お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ツインテールのコツとは? 大人かわいいアレンジの作り方

kido airi

ツインテールをうまく結ぶコツとは? 基本のツインテールから、幼くなりすぎず大人っぽく見える応用アレンジまで詳しく紹介します。

ツインテールに挑戦したくても、「幼い印象になりそうで心配」と諦めている方も多いのではないでしょうか?

実はツインテールと一口に言ってもバリエーションは豊富。結ぶ位置によって印象が変えられます。

三つ編みやくるりんぱなど他のアレンジを取り入れることでさらに幅が広がって、大人っぽいツインテールを作ることも簡単!

今回は、基本のツインテールのコツから、大人かわいく仕上がるアレンジまで詳しく紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。

まずは基本から! ストレートヘアのツインテール

まずは基本中の基本、ストレートヘアのツインテールをおしゃれに作るコツをつかんで、大人っぽさとトレンド感を兼ね備えたスタイルを作りましょう。

少しのポイントを押さえておくだけで、仕上がりが格段と良くなります。早速手順を見ていきましょう。

手順1:手ぐしでラフに毛束を取る

くしなどのツールを使わず、手ぐしでざっくりと2つの毛束に分けましょう。トップからしっかりと分けるよりも頭の形をきれいに見せることができます。

「手ぐしがうまくいかない」という方は、コームの柄の先やヘアピンの先でジグザグに分け目を作るのがおすすめ。分け目が分かりづらいふんわりとした仕上がりになり、一気にあか抜けた印象になれます。

手順2:耳のすぐ後ろで二つ結びをする

耳の上で結ぶと顔が大きく見えてしまう原因に。耳を出して、耳のすぐ後ろ、ストンとナチュラルに落ちる位置で毛束を2つにまとめましょう。

顔周りの後れ毛を残しておくと、ニュアンスが出ておしゃれな印象に仕上がります。

手順3:ゴムの結び目に毛束を巻きつけてピンで留める

ゴムの結び目を毛束で隠すことで、一気にグレードアップした仕上がりに。結んだところから毛束を1束取り、ゴムに巻きつけてピンで留めるだけで簡単に隠せます。

短い時間でさっとできて仕上がりに差がつくので、ぜひ取り入れてみましょう。

手順4:毛先や後れ毛にオイルをつけてスタイリング

オイルを毛先から馴染ませ、そのあと下から結び目に向かってオイルをつけスタイリングしていきます。

オイルをつけるタイミングは、髪を結んだ後の方がおすすめ。つけすぎを防ぐことができます。

ツインテール部分以外にも、後れ毛の毛先やもみあげにも忘れずにつけることで、今っぽい雰囲気に仕上がります。

次ページ:【応用編1】巻き髪ツインテールの作り方

SHARE