お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

社会人同士の遠距離恋愛を長続きさせるには? 3つの障壁と乗り越えるコツ

アーリちゃん

お互いに社会人同士の遠距離恋愛には、どんなハードルがあるのでしょうか? またそれを乗り越えるにはどんなことを心掛けるべき? この記事では、交際を長続きさせるコツについて紹介します。

社会人で遠距離恋愛に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

平日は仕事で忙しいため、遠くに住む恋人との愛をどのように育めばよいのか難しいところですよね。

本記事では、社会人同士で遠距離恋愛をする時の障壁と、その乗り越え方について紹介します。

「遠距離恋愛中の恋人とうまくいっていない」「これから始まる遠距離恋愛が不安……」と悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

社会人が遠距離恋愛する時の障壁3つ

まずは、社会人が遠距離恋愛をする時にぶつかりやすい3つ障壁について紹介します。

(1)ひんぱんに会えない

社会人場合、なかなか長期で休みを取りづらく、日々の仕事もあるため恋人と会う機会は限られます。

「会いたいのに会えない」という寂しい気持ちが生まれやすいといえるでしょう。

週末や祝日などスポット的に会えるとしても、平日はお互いの生活リズムの違いなどですれ違いが生じる可能性も考えられます。

(2)浮気心が生まれやすい

恋人とすれ違いが生じやすいことから、浮気心が芽生えてしまう可能性も考えられます。

なかなか会えない寂しさを埋め合わせたくて、身近な異性に心ひかれてしまうかもしれません。

仕事柄、いろいろな人と関わる機会が多い人は、特にそのリスクが高くなる場合もあります。

(3)気持ちが離れやすい

遠距離恋愛中は会う頻度が減り、十分なスキンシップやコミュニケーションが取れません。そのため、気持ちが離れやすくなるともいえます。

また、一方の仕事が忙しくなると、余計にけんかやすれ違いが増える可能性も。

次ページ:社会人が遠距離恋愛を乗り越える9つの方法

SHARE