お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリとは? 初心者向けに仕組みやメリット・デメリットを解説

すぎうら

そもそもマッチングアプリって何? 種類や特徴、出会うまでの流れ、使う際のメリット・デメリットなどを詳しく紹介。マッチングアプリ初心者に向けて、使いこなすためのポイントを解説します。

マッチングアプリは、出会いを求める男女を結びつけるアプリです。

マッチングアプリでの出会いが増えている現在、自分も始めてみたいと思っている人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、初心者向けにマッチングアプリの特徴や仕組みを解説。使う際の流れから、メリット・デメリットまで紹介していきます。

マッチングアプリとは何か?

初めに、マッチングアプリがどのようなアプリなのかを簡単に解説していきます。マッチングアプリとは、恋愛や結婚を目的とした男女に出会いの場を提供するアプリです。

広義ではメルカリやクラウドソーシングなどもマッチングアプリに含まれますが、一般的にマッチングアプリという場合、男女が出会うツールを指します。

代表的なマッチングアプリは、「Pairs(ペアーズ)」「With(ウィズ)」「Tapple(タップル)」「Tineder(ティンダー)」など。

18歳以上から利用でき、メインユーザー層は20~30代であるアプリが多いでしょう。ただし、アプリによってメインユーザーの年齢層が多少異なるので、自分の年齢に合わせて選ぶのがおすすめです。

「出会い系サイト」との違い

一昔前は「出会い系サイト」という言葉もよく使われていました。出会い系サイトとは、交際相手を探している人同士の仲介をするインターネットサイトのことで、意味だけを見るとマッチングアプリとほとんど同じ。

マッチングアプリは、出会い系サイトをより安心して使えるようになった良質なサービスのような位置づけです。

「出会い系サイト」というと危険なイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それは詐欺行為や金銭トラブルの温床となった過去があるから。2003年頃から出会い系サイトを安心して使うための法律が整備されはじめ、個人情報の提出が必須となりました。

どんな出会いにもある程度の警戒心は必要ですが、現在のマッチングアプリは安全性が高く、恋愛や結婚につながる真面目な出会いを得るきっかけとして多くの人に利用されています。

⇒次からは、恋活アプリ・婚活アプリなど、マッチングアプリの種類と特徴を解説します。

次のページを読む

SHARE