉は、前述の通り、「どこから見ても欠点がない美人」という意味から派生したとされています。

そのため、ほめ言葉として使っている人も中にはいるかもしれません。

しかし、辞書によっては「だれに対しても、如才じょさいなく振る舞うこと。また、そのような人。どこから見ても欠点のない美人の意から。▽「八方」はあらゆる方向。この言葉は、悪い意味で用いられることが多い」(『新明解四字熟語辞典』三省堂 )と説明されています。

ほめ言葉として使うより、揶揄や皮肉を込めて使われる場合が多いことを覚えておきましょう。

次ページ:八方美人の心理3選

SHARE