お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

泣きたいのに泣けない……苦しい思いを解消する方法5つ

大塚統子(心理カウンセラー)

「泣きたいのに泣けない……」と、苦しい気持ちを抱えている人はいると思います。では、何が原因で泣けないのでしょうか? この記事では、泣けない心理や泣けない人の特徴、泣く方法を、心理カウンセラーの大塚統子さんに解説してもらいます。

仕事でつらいことがあった、恋愛が思うようにいかない、家族や友達とすれ違っている……など、泣きたくなるような出来事は時々起こるもの。

素直に泣けたら少しはスッキリするだろうと思う反面、なぜか泣けずにモヤモヤしていませんか?

今回は、泣きたいのに泣けない心理や泣けない人の特徴、泣く方法を紹介します。

「泣きたいのに泣けなくて苦しい」原因と心理

人が涙を流す感情的なきっかけは、「悲しい」「つらい」の他にも「悔しい」「うれしい」「感動した」など、さまざまです。

そんな気持ちを感じていないわけではないけど、なぜか泣けない……その理由を解説していきます。

(1)泣くことにネガティブなイメージがあるから

泣くことにネガティブなイメージを持っていると、無意識に「泣いてはいけない」と思い、泣けなくなる場合があります。

例えば、子ども時代に「泣くのは悪いこと」「泣く人は弱い」「人前で泣くのは恥ずかしい」「泣くのは迷惑」などと言われて育った場合、泣くのにネガティブなイメージを抱きがちです。

また、感情的な人によって嫌な思いをしたせいで、泣くのも含めて「感情表現をするのは良くないことだ」と思ってしまう場合があります。

例えば、「周囲にヒステリックな人がいてつらい思いをした」「すぐに怒鳴る人がいて嫌だった」など。

感情表現全般にネガティブなイメージがある場合も、簡単には「泣いて良い」と思えないようです。

(2)感情を封印しているから

泣きたいほどつらくても1人で頑張るしかなかった経験があると、「泣いたところで誰かが助けてくれるわけではない」「泣いても何も解決しない」と思うようになる場合があります。

そして、「感情に振り回されると自分がつらいだけ」と考えて、感情を封印してしまうのかもしれません。

そのため、つらいことや悲しいことがあっても、その気持ちをすぐに封印するため、涙が出にくいようです。

(3)現実を受け止めきれていないから

心が「現実に起きたこと」として状況を受け入れ始めてから、ようやく泣けるようになったりします。

そのため、受け止めきれないくらいショックな出来事に遭遇した直後は、泣けないことも多いです。

(4)緊張状態が続いているから

ショックな出来事が起きても、「しっかりしなきゃ」「頑張らなきゃ」と気持ちが張り詰めていて、泣けない場合もあります。

緊張している時は、自分の気持ちをじっくり感じる余裕はないでしょう。また、「ここは安全な場所で、今は泣いても大丈夫」という安心感を得にくいです。

そのため、緊張状態が続いている場合も、泣くことは難しいと考えられます。

次ページ:泣きたいのに泣けない人の特徴

SHARE