お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリで名前を聞かれたらどうする? 断り方&モテる名前の例

マッチングアプリ

山本茉莉

マッチングアプリを使用するためには、名前(ニックネーム)を設定する必要があります。今回は男性・女性におすすめの名前の付け方や本名を聞かれた場合の対処法など、マッチングアプリにおける名前の設定について、さまざまな面から解説します。

マッチングアプリではプロフィールの登録が必須ですが、名前(ニックネーム)の付け方に迷う人は多いのではないでしょうか。

実は、どんな名前を付けるかによって、相手に与える印象が変わります。マッチングアプリで出会いを見つけたいなら、好印象を与える名前の付け方を知っておきましょう。

今回は、マッチングアプリ上の名前について徹底解説します。

Check!
マッチングアプリとは? 初心者向けに仕組みやメリット・デメリットを解説

マッチングアプリで名前を聞かれたら教えるべき?

マッチングアプリで名前を聞かれた時、無理に名乗る必要はありません。

真面目に出会いを探している人ならば、「本名は会ってからでもいいですか?」と言って嫌がる人はいないはず。

 

まずは、マッチングアプリで本名を聞かれた時の断り方を紹介します。

(1)「もっと親しくなってから」と言って断る

マッチング相手に本名を教えたくない場合は、素直に断っても問題ありません。

「もっと親しくなったら教える」と伝えれば、角を立てずに断れます。先に相手が本名を教えてきても、自分が教えたくない場合は無理に教える必要はありません。

相手が誠意を持ってマッチングアプリを使っている人なら、本名を教えることへの不安を理解してくれるはず。断ってもしつこく本名を聞いてくる人は、他の場面でも嫌がることをする可能性が高いです。

いつまでも本名にこだわるなら、フェードアウトして距離を置くことも視野に入れましょう。

(2)LINEメッセージ交換時に下の名前だけ教える

LINEを交換するタイミングで本名を聞かれたら、下の名前だけ教えるのが無難です。

LINEを交換する段階は、ある程度仲が深まった状態と考えられます。下の名前で呼び合えば、さらに親密度が上がるでしょう。

ただし、本名をフルネームで知られると個人情報特定のリスクがあるため、教えるのは下の名前だけにしておくと安心です。

その際は漢字ではなくひらがなで教えましょう。関係が途絶えた場合に身バレのリスクを軽減できます。

次ページ:いつなら聞いてもいい? 本名を教えるタイミング

SHARE