お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Pairs(ペアーズ)の「みてね!」は使うべき? デメリットや効果的に送るコツ

マッチングアプリ虎の巻【pairs(ペアーズ)編】

アーリちゃん

「みてね!」を効果的に送るコツ

Pairsの「みてね!」はコツを生かして効果的に送りましょう!

ここでは、「みてね!」を送るポイントを4つ解説します。

(1)写真を変えて送る

「みてね!」を送る前に、プロフィールの写真をチェックしてみてください。

Pairsではプロフィール写真を複数枚登録できます。写真の枚数が多いほどマッチしやすいので、最低でも5枚以上は登録してください。

なお、イマイチな写真を設定している場合は、写真を変えて送ってみましょう。以下では相手にアピールできる写真選びのポイントを紹介します。

メインの写真は、ソロで顔がはっきり写っているものを

プロフィール画面で1枚目に出るメインの写真は、ソロで顔がはっきり写っているものを使いましょう。

ソロ写真はパッと見で「この人物のプロフィールだ!」と分かりやすく、安心感にもつながります。

ただし、ソロで写っている写真でも以下のようなものは避けてください。

・自撮り写真

・加工写真

・顔が隠れた写真

・顔が過剰にアップな写真

・上半身裸の写真

・散らかった部屋など背景が汚い写真

・今の面影がない過去の写真

プロに撮ってもらう、または一眼レフで撮るとよりきれいに撮れるので印象がアップします。

印象の良いソロ写真に変えて、相手から「この人いいな」と思ってもらいましょう。

遠くから自分を写した写真も入れる(2~3枚)

全体の2~3枚は、自分を遠くから写したものを選びましょう。

全体の雰囲気を伝えることができるためです。旅行の写真、ペットとの写真、趣味の写真などから選んでみましょう。

自分以外の写真も入れる(2~3枚)

自分が全く写っていない風景や料理、趣味などの写真も2~3枚入れましょう。

趣味や関心事、どんな生活をしているのかが伝わり、親近感を持ってもらうきっかけになるからです。

(2)「いいね!」やメッセージから時間を置いて送る

「みてね!」は、「いいね!」やメッセージを送った日から少し時間を置いて送るようにしましょう。

そうすることでガツガツしている印象が薄まり、「うざい! しつこい!」と思われる可能性も低くなるからです。

最低1日以上、できれば2~3日空けて送ってください。

(3)相手がアプリを使っていることを確認して送る

通知が届かない「みてね!」は、相手がPairsアプリを開かないと見られません。

送る際は、相手のアプリの使用状況を確認しておきましょう。確認する方法は、相手のオンライン状態や直近のログイン時間を見るなどです。

せっかく消費したポイントが無駄にならないように、「みてね!」は相手がPairsを使っているのを確認できた後に送りましょう!

(4)相手を選んで送る

「みてね!」を送る相手は、できるだけフィルターをかけましょう。

「みてね!」を送るか迷っている相手が複数人いる時は、以下を参考にしてみてください。

避けるべき相手

具体的には、以下のような特徴のある人は避けた方が無難です。

・「いいね!」を多くもらっている人(スキップしたお相手画面を見ない可能性が高いから)

・すでに1回「みてね!」を送った人(しつこいと思われる可能性が高いから)

送ると効果的な相手

自分のプロフィールにまだ足あとがついていない相手に送ると効果的です。

なぜなら、多忙が理由で「いいね!」を返せてなかっただけかもしれないからです。

次ページ:「みてね!」のデメリットは?

SHARE