お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「アオハル」の意味とは? 元ネタ&使い方を例文で解説

にほんご倶楽部

「アオハル」の使い方と例文

ここでは、「アオハル」の使い方や例文について解説します。

・「昨日初めて彼氏と手をつないだんだよね!」「アオハルかよ」

・「全員で撮った体育祭の写真、アオハル感半端ない(※)」

※半端ない:「ものすごい」、「すごい」を意味する俗語表現

若者の恋愛シーンは、初々しさや思春期を連想させるため、「アオハル」のイメージにぴったり。例文のように初々しさのある恋愛話を聞いた時は、「アオハルかよ」とツッコミを入れてみても良いかもしれません。

また、例文のような体育祭などの学校生活でのイベントは、仲間と協力したり競い合ったりと、青春と思える要素が多いものです。「アオハル」の意味である「思春期」「未熟さ」「エネルギッシュ」といったイメージにマッチしています。

「アオハル」の意味を理解して正しく使おう!

「アオハルかよ。」というCMのキャッチコピーをきっかけに一気に広まった「アオハル」という言葉。一般的には、「青春」を連想させる甘酸っぱいシーンで使われることが多いでしょう。

CMで話題になったのが2017年~2019年頃なので、「この言葉はもう古い?」と思うかもしれませんが、今でも若者に人気のプリクラ機の名前として「アオハル」が使われています。

意味を正しく理解して、「アオハル」を使ってみてくださいね。

(にほんご倶楽部)

※画像はイメージです

※この記事は2021年06月11日に公開されたものです

にほんご倶楽部

いつも使っているけれど間違った認識も多い「敬語」や「ビジネス用語」。人にはなかなか聞けない常識から応用編まで、日本語に関する情報を発信。

この著者の記事一覧 

SHARE